特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

ヨネックスの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

ヨネックスに就職したいと思っている人は多くいるはずです。そんなヨネックスの就職の難易度はどうなっているのでしょうか?ヨネックスの就職の難易度を調べるときには、倍率を見ると分かりやすいと言えるのです。ヨネックスの就職の倍率はおよそ30倍程度となっていますから、この数字であればそこまで高いという感じではないです。すごい低いわけでもないですけど、ヨネックスの就職の倍率に関してはそこそこという感じです。それ以外でもヨネックスの就職の難易度に関して重要なポイントがあって、それが学歴フィルターです。ヨネックスの就職では学歴フィルターがあるのか?はちゃんとチェックしておきましょう。

 

・ヨネックスの就職では学歴フィルターはあるのか?

ヨネックスの就職では学歴フィルターは存在するのか?ヨネックスの採用試験の難易度ではかなり重要な面になります。しかし、ヨネックスの就職の倍率をすでに紹介しましたけど、この倍率であれば恐らく学歴フィルターはないでしょう。ヨネックスはスポーツ用品のメーカーとしてかなり有名で、大きな会社だと思いますから、学歴フィルターがあるのではないか?と気になっている人もいたのではないか?と思います。しかし、倍率を見る感じでは、学歴フィルターはないでしょう。しかし、ヨネックスの就職における倍率のみではなく、他にも材料があるので、そういったものを参考にしていきます。それが採用実績校です。ヨネックスの就職の採用実績校を見ると、より判断がしやすいです。いろいろな大学名を見ることができますが、ヨネックスの採用実績校では、大東亜帝国未満と思われる大学名が載っています。こういったところから採用されているならば、学歴フィルターはないと言えると思います。

 

ヨネックスの就職では学歴や大学名についてはそこまで深く関係はしないと思いますけど、全く関係しないということもないでしょう。だから、ヨネックスの就職では学歴や大学名については気にしていた方が良いです。過去に多く採用している大学出身の人は少し有利になったりということがあるかもしれないです。しかし、現実的には面接対策が重要です。ヨネックスの志望動機や自己PRをしっかりと練ったうえで受けていきましょう。そして、ヨネックスの就職の評判はどうなっているのか?についても知っておいてほしいのです。ヨネックスの仕事は激務か?などに関して、気になる人が多くいるはずなので、ヨネックスの社員の口コミを通じて、そういった面を理解しておいてほしいと思います。ヨネックスに就職したいと思っている人は会社の実態を調べておくようにしましょう。

 

・ヨネックスの就職の評判はどうなっている?

ヨネックスの就職の評判を調べたいときには、まずは平均年収について理解をしておきましょう。ヨネックスの平均年収に関してはおよそ500万円強となっています。そこそこという数字でしょうか?すごい高いわけではないけど、低いわけでもないです。そして、ヨネックスの働き方に関する口コミとしては、労働時間に関して知っておいてほしいです。ヨネックスの平均の1日の労働時間というのは8~9時間というデータがあります。したがって、この数字だと激務という雰囲気はほとんど感じられません。職種によって微妙に違うみたいですけど、全体的には激務ではないと思います。営業に関しては多少忙しい雰囲気があって、休日出勤などもたまにあるようです。それでもヨネックスの仕事が激務という口コミは見当たらないので、限度がちゃんとあるのでしょう。営業職以外は普通に働いて、普通に休日があるようです。カレンダー通りに休むことができて、土日祝日は休みとなっています。

 

場合によっては時短勤務にも対応してくれるようになっており、そこの評判が良いです。例えば、育児休暇から復帰した人などが時短勤務を利用しており、他の社員よりも短い労働時間で帰宅ができているのです。時短勤務の労働者は基本的に残業は0なので、そういった部分においても評価されています。ヨネックスの就職の評判としては全体的には良い感じのものが多くて、激務な雰囲気もありませんし、働きやすそうです。残業したときには残業代もちゃんと出ますから、その点も心配はいらないと言えます。ヨネックスに就職したい人はこういった評判に関しても頭に入れておきましょう。ヨネックスの採用試験の難易度もかなり重要ですけど、こういった部分もチェックしておくと、企業研究になりますし、ヨネックスの面接対策での志望動機や自己PRとかに生かせそうなネタが見つかる可能性もあります。自分でも会社について詳しく幅広く調べておくようにしましょう。そういった感じで、会社に関して詳しくなりながら、自分で納得したうえで、受けていくと良いと思います。

 

 

あわせて読みたい記事