特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

タイトーの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

ゲームソフトの開発やゲームセンターなどの運営事業をやっているタイトーはかなり有名な会社です。ゲーム業界では相当知名度がありますし、街中ではタイトーステーションなどのゲームセンターが見られるので、知っている人は多いと思います。そんなタイトーに就職したいという人がいれば、その難易度について知っておいてほしいです。タイトーの就職の難易度はどうなっているのか?というのは気になるでしょう。ただ、タイトーの就職の倍率に関してデータがないので、倍率が分からないということは難易度も分からないということになります。タイトーに就職するには恐らくそれなりに高いであろう倍率を突破しないといけないのですが、具体的な数字は分からないのです。タイトーの採用試験の難易度に関しては、他にも重要な面があって、学歴フィルターの面が必要です。

 

タイトーの就職では学歴フィルターはあるのか?

タイトーに就職するにはいろいろな選考を突破していかないといけませんけど、学歴フィルターがあると、それ自体が1つの選考になります。タイトーの採用試験の難易度に関係します。タイトーの就職では学歴フィルターはあるのか?に関しては、本当は倍率を見ると推測しやすかったですけど、タイトーの就職の倍率は分からないので、採用実績校から判断していきたいと思います。タイトーの就職の採用実績校のデータはあるので、そこからある程度判断ができる可能性があります。採用実績校を見ると、大学のランクで言えばFランク大学にあたると思われる名前もありますし、美大もありますから、そういったところを考慮すれば、タイトーの就職では学歴フィルターはないのではないか?と思われます。実際、タイトーの就職の倍率が高くはない可能性もあり、学歴フィルターの必要性がないというケースもあるでしょうし。学歴や大学名に関して固執するような業界ではない気もしますから、タイトーの就職では学歴フィルターはないと見て良い気がします。

 

しかし、学歴フィルターがなくても、タイトーの就職で学歴や大学名をチェックしないということではないと思います。だから、タイトーに就職したい人はそういったことも知っておきましょう。タイトーの就職では学歴や大学名に関して、合否に関係する可能性はありますが、そういった部分は考慮はするでしょうけど、重要な部分は違うところにあるはずです。基本的には人物重視の採用になると思うので、面接試験の評価などが重要でしょう。だから、学歴や大学名が見られるときには、評価として加味される割合は低いと思うので、あまり気にしないで良い気がします。タイトーの就職の志望動機や自己PRなどをしっかりと考えて、対策をしていく方が重要でしょう。こちらは努力ができますから。学歴や大学名は今からどうしようもないので。あとはタイトーの就職の評判について知っておいてほしいです。社員の口コミから仕事の状況などを把握しておくと良いでしょう。タイトーの仕事は激務なのか?とか、そういった部分は気になるはずですから。タイトーの就職における難易度とは別にこういう情報もチェックしておきましょう。

 

タイトーの就職の評判はどうなっている?

タイトーの就職の評判に関してはまずは給料に関して知っておきましょう。タイトーの平均年収は600万円ほどです。したがって、割と高いということが言えます。タイトーに就職するにはいくつかの選考を突破しないといけませんけど、平均年収がそれなりにあるので、結構人気かもしれないです。つまり、タイトーの就職における倍率は結構あるかもしれないということです。働き方の評判を見てもそれは実感できるかもしれません。タイトーの社員の口コミを見ると、労働時間に関しては全体的には多くなく、むしろ残業代を得るために意図的に残業をしている人もいるくらいで、労働時間は標準的であり、激務という雰囲気ではないようです。月の残業時間が10時間程度ということもあるようですし、タイトーの仕事は激務というケースは少なく、忙しい感じでもないかもしれないのです。ただ、アミューズメント事業として店舗での仕事になることもあるようなので、ゲームセンター等で働くときには、それぞれの店舗で仕事のやり方が変わることもあると思いますし、忙しいケースがあるかもしれないです。全体的には労働環境はかなり良いようですけど。

 

あとはボーナスは額はそれほど多くないようですけど、ちゃんと出るようですし、サービス残業もありません。したがって、残業代もちゃんと出るという評判があるので、全体的には信頼できる会社ではないか?と思います。そもそも残業自体が多くないようですから、残業代が出ても微々たるものかもしれませんが。だからこそ、先ほど述べたように、わざと残業をして残業代を稼ごうとする人が出てくるのでしょう。会社としては残業を削減しようとする取り組みは結構本気で、残業が多い社員ランキングを社内で公表しているという口コミもあります。珍しい取り組みかもしれませんが、タイトーの就職の評判として知っておくべきと言えるかもしれません。タイトーの仕事は忙しいときはあるはずですし、全体的としては激務ではないということは言えても、瞬間的には忙しいと感じるときはあるでしょうから、そういった想定は必要だと思います。しかし、世間一般の会社と比べたら、ホワイトな職場なんじゃないか?と思います。激務に感じるケースは少ないと思います。全体的にタイトーの就職の評判は良いですね。ゲーム業界では大手の会社ですし、ある程度は安定していると言えると思います。タイトーに就職するには難易度は高いと思いますが、しっかりと対策をして、準備をしたうえで受けていくと良いでしょう。

 

内定勝者 私たちはこう言った!  こう書いた!  合格実例集&セオリー2020 エントリーシート編

内定勝者 私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2020 エントリーシート編

 

 

あわせて読みたい記事