特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

日揮ホールディングスの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

日揮ホールディングスの就職の難易度はどうなっているでしょうか?難易度を調べるにあたっては、倍率のデータが重要です。したがって、日揮ホールディングスの就職における倍率について見ていきたいのですが、倍率は非公開になっている可能性が高いです。正確な倍率についてはちょっと見つかりません。事務職と技術職があるので、それぞれでも違うと思いますけど。しかし、この会社はグループ募集となっており、日揮ホールディングスの就職の採用人数はかなり多く、100~200名程度募集されている年もあります。だから、この状況を見ると、日揮ホールディングスの就職の倍率はそこまで高くはないかもしれません。でも、正確な難易度は不明と言える状況です。でも、日揮ホールディングスの就職の難易度については、他にも重要と言えるポイントがあります。それは学歴フィルターの有無です。

 

日揮ホールディングスの就職では学歴フィルターはあるのか?

日揮ホールディングスの採用試験の難易度に関して、やはり学歴フィルターの部分は重要です。実際、学歴フィルターの有無をチェックするには、倍率の情報を必要とします。しかし、日揮ホールディングスの就職の倍率は不明となっているため、今回は倍率以外の要素を使っていきます。それは採用実績校です。日揮ホールディングスの就職の採用実績校をチェックしていきたいと思います。実際に見ていくと、いろいろな大学名が載っている状況に気付きます。掲載されている大学の中で言えば、日東駒専のランクが最も低そうです。ただ、海外の大学も多く載っているので、必ずしも大学名に固執しているとは思えません。それに理系の学生の採用数が多くなると思いますけど、理系の学生の場合には大学名よりは学部学科、専攻の方が見られやすいので、そこも含めて考えると、学歴フィルターはないのではないか?と思えてきます。

 

日揮ホールディングスの就職では学歴フィルターはなさそうですが、それでも学歴や大学名はチェックしていると思います。就活においては、学生のあらゆる部分をチェックして、総合的に合否を判断するのが通常です。したがって、学歴や大学名という部分はチェック項目に入っている可能性が高いです。しかし、学歴や大学名だけで合否が決まるわけではなく、他にもいろいろな部分をチェックして、そのうえで最終的な評価を下していきますから、他にも気を使っていくべき点はいくつか存在するわけですが。特に日揮ホールディングスの就職の面接対策は非常に重要でしょう。志望動機や自己PRなどをしっかりと考えて、そのうえで選考を受けていきましょう。また、日揮ホールディングスの就職の評判についても知ってほしいです。社員の口コミを紹介していくので、そこから会社の実態を理解すると良いと思います。日揮ホールディングスの仕事は激務なのか?という点について、把握していくと良いでしょう。

 

日揮ホールディングスの就職の評判はどうなっている?

日揮ホールディングスの就職の評判について見ていきましょう。社員の口コミをチェックすれば、日常の状況を把握しやすくなるはずです。まずは平均年収について確認していきます。日揮ホールディングスの平均年収については、800万円前後となっています。この数字に関してはかなり評価できる状況と言えると思います。でも、働き方の口コミがどうなっているのか?そこが重要です。日揮ホールディングスの残業時間の1か月あたりの平均は約50時間弱となっています。この数字は激務と言えそうな状況に思えてきます。ただ、口コミを見る限りでは、激務という雰囲気はあまり感じられません。部署によるかもしれませんが。思ったほど忙しい光景ではないのかもしれません。

 

日揮ホールディングスの休日に関してはそれなりに満足できるもので、年間で120日程度あるとされています。また、有給休暇は非常にとりやすい状況になっていますし、使用しなかったものについては、次年度に繰り越すこともできるようで、有給休暇とは別にリフレッシュ休暇もあります。そして、基本的には土日祝日は休みとなっていますし、近年は男性が育休の取得がしやすくなってきたと報告されているので、日揮ホールディングスにおける休日に関しては割と評価が高い状況です。こういったところが会社の評判として特に言及されている部分になります。日揮ホールディングスの採用試験の難易度に関しても非常に大切と言えますけど、こういった部分についても前もってきちんと理解しておきましょう。そのうえで、自分なりにきちんと納得をしてから受験をしていくと良いのではないか?と思います。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは異なり、企業がキミスカに登録している学生を検索して、その中で気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を自ら選んで受けるので、自分がエントリーした企業の側が自分に対して関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けてしまうため、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが届いた企業を受ければすでに自分に対して関心を持っていると言える企業を受験できるので、少しでも内定の確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと評価できます。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。そのため、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

 

あわせて読みたい記事