特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

関西テレビの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

関西テレビに就職したいと思っている人もいるはずです。関西テレビの就職の難易度を知っておいてほしいですけど、そのためには倍率を理解しておくと良いです。関西テレビの就職の倍率から、難易度を調べることができますが、関西テレビの就職における倍率は実は公開されていないのです。したがって、関西テレビの就職の倍率は不明ということになり、関西テレビの就職の難易度に関しても分からない状態なのです。採用人数が毎年あまり多くなく、そういう意味では倍率は高そうですけど、確実な情報はないということです。しかし、関西テレビの就職の難易度では他にも重要な面があって、それが学歴フィルターに関する部分です。

 

関西テレビの就職では学歴フィルターはあるのか?

関西テレビの採用試験の難易度としては学歴フィルターがあるのか?という点は重要と言えます。こういった部分について調べていく必要がありますけど、関西テレビの就職の倍率が分からないので、学歴フィルターを調べるのは難しいです。採用人数に関しては多い年で15~20人、少ない年で若干名となっているので、倍率がかなり高い場合もあるでしょう。それに関西テレビというのは結構大きな会社で、知名度も高いため、人気も高そうですし、倍率が高くなる余地は大いにあるのです。関西テレビの就職の倍率が分からないので、何とも言えませんが。学歴フィルターがある可能性は一応残るということになります。採用実績校からチェックするということも可能です。ただ、採用実績校は公開されておらず、「全国の国公私立大学と大学院」となっているのです。これを文字通り読めば、どの大学名でも採用可能という風になります。したがって、学歴フィルターがないと言える可能性もありますけど、確実な情報ではないということです。

 

関西テレビの就職では学歴フィルターがない可能性はありますが、それでも学歴や大学名が関係ないということではないでしょう。そういった部分というのは少なからず関係しており、関西テレビの選考では学歴や大学名も考慮して、合否を決めているはずです。だから、そういったところも関係しているということは覚えておきましょう。とはいっても、学歴や大学名だけで決まるわけではなく、いろいろな要素を総合して合否を決めているはずなので、そこも知っておくと良いと思います。関西テレビの就職の面接対策がやはり重要で、関西テレビの志望動機や自己PRなどを考えておくようにしましょう。そして、関西テレビの就職の評判についても知っておいてほしいので、社員の口コミをチェックして、それで受験をしてほしいと思うのです。関西テレビの仕事は激務なのか?に関して理解したうえで、受験をしていきましょう。

 

関西テレビの就職の評判はどうなっている?

関西テレビの就職の評判について見ていきましょう。関西テレビの社員の口コミからチェックをしていきたいと思います。まずは平均年収について知っておいてほしいです。関西テレビの平均年収は1000万円以上あるようですが、人によってかなり差があるようなので、平均年収という数字自体はあまり意味がないかもしれません。では、関西テレビの働き方の口コミはどうなっているのでしょうか?関西テレビの就職の評判として重要な面ですけど、1日の労働時間の平均は?というと、8~9時間となっています。数字だけ見ると、激務には見えないかもしれません。しかし、実際は部署によって違うみたいです。定時で帰ることができるという人もいれば、残業が結構ある、または自宅に持ち帰って残業をしないといけないという人がいるので、こういった状況を見ると、人によっては激務と言える状況があるのでしょう。本当に忙しいときには会社に泊まり込むということもあるようで、関西テレビの仕事は激務になることもあるということです。

 

そういった感じで、仕事が忙しいか?どうかに関しては職種とか、部署によるので、一概には言えません。激務になる可能性があるのは知っておきましょう。土日祝日は休みを取りやすいという口コミもありますけど、これも恐らく職種や部署によると思われます。また、有給休暇に関しても同様で、それぞれで使いやすい、使いにくいという口コミがありますから、こういったところが関西テレビの就職の評判ということになっています。テレビ局なので、ある程度はしょうがない気もしますけど、忙しい人は忙しいという事実は覚えておきましょう。関西テレビの就職の評判はこういった感じなので、会社の実態として知っておくと良いと思います。関西テレビの採用試験の難易度も重要ですけど、こういった部分は入社する前に知っておかないといけませんから、事前に把握して、そのうえで受けていきましょう。会社に関して詳しくなれば、それが企業研究になりますし、面接で話すネタとして使える可能性もあると言えるのです。

 

 

あわせて読みたい記事