特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

アンダーアーマーのドームの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

アンダーアーマーと言えば、スポーツ用品で非常に有名なメーカーですけど、このアンダーアーマーに就職したいと考えている人も多いでしょう。会社名としてはドームであり、ドームグループというのが存在しています。採用はドームユナイテッドとして行われる可能性もあるでしょう。アンダーアーマーはドームという会社になるのですが、このドームの就職の難易度はどうなっているのか?が重要です。アンダーアーマーのドームの就職の難易度を調べるときには、倍率を知っておく必要があります。ただ、ドームの就職の倍率に関しては公開されていないようです。だから、ドームの就職の難易度を調べるのは難しいと言えます。倍率を公開している会社はかなり少ないので、しょうがないとは思いますが。アンダーアーマーのドームに就職したい人にとっては、もう1つ重要な問題があって、それが学歴フィルターです。

 

・ドームの就職では学歴フィルターはあるのか?

アンダーアーマーのドームの採用試験の難易度にかかわってきますけど、学歴フィルターが存在しているのか?というのは非常に重要です。本来であれば、ドームの就職の倍率をチェックすればいいのですが、倍率が公開されておらず、そういった情報から調べることができません。ドームの就職の倍率が不明なので、採用実績校を見ていきましょう。ドームという会社で採用実績校は見つかりませんが、ドームユナイテッドとしては載っていました。ドームユナイテッドの就職の採用実績校をチェックすると、いろいろな大学名が載っています。ただ、Fランク大学や聞いたことがない大学名があるので、そういったところから見ると学歴フィルターはない気もします。ドームユナイテッドで学歴フィルターがなければ、ドームの就職でも学歴フィルターはないと思われます。ドームグループとしては採用試験をやっていない可能性もありますが。

 

仮に学歴フィルターがないとしても、ドームの就職では学歴や大学名をチェックしていないということではないでしょう。学歴や大学名などを含めていろいろな面をチェックして、合否を出しているはずです。だから、ドームの就職では学歴や大学名もチェックしているけど、他にも見ているということになるでしょう。したがって、ドームの就職では面接対策も重要であり、ドームの志望動機や自己PRなどもしっかりと考えておかないといけないのです。そして、ドームの就職の評判に関しても知っておきましょう。アンダーアーマーを作っている会社がどんな評判なのか?というのは重要なので、ドームの就職の難易度とは別に、そういった部分をチェックしてほしいです。ドームの仕事は激務なのか?ということは特に重要なので、頭に入れておいてほしいと思います。

 

・ドームの就職の評判はどうなっている?

アンダーアーマーのドームの就職の評判を理解してほしいと思いますけど、社員の口コミから見ていきましょう。まずは平均年収からチェックしていきますが、ドームの平均年収に関してはおよそ600万円強となっています。割と良い数字と言えるのではないか?と思うのです。ただ、問題は働き方の口コミで、ここがどうなっているか?が重要です。ドームの平均の1日における労働時間は11時間以上という回答となっており、かなり激務なのか?という雰囲気があります。ただ、裁量労働制となっているので、それぞれで働き方が違います。実際は朝の9時から18時までは最低でも会社にいる人が多いようで、裁量の面は乏しいみたいですけど。しかし、激務というよりは好きで会社に残っている人が多いようです。ドームの社屋はかなり充実しているようで、例えばカフェなどを利用するために、会社に残っている人もいるという口コミがあるのです。残業は結局そこそこあるみたいで、それなりに忙しい面もあるということみたいです。

 

ただ、営業職に関してはかなり忙しいみたいです。どの会社でも営業は忙しいイメージがありますが、ドームでも営業は激務になっている可能性があります。営業の場合には休日出勤も結構あるようですし、代休をとることも困難な状況もあるようです。したがって、ドームの就職の評判としてはこういったところは知っておくべきでしょう。休日はカレンダー通りとなっていますが、全ての部署の人たちがその通りに休めるという状況ではないようです。営業はどうしても激務になりやすいのです。ドームの就職の評判としてはこういったところが言われているので、頭に入れておいてほしいです。ドームの採用試験の難易度も重要ではありますけど、やはりこういった評判もちゃんと知っておかないといけません。ドームに就職したい人、アンダーアーマーのブランドで働きたい人は会社の実態をきちんと調べて、そのうえで受験をしていきましょう。

 

 

あわせて読みたい記事