特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

JTの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

JT日本たばこ産業)に就職したいと思っている人は多くいるでしょう。JTは間違いなく安定している企業の1つで、そういったところも人気になっていると思います。JTの就職の難易度が気になると思いますけど、JTの就職の倍率について非公開になっているため、正確な倍率が分からないので、JTの就職の難易度も把握しづらいということが言えます。JTの就職における倍率は低いとはあまり思えませんが。JTの就職における難易度を調べるときには、学歴フィルターについて知っておくと良いでしょう。もとは国の機関だったところなので、学歴フィルターがありそうな雰囲気はないかもしれませんけど、そういったところも確認しておいた方が良いと言えます。学歴フィルターの有無というのは多くが気になると思いますから。

 

JTの就職では学歴フィルターはあるのか?

JTの就職では学歴フィルターはあるのか?こういったところはJTの採用試験の難易度に関係しますから、気になるところですが、倍率が公開されていないので、判断するのは難しいです。多くの会社の場合、倍率を調べられれば、学歴フィルターの有無がなんとなく分かる場合があります。したがって、他の情報から調べていきたいのですが、採用実績校に関しても情報がないので、実はJTの就職で学歴フィルターがあるか?どうかを調べるための情報というのはほとんど存在しないのです。ただ、ナビサイトに載っている採用実績校では、「全国の国公私立大学」となっているので、これを信じるならば、どの大学からでも採用可能性があるということになります。もとが国の機関ということで、これはなんとなくの予想も含みますけど、JTの就職では学歴フィルターはない可能性の方が高いと思います。学歴フィルターがある企業の方が圧倒的に少ないので、可能性としては低いと思うのです。情報が少ないので、詳しくは分かりませんけど、可能性としては低い気がします。

 

JTの就職においては学歴や大学名がどの程度関係するか?は未知数ですけど、全く無関係ということはないでしょう。JTの採用試験の難易度はどういった形であれ、難しいと思います。そして、JTの就職では学歴や大学名をチェックして、それを合否に考慮している可能性はあるでしょう。ただ、学歴フィルターのようにそれだけで合否を決めるということではないと思いますけど。採用実績が多いような大学名は有利になる可能性もあります。JTの就職では学歴や大学名といった部分は関係はすると思いますけど、合否に関係する割合は低いと思います。だから、面接試験などの対策をしっかりとやっていくと良いと思うのです。JTの志望動機や自PRなどをしっかりと考えて受験していきましょう。JTの就職の評判についても知っておいてほしいので、JTの社員の口コミを紹介していきたいと思います。JTの就職における難易度なども重要ですけど、仕事は激務なのか?とか、給料は高いのか?などは気になると思います。そういった会社の実態について把握したうえで受験をしてほしいのです。

 

JTの就職の評判はどうなっている?

JTの就職の評判でまず重要なのは平均年収になります。JTの平均年収は高いのか?というと、900万円程度となっているので、この数字ならばかなり高い方でしょう。JTに就職したい人にとっても重要な評判と言えます。しかし、問題は働き方についてです。JTでは部署によって労働時間等がかなり異なっているようで、忙しい部署とそうじゃない部署に分かれており、定時で帰ることができる人もいれば、残業がそれなりにあるという人もいることになります。ただ、全体の1日の労働時間の平均は9~10時間なので、すごい長時間労働ではなさそうです。だから、JTの仕事は激務というレベルではないと思います。ただ、気になる点があって、JTの社員の口コミでは成果主義のような面も一部あり、成果を上げないと評価に影響するということが言われており、残業を強制されることはないものの、成果を上げないといけないという切迫感から、結局残業が多くなるという、ジレンマを抱えている人もいます。激務のレベルではないものの、残業はそれなりに生じてしまうケースがあるということです。ただ、部署にもよるので、そこは改めて認識しておいてほしいです。

 

休日に関しては基本的にはとれる環境ではあるものの、仕事が忙しい場合に休日返上で取り組まないといけないこともあります。上司としては休んだ方が良いと言ってくる場合もあるようですが、休んでいる暇がないというか、仕事量が減らないので、休みづらい状況も存在するようです。有給休暇は取りやすい雰囲気で、申請すれば取れるものの、同じ理由で使いづらいと感じている人もいるみたいです。だから、一部かもしれないですけど、休み返上で仕事をしないといけないような人もいるということで、こういう人に関してはJTの仕事は激務と言えるかもしれないです。ただ、そういう口コミは少ないですけど。一方で、土日祝日は完全に休み、年末年始やゴールデンウィークなどはまとまった休みがとれるなどの口コミがあるので、やっぱり部署ごとに働き方はかなり違いがあり、同じ会社でも激務に感じたり、そうじゃなかったりということがあるのでしょう。JTの就職の評判としてはこういった感じです。JTの採用試験の難易度とは別に、こういったところも調べておくと、JTに就職したい人にとっては企業研究にもなると思いますし、面接などで話すネタにも生かせる可能性があると思います。

 

日本たばこ産業(JT)の就活ハンドブック〈2020年度〉 (会社別就活ハンドブックシリーズ)

日本たばこ産業(JT)の就活ハンドブック〈2020年度〉 (会社別就活ハンドブックシリーズ)

 

 

あわせて読みたい記事