特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

ベルーナの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

ベルーナに就職したいと思っている人はその難易度について知っておきましょう。ベルーナは有名な通販事業を行っている会社ですけど、その難易度がまず気になるはずです。本来であれば、倍率を使ってベルーナの就職の難易度をチェックしていきます。しかし、ベルーナの就職における倍率は公開されていないようです。いくら調べても倍率に関する数字が出てきませんから。だから、ベルーナの就職の倍率が不明という状況では、正確な難易度を分析するのは厳しいでしょう。ただ、ベルーナの就職の難易度については別の部分でも重要なポイントがあるため、そこに関しても同時に調べていきたいと思います。それは学歴フィルターの有無です。

 

ベルーナの就職では学歴フィルターはあるのか?

ベルーナの採用試験の難易度についてチェックしていくときには、学歴フィルターの有無はかなり重要と言えます。実際にチェックしていきますが、ベルーナの就職の倍率が不明であるため、別の情報を参考にしていきましょう。本来であれば、学歴フィルターの有無を調べるときにも倍率を使っていくものの、その情報がないので、採用実績校で代用したいと思うのです。ベルーナの就職の採用実績校をチェックすると、いろいろな大学名が載っています。ただ、明らかにFランク大学と思われる名前が見つかるので、そういった部分を考慮すると、ベルーナの就職では学歴フィルターはないでしょう。可能性はかなり低いと思います。そもそも学歴フィルターは一部の企業でしか存在しませんから、確率的にもかなり低いと言えるはずですが。そういった感じで、ベルーナの就職では学歴フィルターについては、特に心配はしないで良いと思うのです。

 

しかし、学歴フィルターがないとしても、ベルーナの就職において学歴や大学名をチェックしていないとは言えないでしょう。そういった部分は少なからず見られていると思うべきです。就活ではいろいろな部分に注目して、合否を決めていくので、学歴や大学名はその一部と言えるでしょう。したがって、こういった部分以外でも見られている箇所は他にもあるということです。ただ、別の言い方をすれば、幅広くチェックされているわけですから、学歴や大学名以外でも重要なポイントがあると言えます。特にベルーナの就職の面接対策はしっかりとやらないといけません。ベルーナの志望動機や自己PRはしっかりと考えてほしいです。そういった部分は頭に入れておきましょう。そして、ベルーナの就職の評判についても調べていくと良いと思うのです。社員の口コミを載せていきますから、ベルーナの仕事は激務なのか?という部分についても見ていきましょう。

 

ベルーナの就職の評判はどうなっている?

ベルーナの就職の評判をチェックしていきますけど、社員の口コミを参考にしていきましょう。まずは平均年収からです。ベルーナの平均年収は400万円前後となっています。したがって、平均年収としてはそこそこの数字と評価できると思うのです。ただ、気になるのは働き方に関する口コミでしょう。どういった状況なのか?について知っておくと良いと思います。残業時間に関しては、1か月の平均が50時間弱となっているようです。すごい激務というわけではありませんけど、少ないという感じでもないでしょう。残業自体はどの会社でもあるでしょうから、あとはその数字が重要と言えます。この50時間弱に関しては、そこそこ忙しいくらいの感じでしょうか?ただ、口コミを見る限りでは部署によるとなっているので、人によって状況は違うはずです。忙しくないと思っている人もいれば、ベルーナの仕事は激務だと感じている人がいるかもしれないのです。また、残業時間の平均に関しては、もっと少なく感じている社員もいるようです。したがって、こういった部分は実際に働き始めてみないと何とも言えない部分です。

 

休日に関しては、土日は休みみたいですけど、祝日は出勤するようになっています。しかし、会社としては祝日に有給休暇を使って休んでくれることを望んでいるといった口コミが見受けられます。だから、事実上祝日に有給休暇を使用して休んでいる社員が多いようです。ただ、全体的にベルーナでは休みの日が多いようなので、それ以外でもちゃんと休めるみたいですが。夏季休暇が9日ほどあって、その時期に有給休暇を使って2週間程度休む人もいるみたいです。そういった感じで、休日はそれなりに休める環境が整っているという評判があります。あとは飲み会など、社員同士の交流のイベントなどが割と活発に行われているという評判があります。これは好きな人もいれば、そうじゃない人もいるので、人によって感じ方は異なるでしょう。こういった点は注意ですけど、全体的に激務な雰囲気はあまりないですし、評価できる面の方が多そうです。ベルーナの採用試験の難易度も重要ですけど、こういった評判も理解しておきましょう。自分が入社するかもしれない会社の状況は正確に理解したうえで受験してほしいと思います。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使用するナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめできるところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業がキミスカに登録している学生を検索して、その中で気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を自ら選んで受けるので、自分がエントリーした企業の側が自分に対して関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けてしまうため、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが届いた企業を受ければすでに自分に対して関心を持っていると言える企業を受験できるので、少しでも内定の確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと評価できます。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。キミスカのようなナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

 

あわせて読みたい記事