特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

ダイハツ工業の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

ダイハツ工業の就職の難易度を知っておきましょう。ダイハツ工業に就職したい人は数多くいると思うので、その難易度を把握しておくことが重要になりますから。ダイハツ工業はかなり大手の会社で、自動車業界の中でも有名な会社になります。そういったところから、就活生の人気はかなり高いでしょう。ダイハツ工業に就職したい人は倍率を知っておくべきと言えますが、ダイハツの就職の倍率は公開されていないようです。したがって、ダイハツの就職における難易度は正確には分かりません。間違いなく倍率は高いはずです。超有名企業ですし、業界自体が人気だと思いますし。ダイハツの採用試験の難易度についてはそういった感じですが、気になるのは学歴フィルターがあるのか?ということです。自動車業界では、有名企業が多いので、学歴フィルターがあるのではないか?と思っている就活生も多い気がします。

 

ダイハツ工業では学歴フィルターはあるのか?

ダイハツ工業に就職したい人に関して、学歴フィルターがあるか?どうかを判断するには採用実績校を見ると良いです。本当はダイハツ工業の就職の倍率を確認して、そこから学歴フィルターの有無を判断したいのですが、そういった情報がないので、採用実績校を見るのが良いのです。ダイハツ工業の就職の倍率は非常に高いと思いますけどね。採用実績校を見ると、どのランクの大学まで採用があるのか?が分かるので、ダイハツ工業の就職で学歴や大学名を気にしているのか?が判断できる場合があります。実際、どういった採用実績校があるのか?というと、大学に関しては大東亜帝国まで採用があります。あとは高等専門学校があります。こういったところを見ると、学歴フィルターがあるという可能性は低いのではないでしょうか?ただ、ダイハツ工業の採用はほとんどが理系です。全体の8~9割は理系なので、理系だと学歴フィルターがある印象はあまりないというのもあります。文系でも採用はありますが、一部ということが言えます。ただ、全体的に言えば、ダイハツ工業の就職では学歴フィルターはないと思います。

 

ただ、学歴や大学名をチェックしないということではないでしょう。ダイハツ工業の就職の難易度に関係するところでは、学歴や大学名は加味される可能性はあります。学歴フィルターとしてはないかもしれませんけど。学歴や大学名は大手企業になるとどこも見る可能性がありますから。ダイハツ工業の就職においても学歴や大学名は見るでしょう。ただ、そんなに合否に大きな影響は与えないのではないか?と思います。ダイハツ工業における就職では学歴や大学名はそういった状況ということです。あとはダイハツ工業の就職の評判について知っておく必要があります。ダイハツ工業の社員の口コミに関して知っておく必要があるので、そういったことについてここでも紹介していきます。ダイハツ工業の就職における難易度も重要ですけど、仕事が激務なのか?とか、そういった点も知っておきたいでしょうから。

 

ダイハツ工業の就職の評判はどうなっている?

ダイハツ工業の就職の評判に関して知っておきたいですが、まずは平均年収を見ておきましょう。ダイハツ工業の平均年収はおよそ700万円弱くらいとなっているようです。世間一般的に言えば高い水準と言えるでしょう。そして、働き方に関してはどうか?というと、ダイハツ工業の仕事はそれなりの労働時間となっており、残業は月に45時間程度は平均してあるそうです。どんなに遅くても22時までの労働となっており、労働時間を削減しようとする姿勢もあるようですけど、現状は残業時間はそこそこあるということです。激務と言えるか?は微妙ですけど、ダイハツ工業の仕事は忙しいと言える可能性はあるでしょう。残業代は全部出るようなので、サービス残業はないということが言えると思います。ここはダイハツ工業の就職の評判として大きいでしょう。そして、有給休暇に関してはかなり取りやすい状況になっていると言えます。ダイハツ工業の社員の口コミを見ると、有給休暇に関しては不満の声はほぼないです。

 

というのも、ダイハツ工業では有給休暇をある意味強制的に使わないといけない状況が存在しているようなのです。年間で18日は最低でも使わないといけないようになっており、有給休暇を使いづらい雰囲気は全くなく、使わないといけない雰囲気の方があるようなのです。ダイハツ工業の就職の評判ではそこも大きいと思います。仕事は激務まで行くことはあまりないと思いますけど、職種とかによって違うでしょう。だから、こういった口コミは参考程度に考えておいてほしいです。平均すると残業時間は月に45時間程度ですが、時期によって、人によって異なる部分もあると思いますから。ただ、社内全体として共通する部分として、サービス残業はないという部分と有給休暇は使いやすいという部分は覚えておきましょう。ただ、少し気になる点を挙げるとすれば、祝日が休みにならないってことです。土日は休みみたいですけど、祝日が休みじゃないので、その日に有給休暇を使う人も結構いるみたいです。こういったところがダイハツ工業の就職の評判です。簡単に紹介しましたけど、仕事は忙しい雰囲気は全くないわけではないが、激務というほどではなさそうです。それでも瞬間的に忙しい時はあるはずで、そういった想定はしておきましょう。ダイハツ工業の就職における難易度などに関しても重要ですけど、こういう情報も把握したうえで受験をしていってほしいと思います。

 

ダイハツ工業の就活ハンドブック〈2019年度版〉 (会社別就活ハンドブックシリーズ)

ダイハツ工業の就活ハンドブック〈2019年度版〉 (会社別就活ハンドブックシリーズ)

 

 

あわせて読みたい記事