特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

三井ホームの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名と激務という評判はある?

三井ホームに就職したいと考えている人もいるでしょう。三井ホームの就職の難易度を知っておく必要があります。三井ホームはかなり大きな会社なので、難易度というのも大きくなりそうな気がしますが、実際の倍率は50倍弱くらいでしょうか?したがって、それなりに難しいです。すごい高いわけではないですけど、三井ホームの就職の倍率はそれなりに高いと言えるのです。したがって、三井ホームの就職の難易度は低いとは言えないでしょう。三井ホームの就職の難易度に関しては他にも学歴フィルターという部分があって、そこが重要です。三井ホームの就職では学歴フィルターはあるのか?についても見ておきましょう。

 

三井ホームの就職では学歴フィルターはあるのか?

三井ホームの就職では学歴フィルターは存在しているのか?ここは大きな問題と言えますし、三井ホームの採用試験の難易度にもかかわってきます。三井ホームに就職したい人はこういったところも知っておきましょう。すでに話したように、三井ホームの就職の倍率についてはそこまで高いわけではありません。そこそこの数字ではありますけど、学歴フィルターを実施しないといけないほどの倍率ではないと思うのです。だから、三井ホームの就職の倍率を根拠にするならば、学歴フィルターはない可能性が低いと思います。あとは三井ホームの就職の採用実績校をチェックするということもできます。三井ホームの就職の採用実績校を見ると、いろいろな大学名が載っていますけど、全体的に言えば大学のレベルということで言えば幅広いです。有名大学のみという感じではないです。したがって、Fランク大学と思われる大学名も載っているので、そういったところから推測をすれば、三井ホームの就職では学歴フィルターはないと思うのです。

 

三井ホームの就職では学歴フィルターの可能性は低いと思いますが、それは学歴や大学名のみで合否を決めないということであって、そういったものを参考にしないということではないです。合否を決めるにあたって、学歴や大学名も加味して、総合的に決めるという可能性はあります。だから、いろいろな要素をチェックする中で、その中には学歴や大学名も入ってくる可能性はあると思います。三井ホームの就職では学歴や大学名も関係あるものとして覚えておきましょう。しかし、就活では面接が重要ですから、三井ホームの面接対策をして、三井ホームの志望動機や自己PRを練っていきましょう。三井ホームの就職の評判も知っておいてほしいので、社員の口コミを紹介していきたいと思います。会社の実態を知ることも重要なので、三井ホームの仕事は激務か?という部分に関して把握をしておきましょう。

 

三井ホームの就職の評判はどうなっている?

三井ホームの就職の評判をチェックしていきます。まずは平均年収について見ていきましょう。三井ホームの平均年収は600~700万円くらいとなっています。三井ホームの平均年収はかなり高い数字ということが言えると思います。しかし、問題は三井ホームの働き方に関しての評判です。労働時間はどれくらいなのか?ということですが、1日の平均の労働時間は10~11時間となっています。この数字はかなり長いイメージかもしれません。不動産業界は激務なイメージを持っている人もいると思いますけど、実際忙しい状況にあるということです。実際は職種や部署によっても違っているみたいですが、会社の方針としては月の残業時間は45時間までとなっているみたいです。実際はその残業時間内に収まっていないケースもあるような口コミが見られますが、全体としては概ねそういった残業時間内で仕事をしているようです。だから、すごい激務というわけではないのでしょう。

 

ちなみに労働時間はパソコンで完全に管理しているので、サービス残業は発生していないみたいです。休日出勤に関してはかなり多いという社員の口コミがあるので、人によってはそういう忙しい毎日を送っているということなのでしょう。営業に関してはこの業界は特に忙しいイメージですから、三井ホームの仕事でも激務っぽい状態になっているかもしれないのです。営業はどの会社でも忙しいですし、不動産業界は特に忙しいというのはしょうがない部分かもしれませんが。それ以外で気になるのは、月に1度3連休がとれるという部分です。三井ホームの社員の口コミでは結構言われており、月に1回3連休をとることができるので、ここは三井ホームの就職の評判として大きな部分だと思います。三井ホームの就職の評判について知っておかないといけませんが、やはり三井ホームの採用試験の難易度についても重要です。いろいろな情報から会社の実態を把握してほしいので、三井ホームに就職したいと考えている人はどんな情報でも良いですから集めてもらって、それを企業研究などに生かしていきましょう。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業がキミスカに登録している学生を検索して、その中で気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。このような仕組みがとられているキミスカは、それゆえ大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を選んで受けるので、企業側が自分に関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが届いた企業を受ければ自分に関心がある企業を受けられるので、少しでも確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと言えると思うのです。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けることで、通常必要な一次選考、二次選考といった試験をパスして、選考に臨むことが可能な場合があります。こういった状況のときには、他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

 

あわせて読みたい記事