特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

東京メトロの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と評判は激務で忙しいのか?

東京メトロに就職したいと思っている人も多くいるのではないでしょうか?東京メトロの就職の難易度はやはり高そうです。大企業かつ、都内でも有数の路線になるので、規模も大きいですし、倍率も非常に高そうです。東京メトロの採用試験においては倍率がどうなっているのか?気になる人もいると思います。東京メトロの就職の倍率はおよそ200倍と言われているので、高いことは承知していたと思いますけど、それにしても高いです。東京メトロの就職の難易度は予想以上に高いと言えるのではないか?と思います。したがって、東京メトロに就職したい人は相当気合を入れて就職試験に挑んでいけないといけないのです。ただ、東京メトロの就職の難易度はかなり高いでしょう。そして、東京メトロの就職においては学歴や大学名は関係あるのか?については気になる人も多いでしょう。東京メトロの採用試験では学歴や大学名は関係するのか?については、職種によって異なるということを知っておきましょう。総合職に関しては大卒が最低条件となっていますが、エキスパート職に関しては大卒以上でなくても良いのです。大学名に関してはどこまで重要視されるのか?は微妙だと思います。大卒以上のケースであっても、大学名が重視されるとしたら、1つ考えられるのは学歴フィルターです。

 

東京メトロの採用において学歴フィルターがあるのか?に関しては何とも言えません。倍率が200倍と言われている中では、東京メトロの採用で学歴フィルターがあってもおかしくはないですけど、学歴をどこまで重視しているのか?というのは分からないため、東京メトロに就職したい人にとっては何とも言えないかもしれませんが、確実なことは言えません。ただ、東京メトロの一次選考の時点でどういった内容になっているのか?というのが分かれば、推測はできるかもしれないのです。一次選考が足きり目的のものであるならば、それが足きりになっている可能性もありますけど、一次選考が足きり目的ではないものだとしたら、それ以前に足きりがある可能性が高いのです。つまり、会社説明会の段階で学歴フィルターなどで足きりをしている可能性もありますが、学歴フィルター以外でも足きりの方法はいろいろとあるので、そちらを実践している可能性もあります。東京メトロに就職したい人は学歴や大学名が関係あるか?どうかを確実に見極めることはできないですけど、ある程度推測することはできる可能性があるので、知っておいてほしいと思います。一次選考にどういったものがあるか?でしょう。学歴フィルターがないとしても、東京メトロの採用試験では学歴や大学名が影響する可能性がないとは言えないので、そこも考慮しておかないといけません。

 

東京メトロの採用試験では学歴フィルターがあるか?どうかは一部の学生にしか分からないでしょう。インターネットで東京メトロの採用試験を受けた就活生の口コミなどを見れば、それで把握できる部分もあると思います。したがって、東京メトロの採用試験を受けた学生の口コミを探してみると良いと思うのです。東京メトロの就職の難易度は高いので、いろいろな選考があると思いますけど、そういったものをクリアしていかないといけないのです。また、東京メトロの社員の評判はどうなっているのか?激務なのか?給料は良いのか?ということに関しても調べておきましょう。東京メトロの社員の口コミを見ておくと良いと思います。東京メトロの社員の評判はどうか?というと、口コミの第一声でくるのは安定しているということです。東京メトロは安定しているし、将来性もあるということが言われています。将来的に利益が伸びるか?と言うと、それは考えづらいですが、インフラ業界のため、安定して利益は出せますし、倒産はほぼありえない。公務員に近いような存在になるのではないか?と思います。東京メトロの魅力と言えば安定性であり、給料もそれなりに良いという口コミがあります。東京メトロの平均年収は700万円くらいなので、かなり高いですし、東京メトロの口コミでは給料が良いということを口にしている人もいるため、平均年収という面においては期待して良いでしょう。

 

ただ、給料は高いが、残業に依存するところがあるとしている社員もいるので、残業代による部分が東京メトロの平均年収を底上げしていると言える面もあるのかもしれないです。つまり、それだけ仕事が忙しいと言える面があるということなのです。東京メトロに就職したい人は激務になる可能性があるというのは知っておいてほしいです。ただ、インフラにかかわる仕事は基本的に激務でしょう。東京メトロの仕事は激務である可能性は高いと思いますが、それによって給料が高いと言える面もあるのだと思います。その業界も今は激務だと思いますが、東京メトロに関しても忙しいということで知っておきましょう。あと、東京メトロに限らないかもしれませんけど、客からのクレーム対応が大変としています。これは鉄道会社ならではの部分もあります。明らかに客の方が悪いのに、客から態度などを注意されると、それによって始末書を書かされるということを言っている人もいます。こういった部分はしょうがないのかもしれませんが、接客業みたいな面もありますし、東京メトロの評判としてはかなり特徴的な面になります。こういったところが東京メトロの口コミで言われていますが、東京メトロ自分でも東京メトロの評判をインターネットで検索してみてほしいと思います。いろいろな社員の経験している貴重な情報が見つかると思うので、東京メトロで働くということを想像しやすいかと思います。

 

東京メトロの採用試験の難易度は高いので、それなりに待遇は良いと思いますが、東京メトロの仕事は忙しい可能性があります。東京メトロの仕事は激務と感じる可能性もあるのですが、それでも大手企業で安定性もありますし、将来性も良いのではないか?ということで、東京メトロの採用試験の倍率はとても高くなっているのです。東京メトロの採用試験の難易度は高いということで、かなり難しい企業になるとは思いますが、企業研究をしっかりやって、志望動機や自己PRなどできちんと自分の良さを伝えながら、自分が東京メトロに就職したらこんなことができるとか、メリットがあるということをきちんと伝えていくことが重要になります。東京メトロに就職したい人はいろいろな情報を集めて、採用試験に臨んでいってほしいと思います。

 

東京地下鉄(東京メトロ)の就活ハンドブック 2019年度版 (JOB HUNTING BOOK 会社別就活ハンドブックシリ)

東京地下鉄(東京メトロ)の就活ハンドブック 2019年度版 (JOB HUNTING BOOK 会社別就活ハンドブックシリ)

 

 

あわせて読みたい記事