特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

読売テレビの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

読売テレビに就職したい人は難易度が気になるのではないでしょうか?読売テレビの就職の難易度がどうなっているのか?はまず知っておいてほしいです。早速、倍率をもとに調べていきたいと思うのですが、全体で言えばかなり高い倍率です。100倍はゆうに超えているみたいです。職種によっても違いますけど、アナウンス職だと500倍以上です。総合職や技術職でも100~200倍程度あるので、読売テレビの就職における難易度は相当高いと言えます。さらに難易度で重要なのは学歴フィルターの有無です。読売テレビの就職の倍率などの数字とは別に、そういったところも知っておきましょう。

 

読売テレビの就職では学歴フィルターはあるのか?

読売テレビの採用試験の難易度に関しては詳しく知っておいてほしいですけど、学歴フィルターに関しては理解しておきましょう。読売テレビの就職では学歴フィルターはあるのか?これに関しては、倍率をチェックするとかなり高い状況なので、学歴フィルターがあっても不思議ではありません。読売テレビの就職の倍率は100倍以上はほぼ確実なので。ただ、足きりが必要だとしても、学歴フィルターを使っているか?は分からないです。したがって、読売テレビの就職の倍率のみで判断するのは難しいので、別の要素も見ていきたいと思います。それが採用実績校です。読売テレビの就職の採用実績校をチェックすると、学歴フィルターの有無に関して調べることが可能になります。実際にどんな大学名が載っているのか?というと、有名大学が多いです。ただ、Fランク大学と思沸荒れる大学名も一部載っています。したがって、そういった点を考慮すると、読売テレビの就職では学歴フィルターはないと思うのです。

 

読売テレビの就職では学歴フィルターが存在している可能性は低いとは思います。しかし、学歴フィルターがないからといって、学歴や大学名をチェックしていないとは言えません。そういった部分も少なからず見ていると思っておきましょう。読売テレビの就職では学歴や大学名をチェックしたうえで、合否は出しているはずです。しかし、学歴や大学名だけではなく、他にもいろいろな部分をチェックしたうえで、総合的に判断をしていると思います。読売テレビの就職では学歴や大学名を見ながら、多くのポイントを総合して合否を決めていると言えると思うのです。中でも特に重要なのは読売テレビの就職の面接対策です。読売テレビの志望動機や自己PRなどをしっかりと考えておく必要があります。そして、会社の実態についても知っておいた方が良いです。読売テレビの就職の評判に関して、頭に入れておきましょう。社員の口コミを見ておくといいと思います。読売テレビの仕事は激務なのか?といったことをチェックしてほしいです。

 

読売テレビの就職の評判はどうなっている?

読売テレビの就職の評判について知っておきましょう。社員の口コミを見ていきますけど、まずは平均年収から紹介していきます。読売テレビの平均年収は職種によってばらつきがあるみたいですが、800万円以上はありそうです。したがって、平均年収についてはかなり良好と言えるでしょう。ただ、問題はやはり働き方に関しての口コミと言えます。読売テレビの残業時間に関しては、ちょっとデータがありませんけど、テレビ局なのである程度の激務は予想されます。実際どうなっているのか?というと、口コミを見る限りでは激務という声は聞こえませんが、一部の人たちは忙しい状況が確認されているようです。特に制作の人たちはかなり遅くまで残って仕事をしている状況があるようで、こういった人たちは読売テレビの仕事において激務と感じている可能性があります。ただ、それ以外に関してはそこまで忙しい状況ではないのかもしれません。読売テレビの社員の口コミからは激務という感じはそこまで伝わってきませんから。

 

ただ、気になる口コミとしては副業が完全禁止となっているようです。副業に関心がない人にとってはどうでもいい部分かもしれませんが、一応知っておいた方が良いと思います。許可をとればOKとかではなく、許可がそもそも下りないような状況になっているみたいです。平均年収がそれなりに高いので、副業をしたいという気持ちはそこまでないかもしれませんが。あとはリモートワークがかなり促進されている雰囲気があるようなので、働き方に関しては柔軟に対応してくれる可能性があるでしょう。こういったところが読売テレビの就職の評判となっています。読売テレビの採用試験の難易度も気になるとは思いますけど、こういった部分もしっかりと頭に入れておきましょう。自分が入社するかもしれない会社のことはきちんとチェックしておいた方が良いと思います。

 

 

あわせて読みたい記事