特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

東京ガスの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

東京ガスの就職の難易度が気になる人も多くいるでしょう。やはりインフラ業界の中でも有名な会社ですし、東京ガスに就職したい人は多くいると思います。インフラ業界は常に安定しているので、東京ガスの就職の倍率は高い可能性があります。実際の倍率はどうやら公開されていないようなので、数字は分かりません。ただ、大手企業ですし、安定しているイメージがあると思うので、東京ガスの採用試験の難易度は非常に高いと思われます。東京ガスの就職の評判なども気になると思いますけど、まずは東京ガスの就職の難易度を理解してほしいので、学歴フィルターなどに関して知っておきましょう。学歴フィルターというのは東京ガスの就職における難易度に関係してくるものなので、それがあるか?どうかはかなり大きいです。東京ガスの就職における倍率が高い可能性は十分にあるので、学歴フィルターがあっても不思議じゃない状況とも言えると思います。

 

東京ガスの就職のでは学歴フィルターはあるのか?

東京ガスの就職において学歴フィルターがあるか?に関しては、本来ならば倍率を見ると分かりやすいです。しかし、倍率が公開されていないので、別の部分から推測するしかないです。ただ、東京ガスでは採用実績校のようなものも非公開というか、詳細なデータが見つからないのです。採用実績校が載っているサイトも見つかりますけど、一部しか載っておらず、あまり参考になりません。旧帝大早慶理科大くらいまでしか載っていなかったので、これでは学歴フィルターがあるか?どうかについて判断はできないのです。東京ガスの就職において学歴フィルターがあるか?どうか、倍率とか採用実績校などをヒントにするしかないと思いますけど、いずれもデータがありません。東京ガスの就職の倍率に関しては100倍以上という情報が載っているところもありますけど、これも確実な情報ではない可能性があります。ただ、それくらいあっても不思議ではないとは思います。絶対に人気ですから。

 

東京ガスの就職では学歴フィルターがあるか?というのは、断言ができません。ないとも言えないですけど。ただ、学歴や大学名に関しては少なからずかかわってくると思います。大手企業なので、学歴や大学名を気にせず、完全に平等ということはない気がするのです。少なからず東京ガスの就職では学歴や大学名が関係してくる可能性があり、東大、京大などの旧帝大早慶理科大などの有名大学の方が有利になる可能性はあります。しかし、それ以外の部分の方が就活では重要なので、そこで自信がないという人は人物試験とか、そこで挽回をすれば良いと思います。学歴フィルターがなければ、学歴や大学名以外で挽回できるチャンスがありますから。面接試験などの人物試験などが就活では特に重要なので。東京ガスの就職の難易度としてそういった面も認識しておいてほしいです。東京ガスに就職したい人は評判についても知っておきましょう。東京ガスに就職するには選考を何回も突破する必要がありますが、事前に会社の実態について理解しておいた方が良いと思います。東京ガスの仕事が激務なのか?などは気になると思うので、社員の口コミを紹介していきます。

 

東京ガスの就職の評判はどうなっている?

東京ガスの就職の評判をチェックするときにはまずは平均年収を紹介していきたいと思います。東京ガスの平均年収については650万円前後となっています。この数字は割と高い方で、世間一般からすると給料は高いと言えると思います。しかし、問題は働き方に関する口コミです。東京ガスに就職するにはかなり難しい選考を突破しないといけないと思いますけど、その先に待っているのが激務だったら大変です。東京ガスの社員の口コミを見ると、残業はそこそこあるようですけど、激務みたいな雰囲気ではなさそうです。会社として業務の管理がかなり徹底されているようで、残業に関する報告をしっかりとやらないといけないようになっており、残業時間はちゃんと制限されていて、長時間に及ぶことはほぼないそうです。残業をした場合には残業代がきちんと出るようになっており、そもそも残業がほとんどなく、定時に帰ることができるという評判もあります。したがって、部署によって労働時間は異なっている状況ということです。しかし、全体として東京ガスの仕事が激務というケースはあまりなさそうです。忙しいときはあるとは思いますが、激務と感じるケースはほぼないということです。

 

東京ガスの就職における評判としては離職率のデータはあるようで、およそ1%となっています。したがって、辞める人はほとんどいないので、それだけ労働環境がきちんと整備されているということが言えると思いますし、魅力的な職場と言えるのでしょう。休日もきちんと用意され、基本的に週休2日制となっていますけど、有給休暇もきちんと消化できるような状況ですから、全体的に東京ガスの就職の評判は高いでしょう。離職率の低さがそれを表しています。東京ガスの就職の評判は簡単に紹介するとこういった感じです。東京ガスの仕事が激務ということはあまりないと思いますけど、部署によって異なるので、人によっては忙しいと感じることもあるでしょうし、そういう想定も必要です。しかし、東京ガス離職率なども含めて、かなり評価されている会社なので、そういったところは東京ガスの就職における難易度に関係するでしょう。やはり倍率が上がりやすい原因になる可能性がありますから。東京ガスに就職したい人はしっかりと会社の実態を理解して、そのうえで受験をしてほしいです。

 

東京ガスの就活ハンドブック〈2020年度〉 (会社別就活ハンドブックシリーズ)

東京ガスの就活ハンドブック〈2020年度〉 (会社別就活ハンドブックシリーズ)

 

 

あわせて読みたい記事