特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

裁判所職員の仕事内容の評判は激務?忙しい?平均年収や全国転勤の有無について

裁判所職員の働き始めた後の待遇面はどうなっているのでしょうか?評判などは気になりますよね。あとは仕事内容なども重要と考えている人が多いと思うので、かなり気になると思います。本当は合格して、採用されてから考えた方が良いのかもしれませんが、受験生でも気になる方は多いと思います。裁判所職員の働いている方の給料などの条件はどうなっているのでしょうか?まず、初任給については、大卒者が多いと思いますが、一般職、総合職ともに20万円ちょっとですね。国家公務員の初任給としては、割と平均的な金額だと思います。初任給は、地方公務員はもっと少ないんですよ。20万円もありません。市役所勤務とかになると、初任給の平均は約17万円くらいです。民間企業の初任給の平均よりも少ないでしょう。そうなると、裁判所職員の一般職、総合職の人たちはまあまあ貰っている方ですね。高卒の方の場合は、初任給の平均が16から17万円くらいなので、市役所勤務の大卒者と同じくらいの金額になります。だから、裁判所職員の初任給の額は公務員の中では良い方なのかもしれないです。そして、裁判所職員の平均年収はどれくらいなのでしょうか?初任給から働いて給料が上がっていく中で、平均年収というのはやはり気になると思います。

 

ちなみに年収はどれくらいなのか?というのはちょっと難しいですけど、平均ということになれば、500~600くらいのようです。案外貰ってないのかな?という感じです。人によりますし、勤務する地域とかにもよるのでしょうけど。あとは総合職と一般職でも裁判所職員の平均年収が違います。人によって大分変わるということで、平均年収を知ってもどこまで意味があるか?というのは分かりづらいと思います。毎年それなりの金額のボーナスも出るので、民間企業(特に中小零細企業)と比べたら恵まれている方だとは思います。また、これらの給料に加えて手厚い各種手当ても支給されるので、覚えておきましょう。勤務時間は原則1日8時間ですが、そうならないケースもあり、詳しくは勤務する地域や部署によって結構変わります。特に裁判が多いところは、事務作業も多くなるので、それだけ裁判所職員の仕事量も増えて、残業が多くなります。土日や祝日は基本的に休みですが、休めないときもあるということは知っておきましょう。忙しいときは忙しいですけど、暇というか、そうでもないときもあるので、結構繁閑の差が激しい職場なのかもしれないですね。礼状の発行業務になると、夜のかなり遅い時間にも働かないといけない場合もありますからね。だから、裁判所職員の労働時間というのはケースバイケースで違いますが、激務になる可能性もないとは言えないということなのです。裁判所職員と言う仕事内容は忙しいですよ。公務員は絶対にどこも忙しいと思います。民間も大半は忙しいですけど、公務員で忙しくないところはないです。それが激務なのか?そうじゃないのか?の違いはありますけど、裁判所職員は間違いなく忙しいと思います。そこはまず知っておかないといけないのです。

 

そして、裁判所職員の待遇面で気になるのは転勤でしょう。裁判所職員の転勤については総合職と一般職で異なるようです。裁判所職員の総合職の転勤は全国転勤になることが多いです。それが3年ごととされており、一定の間隔で別の勤務地で仕事をしないといけないのです。裁判所職員の評判においてはここが重要でしょう。全国転勤って多くの人は避けたいと思っていると思うのですが、裁判所職員の総合職は全国転勤を繰り返しながら仕事をしていくということになります。裁判所職員の一般職の場合には転勤は同じく3年ごとくらいにありますけど、全国転勤はありません。というか、一次試験に受かった高等裁判所の管轄内での転勤になるので、距離はその都度違うかもしれませんが、よほど遠い場所に転勤になることはまずないでしょう。したがって、裁判所職員の転勤については総合職と一般職で異なるということをまず知っておいてほしいと思います。裁判所職員の評判においては転勤は重要なポイントになると思いますから、頭に入れておきましょう。受験生の中には全国転勤を気にして、裁判所職員の一般職を受ける人もいると思うので、受験前から裁判所職員の評判をちゃんとチェックしている人が多いのでしょう。平均の労働時間はどれくらいか?とか、残業は多いのか?激務なのか?という点も気になると思いますけど、転勤についても労働者にとっては大きな要素になるので、そういうところも含めて、裁判所職員の働き方の評判については詳しくなっておくべきなのです。

 

裁判所職員という働き方は忙しい部分は往々にしてあると思うので、それは知っておかないといけないと思いますけど、やはり魅力ややりがいはあると思います。それを働きながら見つけるというよりは、働く前に見つけておいた方が受験勉強のモチベーションにもなると思いますし、合格率も上がるかもしれません。したがって、裁判所職員の評判などはいろいろな角度から調べておきましょう。やはり気になるのは裁判所職員の平均年収だと思いますが、総合職と一般職でも違うでしょう。総合職の方が高いです。だから、裁判所職員は平均年収の高い総合職を目指す人がいる一方で、全国転勤があるから裁判所職員の総合職は避けて、一般職を目指すという人もいるのです。そういう部分でも裁判所職員への受験生の思いは違っているということになります。そして、平均の労働時間などは見た目は案外普通ですが、その時々で忙しいときがありますから、裁判所職員では激務と感じるシーンが少なからずありそうな気はします。国家公務員はどこも同じだと思いますけど、裁判所職員も激務になることは想定しておかないといけません。仕事内容が忙しいという点も裁判所職員の評判の1つなので、そこは絶対に知っておかないといけないでしょう。裁判所職員に受かるのは本当に難しいですが、受かった後にきちんと働いていくためには知っておかないといけないことがいくつかあるので、そこは前もって調べておいた方が良いと思います。裁判所職員に受かりたいならば評判なども併せて、どういう働き方をするのか?やりがいなどはどういったところにあるのか?などについてあらかじめ調べておいた方が良いと思います。

 

 

あわせて読みたい記事