特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

名古屋鉄道の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

名古屋鉄道の就職の難易度はどれくらいか?名古屋鉄道に就職したいという人はかなり多くいると思います。名古屋鉄道の就職における難易度については、大手の私鉄と言うことでかなり高いでしょう。名鉄は全国的に有名な会社なので、それなりに倍率だと思います。名古屋鉄道の就職の倍率を調べれば、難易度を理解することができますけど、名古屋鉄道の就職の倍率に関しては公開していないようなのです。だから、名古屋鉄道の就職の倍率を調べることは厳しいのですが、別の角度から難易度を調べていきましょう。名鉄の就職では学歴フィルターがあるか?というのも重要です。名古屋鉄道の就職における難易度にかかわりますから、そこを検証していきたいと思います。

 

名古屋鉄道の就職では学歴フィルターはあるのか?

名古屋鉄道の採用試験の難易度では学歴フィルターという存在も大きいです。この学歴フィルターの有無については、本来であれば倍率をチェックしてそこから推測をしていくのですが、名古屋鉄道の就職の倍率が不明なので、ここは採用実績校を使っていきます。名古屋鉄道の就職の採用実績校は公開されていますから、それをチェックしていきます。具体的な大学名が載っており、職種別に分かれています。名古屋鉄道の就職では総合職、ビジネスキャリア職、鉄道運輸職、鉄道技術職といった形で分かれているのですが、それぞれの採用実績校の傾向は総合職を除いてそんなに変わりません。したがって、全体的に判断をしていいのではないか?と思います。総合職以外はFランク大学と思われる大学名が載っているので、総合職以外は学歴フィルターはまずないでしょう。

 

総合職に関しては有名大学のみ記載されており、最低でもMARCHクラスのみまでしか確認ができません。だからといって、学歴フィルターがあるとは言えないものの、ないとも言えない状況なのです。総合職に関しては微妙ということです。名古屋鉄道の就職では学歴や大学名は多少は関係するでしょう。学歴フィルターとは別に、学歴や大学名が合否に全く影響しないとは思いません。しかし、重要なのは面接であり、名古屋鉄道の面接対策をしっかりとやっておいてほしいです。名古屋鉄道の志望動機や自己PRなどをしっかりと考えていきましょう。そして、名古屋鉄道の就職の評判を知っておいてほしいです。名古屋鉄道の社員の口コミから会社の実態を調べておいてほしいのです。名古屋鉄道の仕事は激務なのか?ということなどを含めて、いろいろな部分から名古屋鉄道に入社したらどんな過ごし方をするのか?について想像していきましょう。

 

名古屋鉄道の就職の評判はどうなっている?

名古屋鉄道の就職の評判をチェックしていくときには社員の口コミが重要ですから、そういったものから紹介をしていきます。名古屋鉄道の平均年収についてまずはチェックしていきましょう。名古屋鉄道の平均年収については600万円程度はありますから、それなりの額が用意されているということなのです。名古屋鉄道の平均年収というのは、評判としてはかなり重要です。しかし、さらに知っておいてほしいのは働き方についてです。名古屋鉄道の労働時間の1日の平均について理解をしていきましょう。名古屋鉄道の平均の労働時間は9~10時間となっているので、1日あたりの労働時間で言えばそこそこということです。本来ならば職種別に違いがあると思うのです。ただ、名古屋鉄道の社員の口コミでは、職種が書かれていないので、全体としての評判になってしまいますが、それは考慮して見てほしいです。名古屋鉄道の口コミでよく言われているのは、拘束時間が長いというものです。激務と言えるほどか?は分かりませんが。しかし、労働時間がそれだけ長いということなのでしょう。全体では9~10時間という数字がありますから、そこまでじゃない人もいるのでしょうけど、現場で働いている人はある程度拘束時間が長いというイメージはできます。24時間以上連続の勤務もあるようですから。ただ、これは他の鉄道会社でも同様だと思いますが。

 

休日にも働きに行かないといけないときがあるという口コミもありますから、特定の職種の人は結構忙しいのでしょう。現場の人はどの会社もどうしても激務になりがちなので、しょうがないと思いますが。他の職種の人も少なからず忙しいとは思います。あと休暇に関しては休日出勤というケースもありえるみたいですが、全体的な話ではないのでしょう。全員ではないにせよ、そういう可能性があるということは知っておいてほしいです。ちなみに有給休暇については取れないことはないが、長期休暇は難しいという口コミがあります。お正月、ゴールデンウィーク、お盆などで長期休暇をとることは厳しく、通常通りの休みになるという評判があるのですが、ここは鉄道業界としてはしょうがない気がします。全く無理ではないにせよ、この時期に長期休暇をとるのは厳しいみたいです。名古屋鉄道の仕事は激務になる可能性もありますけど、これは鉄道業界ならではの部分もあり、しょうがないでしょう。全ての人が激務に感じたりするわけではないとしても、現場で働く人は特に忙しい可能性があるので、名古屋鉄道の就職の評判として頭に入れておいてほしいです。名古屋鉄道の採用試験の難易度も重要ですけど、こういった名古屋鉄道の就職の評判もチェックしたうえで受験をしていきましょう。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトに関しては、知名度が高いところ使っている人が多いと思いますけど、知名度が低いようなサイトの中にも実はおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業がキミスカに登録している学生を検索して、その中で気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を自ら選んで受けるので、自分がエントリーした企業の側が自分に対して関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けてしまうため、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが届いた企業を受ければすでに自分に対して関心を持っていると言える企業を受験できるので、少しでも内定の確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと評価できます。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためのメリットとしては相当大きいと言えるでしょう。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

 

あわせて読みたい記事