特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

ブレーンバンクの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

四谷学院でお馴染みのブレーンバンクに就職したいと考えている人もいるはずです。ブレーンバンクの就職の難易度はどうなっているのか?ここに関してまず知っておきましょう。ブレーンバンクの就職における難易度を調べるためには、倍率をチェックすると良いです。ただ、問題は倍率について公開されていないということです。倍率が不明ということは、ブレーンバンクの就職の難易度を調べることがしづらいですが、基本的に就活において倍率を公開している会社の方が圧倒的に少ないので、しょうがないと言えるでしょう。しかし、ブレーンバンクの就職の難易度については、他にも重要なポイントがあります。それは学歴フィルターの有無です。

 

・ブレーンバンクの就職では学歴フィルターはあるのか?

四谷学院のブレーンバンクの採用試験の難易度をチェックするにあたっては、この学歴フィルターの有無かなり重要と言えるでしょう。本来であれば、ブレーンバンクの就職の倍率を使って調べていきますけど、その倍率が分からないので、採用実績校を使っていきます。ブレーンバンクの就職における倍率が分からないとしても、採用実績校を見ればある程度判断できる可能性がありますから。実際に、どういう大学名が載っているのか?というと、Fランク大学と思われる名前がありますし、音大からの採用もあります。したがって、そういう部分を考慮すると、ブレーンバンクの就職では学歴フィルターはないと思うのです。これは絶対ではありませんけど、可能性としてはかなり低いでしょう。だから、学歴フィルターについては心配しなくていいと思います。

 

ただ、学歴フィルターはないとしても、ブレーンバンクの就職では学歴や大学名を一切見ていないということではありません。学歴や大学名についてもチェックはしていると思います。ブレーンバンクの就職では学歴や大学名を見たうえで、それ以外にもいろいろな部分をチェックして、総合的に合否を決めているはずです。つまり、学生のあらゆる部分を見ているわけで、その中に学歴や大学名含まれているということでしょう。だから、学歴や大学名も重要ですが、他にも重要なポイントがいくつかあるということです。だから、多くの面に気を配ってほしいということです。特にブレーンバンクの就職の面接対策は大切です。ブレーンバンクの志望動機や自己PRはしっかりと考えておきましょう。また、ブレーンバンクの就職の評判に関しても事前にチェックしてほしいです。自分が入社するかもしれない会社の情報はしっかりと見ておかないといけません。ブレーンバンクの仕事は激務なのか?といった点は特に調べておくといいと思います。

 

・ブレーンバンクの就職の評判はどうなっている?

四谷学院のブレーンバンクの就職の評判を調べていきますが、ネット上で公開されている社員の口コミを紹介していきます。まずは平均年収から見ていきましょう。ブレーンバンクの平均年収は400万円前後です。したがって、数字としてはまあまあと言えるのではないか?と思います。あとは働き方に関してですけど、ブレーンバンクの月の残業時間は平均で30時間前後となっているようです。この数字を見る感じだと激務という状況ではないでしょう。ただ、シフト制であるため、遅い時間帯の勤務だと、人によっては遅い時間まで働くこともあるみたいです。それでもせいぜい夜の10時くらいまでみたいですが。基本的に社員は遅い時間帯に働くことが多いです。朝の時間帯から働くのは時短勤務を希望している人たちみたいです。だから、多くの人たちは朝はそこまで早くなくていいということになるのでしょう。

 

休日に関しては、一応週に2回は休めるようですが、土曜日は出勤になることが多いみたいです。ブレーンバンクでは日曜日と平日で1回休みがあるので、そういった休み方になると言えます。ブレーンバンクの就職の評判として覚えておきましょう。あとは有給休暇については、基本的にとりやすいようで、その点で問題は特にないようです。実際、ブレーンバンクでは5日は絶対に取得できるようになっているため、恐らく強制的に使う状況になるのではないか?と思います。仕事は退勤する時間帯は遅くなることがあっても、激務という感じではありません。したがって、安心して働くことができそうです。ブレーンバンクの仕事が激務になりづらい点は高評価を与えられると思います。忙しいことはあっても、限度があるということでしょう。ブレーンバンクの採用試験の難易度も重要ですけど、会社の評判もしっかりと調べておいてほしいです。自分が働くことを想像したうえで、受験をしていくと良いと思うのです。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業がキミスカに登録している学生を検索して、その中で気になった人がいた場合にスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を自ら選んで受けるので、自分がエントリーした企業の側が自分に対して関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けてしまうため、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが届いた企業を受ければすでに自分に対して関心を持っていると言える企業を受験できるので、少しでも内定の確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと評価できます。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散しながら就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

 

あわせて読みたい記事