特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

フェリシモの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

フェリシモに就職したいと思っている人はまずはその難易度について把握していきましょう。フェリシモの就職の難易度についてはそこそこは高いと思います。アパレルの通販事業などで有名な会社ですし、採用人数があまり多くないので倍率は高い可能性があります。フェリシモの就職の難易度を調べたいときには倍率を知っておくと良いのですが、その倍率に関してデータが公開されていないので、正確な数字を知ることはできない状態です。ただ、採用人数が少ないので、それだけ倍率はが高いと思われます。採用人数は年度によって異なりますけど、5人前後とかでしょうか?したがって、倍率はそこそこある気がしますけど、さらに重要なのはフェリシモの就職で学歴フィルターがあるか?ということです。

 

フェリシモの就職では学歴フィルターはあるのか?

フェリシモの採用試験の難易度としてはいろいろなことを知っておかないといけませんけど、学歴フィルターの有無というのは重要です。学歴フィルターについては、フェリシモの就職の倍率から推測をしたいところですけど、そういった情報が載っていないので、倍率は諦めて採用実績校をチェックしていきたいのです。フェリシモの就職の採用実績校を見ると、いろいろな大学名の中にあまり見たことがないような学校が含まれているのです。また、美大の名前もありますし、そういう意味では学歴フィルターはないのではないか?という雰囲気を感じます。学歴フィルターを実施する企業というのは、そもそも少数派ですし、絶対数で言えばかなり少ないと思うのです。だから、フェリシモの就職で学歴フィルターがある可能性は低いと思われます。

 

しかし、フェリシモの就職で学歴フィルターがないとしても、学歴や大学名という部分は関係ないとは言えないと思っておきましょう。だから、結局学歴や大学名は少なからず難易度にかかわってくるのです。どの企業においても過去に多く採用している大学名などは多少有利になる可能性が考えられます。したがって、フェリシモの就職でも採用実績校に書いてあるようなところ、あとは学生数が多いような大学は採用において有利になる可能性があるかもしれません。学歴や大学名というのはそういう部分でもかかわってくるかもしれないので知っておいてほしいです。また、フェリシモの面接対策をしていくことも重要です。やはり就活は面接試験が中心なので、フェリシモの志望動機や自己PRをしっかりと考えておきましょう。フェリシモの就職の評判についても知っておく必要がありますから、そういった点についても調べていきましょう。フェリシモの仕事は激務か?という点などを含めて、フェリシモはどういう会社なのか?を知っておいてほしいと思います。

 

フェリシモの就職の評判はどうなっている?

フェリシモの就職の評判についてはしっかりと理解しておきましょう。フェリシモの就職の評判を調べるときには、社員の口コミを参考にしていきます。ここでも簡単に紹介していきますが、最初はフェリシモの平均年収について紹介をしていきます。フェリシモの平均年収については600~700万円くらいあるので、この数字は割と高いです。フェリシモの就職の評判として平均年収に関しては気になる人が多いはずなので、覚えておきましょう。フェリシモの働き方に関してはどうなっているのか?というと、フェリシモの平均の1日の労働時間は9~10時間となっています。残業はそこそこありそうです。激務か?というと、その数字だけでは判断できません。会社全体として残業時間を減らしていこうという雰囲気はあまり感じられないという口コミがあります。フェリシモの仕事は激務に感じている人もいるかもしれないです。フレックスタイム制が導入されているので、各自ある程度自由な働き方はしやすいようです。各自の事情などを考慮して、出金や退勤時間を選ぶことができるため、そこは評価されています。

 

休日に関しては一応完全週休二日制となっているようですけど、土曜日は休みづらいという口コミがあります。部署によるかもしれませんが、こういったところは気になりますよね。場合によっては、フェリシモの仕事は激務と言えそうですし。日曜日と祝日の休みがメインになるという口コミが実際にあるのです。休日に関してはそういった状況なのは知っておかないといけないでしょう。ただ、フェリシモでは長期的に休暇を取ることがしやすいとされています。有給休暇は割と使いやすいようで、最大で14連休を取った人もいるみたいです。そういった感じで、良い評判も普通にありますから、フェリシモの実態としてはそういった部分もちゃんと理解しておきましょう。フェリシモの採用試験の難易度をチェックして、こういったところから会社の実態を調べるということが同時に重要だと思います。フェリシモの就職の評判に関しては企業研究にもつながりますから、面接対策などに生かしていくと良いのではないか?と思うのです。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業がキミスカに登録している学生を検索して、その中で気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。かなり珍しいタイプのナビサイトと言えますが、このような特徴はあるメリットを生み出すことになります。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を選んで受けるので、企業側が自分に関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが届いた企業を受ければ自分に関心がある企業を受けられるので、少しでも確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカだからこその非常に大きな魅力と言えると思います。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

 

あわせて読みたい記事