特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

アクセンチュアの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

アクセンチュアの就職の難易度はどれくらいか?その倍率に関してチェックをしておくと、難易度が分かりやすいですけど、アクセンチュアの就職の倍率に関してはおよそ30倍程度ではないか?とされています。アクセンチュアの就職の倍率というのはそれなりに高いです。アクセンチュアの就職の難易度に関してはそういった数字を意識しておかないといけないのですが、倍率がそこそこ高いということで、結構難しい会社であると言えるでしょう。アクセンチュアの就職の難易度に関しては、他にも重要な部分があって、それが学歴フィルターという面です。こういったところも気になると思うので、しっかりとチェックしておいてほしいです。

 

アクセンチュアの就職では学歴フィルターはあるのか?

アクセンチュアの採用試験の難易度において重要なのが学歴フィルターの部分です。学歴フィルターがあるか?によって、アクセンチュアの就職の難易度は大きく変わるので知っておきましょう。しかし、アクセンチュアの就職の倍率からすると、学歴フィルターがありそうな雰囲気はあまり感じません。倍率がすごい低いわけではないものの、学歴フィルターを必要とするほどの倍率には感じないので、学歴フィルターがある可能性は低いと思います。アクセンチュアの就職の採用実績校についても一応見ておきましょう。アクセンチュアの就職の採用実績校に関しては、大東亜帝国クラスと同等か、それ未満と思われる大学名が見られるので、アクセンチュアの就職の採用実績校を参考にしても学歴フィルターがある可能性はかなり低いと思います。推測ではありますけど、そういったことで覚えておきましょう。

 

しかし、アクセンチュアの就職では学歴や大学名はチェックすることはしていると思われます。合否の材料というのはいろいろなものがありますけど、その中で学歴や大学名という部分もチェックして、総合的に合否を決めている可能性が高いと思うのです。だから、アクセンチュアの就職では学歴や大学名という部分は考慮されているということは知っておいてほしいです。そして、アクセンチュアの就職では面接対策をしておく必要があります。アクセンチュアの志望動機や自己PRといった部分に関しては特に大切になりますから、アクセンチュアの面接対策は時間をかけてやっていきましょう。アクセンチュアの就職の評判に関しても知っておいてほしいです。会社の実態を理解しておくことは重要なので、社員の口コミからどんな会社なのか?という点について知っておきましょう。アクセンチュアの仕事は激務なのか?ということも重要ですから、頭に入れておいてほしいと思います。

 

アクセンチュアの就職の評判はどうなっている?

アクセンチュアの就職の評判に関して紹介をしていきますけど、まずは平均年収について知っておいてほしいです。かなり高給取りのイメージがあるかもしれないですが、アクセンチュアの平均年収は900万円前後となっています。かなりいい給料をもらっているという印象かもしれないですけど、アクセンチュアの働き方に関する口コミも見ておきましょう。アクセンチュアの平均の1日の労働時間に関しては10~11時間となっており、結構長く働いているという印象ではないでしょうか?アクセンチュアの仕事は激務と言える可能性もあるということです。しかし、以前と比べると労働環境は大分マシになったという声があります。以前はかなりひどかったようですけど、現在では一部の職種を除いて、残業時間は月に45時間までとなっているようなので、そこまで激務という雰囲気ではなさそうです。ただ、職場の雰囲気としては体育会系の部分があるという口コミが見られ、精神論を強いてくるような上司もいるようです。

 

アクセンチュアの場合にはプロジェクトを遂行している最中というのが特に忙しいようで、繁忙期というのが存在しています。激務になるとしたら、そういったケースということになります。こういった期間は有給休暇も取りづらいということが言われていますから、社員は多くが激務になっていると思われます。しかし、そういった状況が常に続いているわけではないようなので、仕事が忙しいとしても期間限定という言い方もできるかもしれません。部署とか、職種によって働き方が違うため、どうしても一概には言えませんけど、全体的には楽そうな雰囲気は感じられないということです。アクセンチュアの就職の評判はこういった感じです。入社する前に、受験する前にこういった部分はしっかりと理解をしておいてほしいと思います。アクセンチュアの採用試験の難易度も重要ですけど、こういった情報を調べて、アクセンチュアの就職の評判に関しても理解をしていくと良いと思います。会社について詳しくなれば、それが企業研究などにも生きると思いますから。

 

 

あわせて読みたい記事