特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

【スポンサードリンク】

JR九州の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

JR九州に就職をしたいと思っている人もいるはずです。そういった企業に就職を考えているならば、まずは難易度を理解しておく必要があると言えます。JR九州の就職の難易度はどうなっているのか?というと、倍率をチェックすることで理解できます。ただ、JR九州の就職の倍率に関しては正確なものが公開されていません。つまり、JR九州の就職における倍率というのはチェックするのが難しいのです。そういう部分から難易度を調べることは難しいです。JR九州の就職の倍率はある程度は高いとは思います。大企業ですから。ただ、倍率が分からないということで、JR九州の就職の難易度をチェックするのは難しいと言えます。実際は他に重要なところがありますから、そこを見ていきたいと思うのです。それは学歴フィルターの有無です。

 

JR九州の就職では学歴フィルターはあるのか?

JR九州の採用試験の難易度に関して、やはり学歴フィルターは重要です。ただ、学歴フィルターがあるか?を調べるときには、やはり倍率が必要なのです。しかし、すでに話した通り、JR九州の就職では倍率が載っていません。したがって、学歴フィルターの有無を調べるのは難しいです。JR九州の就職の倍率は分かりませんが、採用人数からするとすごい高いとは思えません。JR九州の就職の採用人数は例年100人以上あるようですから、応募者が多いとしても、倍率はある程度は抑えられているのではないか?と思います。だから、学歴フィルターを実施しないといけないほどの倍率になっていない可能性があるのです。JR九州の就職で学歴フィルターがあるのか?に関しては、確実なことは言えませんが、可能性としては低いのではないか?と思うということです。JR九州の就職の難易度に関して、学歴フィルターの心配はそんなにしないで良いと思います。

 

JR九州の就職では学歴フィルターに関してはそういった状況になっています。これは推測ではありますけど、学歴フィルターはない気がします。ただ、学歴や大学名に関しては無関係ではないでしょう。JR九州の就職では学歴や大学名を含めて、いろいろな部分を見ているはずです。だから、学歴や大学名もチェックしていると思いますけど、それ以外の部分もチェックして、総合的に合否を判定していると思います。JR九州の就職の面接対策も重要なので、JR九州の志望動機や自己PRなどはしっかりと考えておくと良いのではないか?と思います。JR九州の就職の評判に関しても同様に知っておきましょう。会社の実態という部分を理解するには重要と言えるので、JR九州の社員の口コミを見て、そういったところを把握したうえで受けてほしいです。JR九州の仕事は激務なのか?ということは確かめてほしいです。

 

JR九州の就職の評判はどうなっている?

JR九州の就職の評判をチェックしていきましょう。JR九州の社員の口コミを紹介していきます。まずは平均年収を見ていきます。JR九州の平均年収は600万円弱となっています。したがって、それなりの金額はもらえるということになります。ただ、JR九州の働き方に関する口コミが重要と言えます。JR九州の1日の平均の労働時間をチェックすると、9~10時間となっているので、激務とは言えないかもしれませんけど、残業はそこそこあるということです。職種によって、働き方には違いがありますけど、人によっては24時間連続しての勤務などがあるみたいです。現業職などは特にきついと思われますけど、そういった人たちは激務に感じている可能性があります。こういった業界は職種によって異なるので、そういった配慮はやはり必要です。ただ、残業も無制限というわけではなく、月に45時間を超えると、特別な理由が必要となっているようなので、残業は抑制できるような体制になっていると言えるのでしょう。

 

ちなみに残業した場合には、ちゃんと残業代は支払われるようになっているという口コミがあります。ここはJR九州の就職の評判としても大きいでしょう。しかも残業代に関しては、1分単位で請求できるようになっているので、そこも大きいと思います。残業がほぼないという口コミもありますけど、拘束時間が長いとか、睡眠時間があまりとれないという口コミもあるので、人によっては忙しい状況があるのでしょう。JR九州の仕事は激務になることを想定しておいた方がいいと思うのです。有給休暇に関しては申請をすれば、普通にとれるようなので、そういったところはやはり評判がいいですね。インフラにかかわる業界はどうしても仕事が忙しい状況になりやすいですけど、JR九州に関しても例外ではありません。鉄道会社で働くときには、そういったことは頭に入れておいた方がいいでしょう。JR九州の採用試験の難易度に関しても重要ですが、こういった評判についても調べていきましょう。会社の実態を知ったうえで受験をしてほしいと思います。こういった部分は企業研究になると言えると思いますから、詳しく理解をしておきましょう。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに登録するナビサイトについては有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度が低いサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業がキミスカに登録している学生を検索して、その中で気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を自ら選んで受けるので、自分がエントリーした企業の側が自分に対して関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けてしまうため、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが届いた企業を受ければすでに自分に対して関心を持っていると言える企業を受験できるので、少しでも内定の確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと評価できます。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。したがって、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

 

あわせて読みたい記事