特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

就活のコートはいつから、何度から着る?いつまで着ても良い?

就職活動をするときには、序盤は恐らくコートを着ている人も多いと思います。合同説明会やインターンシップ、序盤の選考のときには恐らくまだ冬です。寒いので、コートを着ている人は非常に多いです。そのため、コートを着用する人は早めに用意しておいてほしいのですが、いつから着れば良いのでしょうか?また、何度から着れば良いのでしょうか?コートなしでも就職活動は可能です。私は着ないで問題ありませんでした。中にちょっと多めに着ましたし、マフラーもして暖かくしていたので。そのため、コートなしで就職活動をしていましたが、コートをいつ買うか?いつから着るか?というのは、コートを着ようと考えている方は、タイミングが難しいですよね。みんなまだ着ていないのに、自分だけ着ていると嫌でしょうし。そこが多くの方が悩む部分だと思うのです。では、いつから着れば良いのでしょうか?

 

・就活においてコートはいつから着用するといい?

では、具体的にいつから着るべきなのか?については、はっきり言って寒くなってきたらですよね。それぞれでコートを着るべき寒さ、体感温度なども違うので、周りに合わせないといけないわけではありません。ただ、目安としては最高気温が12,3度以下になったらでしょうかね?私がコートを着るときには、だいたいそんな感じです。私の場合は、スーツだけでもある程度我慢できるというか、寒く感じません。多くの人も冬用のスーツを着ていれば、ある程度寒さに対して我慢はできるというか、そこまで寒く感じないと思います。案外スーツって防寒性あるんですよ。1番下にヒートテックなどを着ていくと、尚更寒く感じづらいです。だから、気温がある程度下がるまではコート必要ないと思います。コートを着ていくと、中で脱いで持たないといけないのでそれは面倒ですよね。そうなると、できるだけコートを着る期間を限定した方が良いと思うので、ある程度寒くなるまで待ってはどうでしょうか?それが気温が12度以下くらいになるまでということですね。

 

時期で言えば、いつになるでしょうか?地域にもよりますけど、首都圏や近畿圏では、12月以降で良いと思いますよ。12月の中でも晴れえている日は結構暑かったりするので、日によって使い分けていけると良いと思います。ただ、昼間は暖かくても遅く帰って来るときには夜はもう冷えている可能性があるので、コートを着て行っても良いかもしれません。企業の採用活動でそんなに遅い時間までかかるとは思えませんけどね。12月以降というのがとりあえず目安ですが、12月はとりあえず様子見です。その日その日で気温や天気を見て決めていければ良いでしょう。1月以降になればもうずっと寒いので、毎回着て行って良いと思いますけどね。

 

・ライバルの服装をチェックしてからというのもあり

あとは会社説明会とかに参加していれば、コートを着てきている人、そうじゃない人がだいたい分かりますから、それを見て着てきている人が増えてきたと思ったら、自分も着ていくというので良いのではないでしょうか?それと街の中にもコートを着ている就活生っぽい人がどんどん増えてくると思うので、それを見て、そろそろいいかな?と判断するの手です。コートを着ないというのも1つの手ですし、それは悪くないと思います。やっぱり不便なんですよね。どうしても会場やオフィスの中では脱がないといけないので、持ち歩くのが面倒だったり、置く場所に困ったりするケースもありますから。だから、コートを着ないで大丈夫というのならばそれが1番な気がします。買っても良いのですが、必ず着ないと無理なわけではありません。よほど真冬に冷え込む地域以外ならば。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をする際に使うナビサイトについてはいろいろなものがありますけど、多くの学生は有名どころを使っていると思います。しかし、知名度がないものの中にもおすすめのところがあるので知っておきましょう。例えば、「キミスカ 」はというナビサイトはメリットが特に大きいのです。このキミスカは学生が自分で起業を検索して気に入ったところにエントリーを送るという従来の形ではなく、企業側がキミスカに登録している学生の中から気に入った人材にスカウトを送るという形なのです。この特殊な形態のキミスカはある大きなメリットを生むことになります。普通ならば学生は自分が気に入った企業にエントリーし、そこを受けていきますが、企業側が自分に興味を持つか?は分かりません。たいていのケースでは自分が受けた企業の多くから不採用を受けるでしょう。それが普通の就活生です。しかし、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、必要と思ってもらえなかった企業をたくさん受けてしまったことになるのです。でも、キミスカは企業からのスカウトがスタートになるので、スカウトが着たということは自分のことを少なからず必要だと、関心の高い人材だと思ってくれたということになり、その企業を受けることで内定が少しでも取りやすい企業を受けることができます。

 

そこがキミスカのメリットということになります。また、キミスカではスカウトが着た企業を受けることで一次選考や二次選考をパスして受験できるということがあり、このときには非常に優位な状況を作ることができ、内定に近づくことができるのです。こういったところがキミスカを利用するメリットになりますけど、キミスカは今まで使っていたナビサイトがあればそれも使いながら利用することができるので、併用が可能というのはかなりの魅力です。そして、多くの就活生はこのキミスカの存在は知らないでしょう。自分でエントリーするタイプのサイトのみで就活をしている人が大半のはずです。そういう意味では、他のライバルに差をつけたい人にとってはかなり重要な存在になるのです。キミスカはスカウトが絶対に来るとは言えないものの、プロフィールページを充実させるなどすることで、その確率を上げることはできます。無料の会員登録をすれば利用できますから、良かったら参考にしてみてください。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

あわせて読みたい記事