特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

きんでんの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

きんでんに就職を考えている人がいれば、その難易度というのは重要です。きんでんの就職の難易度はどれくらいなのか?というのは多くが気になるのではないでしょうか?きんでんの就職の難易度については、倍率をチェックすると理解しやすいと言えます。しかし、きんでんの就職の倍率はデータが見つからないので、公開されていないということになると思います。きんでんの就職の難易度はちょっと分かりづらい状況となっているわけですけど、きんでんの就職の難易度に関しては、他にも重要な面があります。それは学歴フィルターに関してです。きんでんの就職において学歴フィルターがあるのか?というのは非常に重要ですから、そのことに関しても理解しておきましょう。

 

きんでんの就職では学歴フィルターはあるのか?

きんでんの採用試験の難易度に関して、学歴フィルターの有無というのは非常に重要です。したがって、きんでんの就職では学歴フィルターがあるのか?は気になりますが、倍率が分からないという状態になっているので、学歴フィルターがあるか?というのはなかなか難しいのです。ただ、きんでんの就職の採用人数はかなり多いので、結果的に倍率はそこまで上がっていない可能性もあります。採用人数に関しては100~200人程度毎年募集されているので、割と多いです。したがって、倍率がそこそこ高いとしても、学歴フィルターを実施しないといけないほどにはなっていないと思うのです。推測ではありますけど、きんでんの就職では学歴フィルターはないのではないか?と思います。採用実績校などの情報をチェックすると、より確実かもしれませんが。

 

そういった感じで、きんでんの就職では学歴フィルターはない可能性は高いと思いますけど、学歴や大学名に関してはチェックはしていると思います。学歴フィルターがないとしても、そういった部分が無関係ということではないでしょう。きんでんの就職では学歴や大学名に関してはしっかりとチェックして、それ以外にもいろいろな要素を含めて総合的に合否を決めているでしょう。きんでんの就職では面接対策も重要なので、きんでんの志望動機や自己PRなどを考えていきましょう。きんでんの就職の評判に関しても知っておいてほしいので、社員の口コミをチェックしましょう。そういったものを見ておけば、きんでんの仕事が激務なのか?ということも理解しやすいはずです。会社の実態に関して、しっかりと事前に理解をしてから受けてほしいと思うのです。

 

きんでんの就職の評判はどうなっている?

きんでんの就職の評判に関して調べていきたいと思います。まずはきんでんの平均年収についてです。平均年収に関しては800万円弱くらいとなっています。したがって、それなりに高水準の給料をもらっていると言えます。ただ、問題は働き方に関する口コミです。きんでんの労働時間の1日の平均については10~11時間となっており、かなり長いです。長時間労働に関しては多くの社員で口にしており、割と常態化しているのではないか?と思われます。部署とか、職種によるということが言えるものの、きんでんの口コミでは残業時間は月に100時間程度になることもあるようなので、かなり激務の状況の人もいるということになります。どうしても現場で働く人たちの方が激務のようです。休みに関しても、一応週休2日となってはいますけど、それは事務の人たちはそうだとしても、現場で働いている施工系の人たちに関しては休みがとりづらいという状況になるわけです。土日の出勤もそこそこあるようなので、現場で働いている人たちはかなり忙しいと思っておきましょう。

 

ただ、この業界に関しては特殊な面もあって、他の業界とは明らかに働き方が異なる面が存在します。だから、特に現場で働く人たちが激務になりやすいというのは、他の同じ業界の会社においても同じであるとも言えます。ある程度はしょうがない面があると思うのです。事務系の仕事はそこまで激務な雰囲気の口コミはありませんから、ある程度納得して働ける可能性はありますが、施工系の仕事はどうしても仕事が忙しいはずです。月の残業時間もかなり多くなりやすいはずなので、きんでんの仕事は激務になるという認識でいた方が良いと思います。きんでんの就職の評判としてはこういった感じですが、社員の口コミを見る限りでは仕事は結構忙しいと思うので、特に現場で働く人たちを含めた施工系に携わる人たちはきつい労働になる可能性はあるということです。きんでんの採用試験の難易度も重要ですけど、会社の実態というのも知っておく必要がありますから、きんでんの就職の評判に関してはしっかりとチェックしておくと良いと思います。そして、納得をしたうえで受けていくということが必要だと思うのです。

 

 

 

あわせて読みたい記事