特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

楽天銀行の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

楽天銀行に就職したい人はその難易度を知っておいた方が良いと思います。楽天銀行の就職の難易度をチェックするにあたっては、倍率を見ていくのが適切です。ただ、その倍率については非公開になっているようで、正確な倍率を知ることは厳しいです。だから、楽天銀行の就職の難易度を調べていくのはちょっと難しいと思います。ただ、難易度に関しては他にも重要なポイントがあると言えます。それが学歴フィルターの有無です。楽天銀行の就職では学歴フィルターは存在するのか?そこも重要と言えるため、あらかじめ調べておくといいと思います。

 

楽天銀行の就職では学歴フィルターはあるのか?

楽天銀行の採用試験の難易度において、学歴フィルターが存在するのか?ですが、これは本来は倍率を使って調べていきます。ただ、楽天銀行の就職の倍率は分からない状況です。したがって、別の要素を使って調べていきたいと思います。それは採用実績校です。楽天銀行の就職における倍率が不明でも、採用実績校を利用すればある程度判断できると思われます。実際に採用実績校を見ると、全体的に九州の大学名が多く見つかります。関東や関西の大学名もありますけど。そして、Fランク大学と思われる大学名があるので、そういった点を踏まえると、楽天銀行の就職では学歴フィルターはないと思います。絶対ではないですけど、恐らくないのではないか?と思うのです。学歴フィルターは一部の企業だけが使っているもので、確率的には遭遇する可能性は相当低いでしょう。それに何らかのフィルターがあるとしても、それが学歴によるものとは限らないですから。

 

ただ、楽天銀行の就職では学歴フィルターはないと思いますけど、学歴や大学名で判断している部分はありそうです。つまり、合否の判断材料の一部になっている可能性はあるということです。学歴フィルターはないと思うので、学歴や大学名だけで判断するということはないでしょう。しかし、就活はいろいろな要素を総合的に加味して、合否を決めることになるので、そのいろいろな要素の中に学歴や大学名が入っている可能性はあるということです。しかし、もちろん他にも多くの要素を考慮して合否を決めていくので、結局は他にも重要な部分はたくさんあるわけですが。特に楽天銀行の就職の面接対策は大切でしょう。楽天銀行の志望動機や自己PRなどをしっかりと考えたうえで、受験をしていってほしいです。また、楽天銀行の就職の評判に関しても理解しておきましょう。社員の口コミを見ると、ある程度会社の実態を理解することができます。楽天銀行の仕事は激務なのか?などについて理解をしていくと良いです。

 

楽天銀行の就職の評判はどうなっている?

楽天銀行の就職の評判について調べていきます。楽天銀行の社員の口コミを参考にしていきますけど、まずは平均年収からです。楽天銀行の平均年収はどうなっているのか?というと550万円前後となっています。したがって、数字としては割と高い方です。ただ、働き方に関してどういう口コミがあるのか?が重要でしょう。楽天銀行の残業時間について見てみると、1か月あたりの平均は30時間程度となっているので、そこまで長くはありません。そこそこ忙しいという感じでしょう。激務という雰囲気ではないと思います。実際、社内では月に30時間以上の残業はできないようになっているようで、残業時間が溜まってくると、月末には定時で帰ることができる日がどんどん増えてくるとされています。こういう仕組みにより、激務を防ぐ状況が存在しているのです。休日に関しては、他社と比べても多い方であるという口コミがあるので、そこは楽天銀行の就職の評判としては重要な部分でしょう。休日出勤があっても、ちゃんと代休がとれるようです。

 

そして、気になる有給休暇については、年間で5日の取得は必須になっているようです。したがって、それだけの日数に関しては絶対に使えるということです。有給休暇を使って長期休暇を取ることもしやすいみたいで、こういった部分はかなり評価できるポイントです。通常の休日に関しては、週に2回、土日が休みになっています。それ以外で言えば、休日に社内イベントなどで拘束されることがないようで、そこも魅力的に感じられる人がいるでしょう。飲み会などもほとんどないため、仕事以外で会社とかかわらにといけない機会はあまりないみたいです。楽天銀行は仕事に関して激務ではなさそうですし、全体的に働きやすそうな雰囲気があります。楽天銀行の採用試験の難易度も重要ですけど、こういった会社の評判も理解しておいてほしいです。自分が入社するかもしれない会社の実態はきちんと把握したうえで、受験していきましょう。

 

 

あわせて読みたい記事