特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

リコーの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

リコーに就職したいと思っている人はやはりその難易度が気になると思います。リコーの就職の難易度に関してはかなり重要な情報ですから。リコーの就職における難易度を調べるときには、倍率を知っておくと良いです。しかし、リコーの就職の倍率に関しては正確な数字は公開されていません。10倍程度という情報は検索すると見つかりますが、どこまで正確か?はちょっと判断ができません。ただ、恐らくリコーの就職の倍率は高くはないでしょう。だから、この10倍というのも結構信ぴょう性が高い気もします。というのも、採用人数がかなり多い会社だからです。そういった部分で、倍率は結構低いのかな?とも思いますが、さらに重要なのはリコーの就職では学歴フィルターがあるのか?という点です。リコーの就職の難易度ではこういう部分もチェックしておきましょう。

 

・リコーの就職では学歴フィルターはあるのか?

リコーの採用試験の難易度に関して、学歴フィルターが存在していればそれは就活生に影響する場合があります。ただ、リコーの就職の倍率が本当に10倍程度だとすると、学歴フィルターはないでしょう。実施する理由がないからです。リコーの就職では毎年100~150人くらいは採用されているようなので、この採用人数からすると、倍率が10倍程度であるというのは真実味がありそうな気はします。したがって、そういった部分も含めて、リコーの就職では学歴フィルターはないのではないか?と思います。学歴フィルターの可能性は低いとは思いますけど、リコーの就職では学歴や大学名などをチェックしていないということはないと思います。そういった面が無関係ということは言えず、選考では学歴や大学名なども考慮されていると思っておきましょう。

 

就活というのはこういった部分が少なからず関係するので、リコーの就職でも学歴や大学名というのは重要であると言えると思います。とはいっても、リコーの就職では学歴や大学名だけではなくて、他にいろいろな情報を考慮して、そういったものを総合して合否を決めていくはずです。だから、リコーの就職では学歴や大学名も重要ですけど、他の部分でも優劣が存在していて、そこも重要であると言えるので、全体の割合からすれば学歴や大学名の重要度は低いかもしれないのです。リコーの就職では面接対策もしていかないといけませんから、リコーの志望動機や自己PRについても考えておく必要があります。そして、リコーの就職の評判に関してもチェックしておきましょう。会社の実態を把握することで、リコーに関して詳しくなっていくことができるので、社員の口コミを参考にしていきましょう。リコーの仕事は激務なのか?ということも理解しやすいと思います。

 

・リコーの就職の評判はどうなっている?

リコーの就職の評判をチェックする際にはまずは平均年収から見ていきます。リコーの平均年収はだいたい800万円くらいとなっているので、かなりの高水準です。そして、働き方に関する口コミをチェックすると、リコーの平均の1日における労働時間が8~9時間であることが分かります。リコーの仕事は激務な感じはないと思います。実際、社員の口コミを見る感じでは、残業時間がほとんどないという状況もあるようです。ただ、実際は部署によって異なっているという口コミもあります。開発や生産部門に関しては残業がそこそこあるようですけど、それ以外は残業はあっても月に30時間程度のようなので、全体的に言えばリコーの仕事は激務ではないと言えると思います。後は月曜日と水曜日がノー残業デーになっているという口コミがあるので、労働時間はそんなに長くないということが言えると思うのです。

 

また、有給休暇に関しては使いにくいという雰囲気はなさそうですけど、仮に使わなかった分に関しては翌年に繰り越すことができます。そして、最大で40日分まで貯めることができるようになっているのです。あとはバースデー休暇などもあるようです。年間休日は124日という口コミがあるので、それなりの数字だと思います。休日に関しては、リコーの就職の評判は良いのではないか?と思います。リコーの会社の実態としてはだいたいこんな感じです。仕事は忙しいときはあるかもしれないのですが、全体としてはそんなに激務な感じはしません。社員の口コミを見ていても働きやすそうな雰囲気を感じるものが多いです。激務な会社が実際ある中で、こういった感じならばかなり理想的な職場と言えそうな気がするのです。リコーの就職の評判を知っておくと、会社で働くというときの想像ができるはずなので、こういう情報はできるだけ多く集めておいてほしいのです。リコーの採用試験の難易度とは別にこういった情報も調べて、納得してから受けていくということをしてほしいと思います。

 

 

あわせて読みたい記事