特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

森永製菓の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判がある?

森永製菓は就活生の中でも特に人気の高い会社で、多くの就活生が森永製菓に入社したいと思っているのではないか?と思います。森永製菓の就職の難易度は非常に高いと思われますが、実際にどれくらいの倍率があるのか?についてはチェックをしておきましょう。森永製菓の就職の難易度をチェックするときには、やはり森永製菓の就職の倍率が重要になります。倍率に関しては公開されているようなので、それを見るとおよそ300倍程度あるようです。したがって、森永製菓の就職の倍率はかなり高いので、それだけ足きりの必要性が出てきます。そういったときに森永製菓の就職では学歴フィルターがあるのか?どうかは気になるでしょう。森永製菓の就職に関して学歴フィルターの有無は重要なので、そういったところについて見ておきましょう。

 

・森永製菓の就職では学歴フィルターは存在するのか?

森永製菓の就職における採用実績校を見ると、学歴フィルターの有無の判断ができるかもしれません。森永製菓の採用実績校では有名大学のみの掲載なので、ここから学歴フィルターを判断するのはちょっと厳しい気もします。森永製菓の就職の採用実績校では、偏差値的に最も低い大学で東海大学のレベルになります。したがって、この大学のランクだと森永製菓の就職で学歴フィルターがあるか?どうかというのはちょっと難しいです。ただ、森永製菓の就職の倍率を踏まえると、あれだけ高い倍率があれば足きりがあっても不思議じゃないものの、森永製菓の就職で学歴フィルターがあると断言できる状況ではないのです。ただ、一般的に言えば、大東亜帝国のレベルまで採用があるならば、森永製菓の就職では学歴フィルターがないと言える可能性の方が高いと思います。このあたりは学歴フィルターのボーダーラインよりも下になることも多々あるので、そういった大学が大丈夫ならば、森永製菓の就職では学歴フィルターはない可能性の方が高いでしょう。森永製菓の就職の難易度にこういった部分は関係しますけど、学歴フィルターの心配はいらない気がします。

 

森永製菓の就職において学歴や大学名は無関係なわけではなく、学歴フィルターのように直接それだけが関係して合否が決まるということではないという話になります。だから、森永製菓の就職では学歴や大学名は関係する可能性が高いということです。したがって、学歴フィルターがないとしても、森永製菓の就職では学歴や大学名は考慮されていると思っておきましょう。それでも、それ以外の部分も重要なので、森永製菓の就職では学歴や大学名だけが重要なわけではなく、結局は人物試験での印象が重要なのです。森永製菓の就職は倍率は非常に高いので、特定の部分において長けた人間よりは、全体的に優れていると思われる人が重要でしょう。特に面接の結果は就活における合否の判断において重要で、だから多くの企業は面接を何回も行うのでしょう。そういったことも頭に入れながら、森永製菓の就職について考えてほしいと思います。森永製菓の就職の難易度は非常に高いですから、人物試験も含めていろいろな選考について対策をしていきましょう。そして、森永製菓に就職したい人は多くいると思うので、そういった人は森永製菓の就職の難易度などの情報のみではなくて、入社後のことも考えていきましょう。森永製菓の就職の評判に関しても調べておくと良いと思います。

 

・森永製菓の就職の評判はどうなっているのか?

森永製菓の就職の評判についてまず重要なのは平均年収でしょうか?森永製菓の平均年収は約700万円くらいとなっており、大企業ならではの数字です。今の時代に700万円を貰える企業は少ないと思いますが、これは平均年収なので、そういったところを知っておいてほしいと思います。森永製菓の離職率についてもデータがありますが、およそ3~4%です。したがって、離職率は高い方ではないと思います。この離職率だと、森永製菓の仕事はそんなに激務な感じじゃないのか?という推測もできますが、どうなのでしょうか?森永製菓の社員の口コミから、そういった部分の評判をチェックすると良いでしょう。ここでも紹介していきます。森永製菓での働き方はフレックス制が敷かれており、かなり自由度のある勤務体制になっていて、基本的には残業はほぼない状況みたいです。部署によると思いますけど、森永製菓の口コミでは激務な雰囲気はほぼないです。残業があったとしても残業代はちゃんと出るようなので、サービス残業は皆無みたいです。会社全体で残業をしないための姿勢が見えて、それによって森永製菓の仕事は忙しい部分はあるとしても、労働時間が長くはなりづらいということみたいです。だから、忙しい時はあるとは思いますけど、森永製菓の仕事は激務のレベルにはなりづらいということでしょう。そういった点が社員の口コミから知ることができます。

 

休みも取りやすいみたいですし、全体的にホワイト企業の雰囲気が伝わってきます。これは社員の口コミですが、部署によると思うので、全ての社員がこういった働き方になるとは限らないでしょう。それでも森永製菓の評判はかなり良い方ですし、離職率が低いというのもそういったところが影響しているのではないか?と思います。たまには忙しいとか、激務に感じる瞬間はあるかもしれませんが、ブラック企業のような感じの激務は森永製菓ではなさそうな気がします。森永製菓の仕事が激務になるとしたら、他の会社もみんな激務でしょう。したがって、森永製菓では忙しい時はあるとは思いますけど、全体的に満足いく労働になるのではないか?と思います。森永製菓の評判をチェックすると、そういった感じなので、自分でもネットで検索をしたり、会社説明会で聞いてみたりすると良いかもしれません。入社したらどういった働き方をするのか?毎日を想像できるような情報を集めておきましょう。森永製菓の就職の倍率は高いので、情報収集は些細なことでも重要なことだと思いますし、会社について調べることが企業研究につながる可能性もあります。森永製菓に就職したい人はそういったこともチェックしておくと良いと思います。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業が登録している学生を検索して気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を選んで受けるので、企業側が自分に関心を持つか?は分かりません。現実ではたいていの就活生は自分が受けた会社の多くで不採用になりますけど、それは結果的に自分に関心を持ってもらうことができず、自分を必要な人材だと思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。だから、スカウトが着た企業を受ければ自分に関心がある企業を受けられるので、少しでも確率が高い企業を受けられるのです。

 

ここはキミスカならではの大きなメリットになりますが、かなり魅力的な部分でしょう。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが着た企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

森永製菓の就活ハンドブック〈2019年度版〉 (会社別就活ハンドブックシリーズ)

森永製菓の就活ハンドブック〈2019年度版〉 (会社別就活ハンドブックシリーズ)

 

 

あわせて読みたい記事