特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

JR四国の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

JR四国に就職したいと思っている人は多くいると思います。JR四国の就職の難易度を知っておくと良いでしょう。JR四国の就職の難易度を調べるときには倍率を調べておくと良いと思いますけど、JR四国の就職における倍率というのは公開されていないのです。したがって、JR四国の就職の難易度をチェックするのは難しいです。ただ、倍率を公開していない会社は多いので、珍しいことではないのですが。JR四国の就職の難易度においては、他にも重要な部分があります。それが学歴フィルターがあるのか?という部分になります。JR四国の就職では学歴フィルターが存在しているのか?はかなり重要なため、そこは知っておきましょう。

 

JR四国の就職では学歴フィルターはあるのか?

JR四国の採用試験の難易度に関して、やはり学歴フィルターが存在しているか?どうかはかなり重要です。だから、そういったところを事前に知っておくと良いのですが、JR四国の就職に置けr倍率が非公開となっているため、倍率ではないところからチェックしていきましょう。JR四国の就職の採用実績校を見ていきたいと思います。JR四国の就職の採用実績校をチェックすると、かなりの大学名が載っていますが、全体的に見れば有名大学のみという状況ではないのですFランク大学と思われる大学名も見られるので、JR四国の就職では学歴フィルターはないのではないか?と思います。採用実績校を見る感じでは、可能性はかなり低いと思うのです。JR四国は大きな企業ですけど、そういった可能性はあまり考えられないという状況です。

 

JR四国の就職では学歴フィルターはないとは思うものの、学歴や大学名をチェックしていないということではないです。JR四国の就職では学歴や大学名といったところも見ていると思います。しかし、それ以外でも見ている部分が多くあるため、結局は学歴や大学名以外でも重要な面があるということになります。JR四国の就職では学歴や大学名は大切ですが、それ以外も含めて総合的に合否を決めているはずなので、そこは知っておきましょう。JR四国の就職の面接対策などは特にしっかりとやっていかないといけません。JR四国の志望動機などをきちんと考えておいてほしいです。JR四国の就職の評判に関しても知っておいてほしいので、社員の口コミからそういったところを見ておきましょう。JR四国の仕事は激務なのか?ということを把握しておくと良いです。会社の実態をあらかじめ理解しておいた方がいいので、実際に受ける前にそういったところを調べておきましょう。

 

JR四国の就職の評判はどうなっている?

JR四国の就職の評判をチェックしていきましょう。実際の社員の口コミを参考にして紹介していきます。まずはJR四国の平均年収についてです。JR四国の平均年収はどうなっているのか?というと、500万円強くらいはありそうです。したがって、給料面はかなり良いと思うのです。しかし、問題は働き方に関する口コミがどうなっているか?です。JR四国の就職の1日の平均の労働時間がどうなっているのか?というと、9~10時間となっています。この数字だけを見ると激務には見えないかもしれません。しかし、乗務員に関してはかなり激務な雰囲気を感じます。JR四国の社員の口コミによると、2泊3日勤務というのがあるみたいです。これは3日間で50時間以上働くことになっており、睡眠時間が少なくて大変という声があります。かなり忙しい状況に感じる可能性があるということです。この2泊3日勤務は他の鉄道会社でも例がないようなので、JR四国に特徴的な部分なのでしょう。

 

乗務員以外の口コミがほとんど見つからないので、それ以外の職種の人たちに関しては詳細は分かりづらいものの、乗務員以外は恐らく激務ということはないでしょう。忙しいとくがあったとしても限度があるはずです。そして、休みに関しては土日祝日に休めるということではなく、平日が休みになることもあります。そして、有給休暇は一応取りやすいという評判があります。ただ、長期休暇は取りづらいということになっているのです。そこは鉄道業界なら仕方ないとも言えると思いますが。JR四国の就職の評判としてはそういった感じです。JR四国では乗務員は仕事が激務になりやすいと言えるでしょうけど、それ以外はそこまで忙しいとは思えません。JR四国の採用試験の難易度も重要ですけど、こういった面もしっかりとチェックをしてほしいです。JR四国の就職の評判についてしっかりと調べていくことをおすすめします。企業について詳しくなれば、それが企業研究につながりますし、面接で話すときのネタになるという可能性もあるでしょう。

 

 

あわせて読みたい記事