特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

TACの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

資格試験の予備校としては有名なTACに就職したいと思っている人もいるでしょう。TACではいろいろな資格試験を目指すことができますが、そんなTACの就職の難易度はどうなっているのか?気になるでしょう。TACの就職の難易度に関しては、それなりに高い可能性はあります。有名な会社ですし、多くの就活生が興味を持っている可能性があると思います。実際に難易度について調べるときには、TACの就職の倍率が重要であり、その倍率をチェックしていきたいのですが、この倍率についてはデータが見つかりません。つまり、TACの就職における倍率から難易度を調べることが厳しいのです。しかし、TACの就職における難易度では他にも重要な面があります。それが学歴フィルターに関してです。

 

・TACの就職では学歴フィルターはあるのか?

TACの採用試験の難易度に関して、まずは学歴フィルターの有無について調べていきましょう。TACの就職で学歴フィルターがあるのか?に関しては、倍率を調べればある程度判断はできます。しかし、TACの就職の倍率が分からない状態となっていますから、倍率以外の面から判断をしていきましょう。TACの就職の採用実績校を見ると、判断できる場合があると言えます。TACの就職の採用実績校をチェックすると、いろいろな大学名を目にすることができますけど、大東亜帝国未満と思われる大学名も載っています。だから、そういった面を見ると、TACの就職では学歴フィルターはないと思います。TACの就職における難易度として学歴フィルターの有無は知っておく必要がありますけど、恐らく存在していないと思うのです。

 

ただ、学歴フィルターは恐らくないと思うのですが、TACの就職では学歴や大学名を見ていないとは思えません。そういった部分もチェックしているでしょう。でも、他にもいろいろな要素をチェックして、そのうえで合否を決めていると思うので、TACの就職では学歴や大学名もチェックして、それ以外の部分も考慮して、総合的に決めていると思っておきましょう。だから、学歴や大学名も重要ですけど、他にも大切な部分はあるということです。TACの就職の面接対策は重要と言えます。TACの志望動機や自己PRも考えていきましょう。TACの就職の評判も重要と言えますから、TACの社員の口コミを見ておきましょう。こういった部分を調べて、会社の実態を理解してほしいと思うのです。TACの仕事は激務なのか?ということも気になると思いますし、そういった点もチェックしておくと良いと思います。

 

・TACの就職の評判はどうなっている?

TACの就職の評判はどうなっているのか?について調べていきますけど、社員の口コミをはチェックしていきたいと思います。まずは平均年収に関してです。TACの平均年収はおよそ500万円となっていますから、それなりの数字です。しかし、問題は働い方に関してどうなっているのか?です。ここも社員の口コミを見ていきたいと思いますけど、残業はそこそこあるみたいです。とはいっても、激務という状況ではないみたいですが。月の残業時間は平均で30~40時間くらいみたいなので、そこまですごい忙しいわけではないでしょう。これくらいはよくある感じだと思います。部署にはよると思いますけど、TACの仕事は全体的には激務ではないと言えると思います。ただ、休日出勤があるみたいで、そういうことをしている人をよく見るという口コミがあります。休日出勤をどのくらいの頻度でするか?に関しても、部署によるということは言えるはずですが、ここはTACの働き方における特徴と言える可能性がありますから、頭に入れておきましょう。

 

ただ、会社としてはそういう状況を黙認していると、特に対策をしている雰囲気はないという口コミがあるので、TACの就職の評判としてこういった面は知っておく必要があると思います。ただ、TACの社員の口コミを見ていると、やりがいを感じている人も割といるようですが。やはり若いときから責任のある仕事をすることができると言われていますし、あとは多くの人たちを合格させられたという実感を持てたときには、かなり大きなやりがいを感じるみたいです。TACの就職の評判としてはそういったところも頭に入れておくと良いのではないか?と思います。TACの採用試験の難易度も重要ではありますけど、やはり会社の実態を知っておくことは大切と言えるでしょう。自分が入社するかもしれない会社なので、しっかりと事前に情報をチェックしておいてほしいと思います。幸い、TACはそこまで激務ではなさそうです。TACに就職したい人はある程度社内の事情を把握しておくと良いです。それが企業研究にもつながるはずですから。

 

 

あわせて読みたい記事