特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

楽天カードの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

楽天カードの就職の難易度はどうなっているのか?楽天カードに就職したいと思っている人は、そういった面についてまず理解しておきましょう。難易度を調べるにあたっては、楽天カードの就職の倍率が重要です。倍率のデータを見れば、難易度を理解しやすいですから。ただ、楽天カードの就職における倍率については、非公開になっている可能性が高いです。したがって、難易度に関して調べるのは難しい状況です。でも、楽天カードの就職の難易度では、他にも知っておくべきポイントがあります。それは学歴フィルターの有無に関してです。

 

楽天カードの就職では学歴フィルターはあるのか?

楽天カードの採用試験の難易度に関して、学歴フィルターがあるのか?という問題はかなり重要と言えます。したがって、前もってこの部分は知っておくと良いでしょう。実際に学歴フィルターの有無を調べていくにあたっては、倍率のデータを使うと良いのです。通常は楽天カードの就職における倍率から調べていくことになります。ただ、倍率のデータは存在しないと思われますから、今回は別の方法を使っていきます。楽天カードの就職の採用実績校のデータを参考にしていきたいと思うのです。採用実績校を実際にチェックすると、多くの大学名が確認できます。ただ、明らかにFランク大学と思われる大学名が見つかるため、こういった状況を踏まえると、楽天カードの就職では学歴フィルターはないのではないか?と思うのです。学歴フィルターが存在している可能性はかなり低いでしょう。

 

楽天カードの就職では学歴フィルターは恐らく存在しないでしょう。しかし、学歴フィルターがないとしても、学歴や大学名を見ていないとは言えません。就活では、通常は学生の多くの面をチェックして、そのうえで合否を出していくことになります。だから、その中には学歴や大学名が含まれていても不思議ではないのです。しかし、学歴や大学名だけを見ているわけではないですし、そこだけで合否を決めるわけでもありません。したがって、他にも気を配っていく必要がある部分がいくつか存在しているのです。特に楽天カードの就職の面接対策は重要と評価できます。志望動機や自己PRは特に詳しくチェックしているはずなので、そういったところは時間をかけて丁寧に考えていきましょう。そして、楽天カードの就職の評判についても調べていくと良いと思います。社員の口コミを見ながら、会社の実態に関して理解しておくと良いです。楽天カードの仕事は激務なのか?という点について、特に調べておいてほしいです。

 

楽天カードの就職の評判はどうなっている?

楽天カードの就職の評判について見ていきたいと思います。社員の口コミを紹介していくので、そういった部分から少しでも詳しく把握していきましょう。まずは平均年収からです。楽天カードの平均年収は約600~700万円くらいです。ただ、こういった部分は人によるとも言えるので、そこは覚えておきましょう。しかし、やはり気になるのは働き方に関する口コミです。楽天カードの残業時間のデータがあるので、それについて確認をしてほしいと思います。楽天カードの1か月あたりの平均の残業時間は?というと、30時間弱となっています。この数字を見る感じでは、激務という雰囲気ではないかもしれません。ただ、実際は部署によるようなので、一概には言えません。それなりに忙しいところもあるみたいですから、中には激務と感じている人もいる可能性があります。でも、長時間労働にはならないように、残業管理がされているという口コミがありますから、そこは安心できる部分でしょう。したがって、楽天カードの仕事は激務にはなりづらいと思います。

 

楽天カードでは土日祝日は基本的に休みです。休日出勤がたまにあるケースも存在するみたいですが、代休はきちんととれますし、有給休暇もとりやすいみたいです。職場の雰囲気的に有給休暇は奨励されている状況なので、そこは楽天カードの就職の評判として大きいでしょう。また、有給休暇とは別にサクセス休暇という制度が存在しています。これは5日連続で休暇をとれるものであり、こういった休みも利用できる点は楽天カードの魅力と評価できるはずです。そして、毎週水曜日はノー残業デーになっているので、そこも頭に入れておくと良いと思います。楽天カードの採用試験の難易度も重要ですけど、やはりこういった会社の評判はきちんと把握しておく必要があります。自分が実際に働く可能性がある会社のことについては、少しでも多く知っておくべきですし、そのうえでちゃんと納得してから受験をしていくと良いのではないか?と思います。

 

 

あわせて読みたい記事