特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

川崎重工業の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

川崎重工業の就職の難易度に関して理解しておきましょう。割と就活生に人気の企業で、かなり大きな会社でもあります。従業員数が1万5000人を超えており、川崎重工業に就職したいと考えている人もかなりいるでしょう。そんな川崎重工業に就職するにはどういった難易度になっているのか?というのはかなり重要です。川崎重工業の就職の倍率を知ることで、難易度を把握することができます。川崎重工業の就職における倍率は200倍程度となっています。したがって、かなり高いです。川崎重工業の就職の難易度はかなりのレベルと言えます。川崎重工業の採用試験の難易度に関してそういった状況なので、そこは知っておいてほしいですけど、やはり倍率がすごい高いので、相当な難易度になっています。あと、重要なのは学歴フィルターの存在です。川崎重工業の就職では学歴フィルターはあるのか?というのはかなり重要なので、そういった面について、まずは把握しておきましょう。

 

川崎重工業の就職では学歴フィルターはあるのか?

川崎重工業の就職の倍率は200倍程度と、かなり高いですけど、そういった中で学歴フィルターはあるのでしょうか?川崎重工業の就職における難易度として非常に重要です。学歴フィルターの有無に関しては、川崎重工業の就職の採用実績校をチェックすると良いです。川崎重工業では理系のみならず、文系も総合事務職として採用されているのですが、文系に関しては採用実績校を見る感じでは、有名大学のみの記載となっています。国公立大学とMARCH以上の大学となっており、高学歴が目立ちます。理系に関しては芝浦工業大学あたりまでは掲載がありますが、それ以下のランクの大学は載っていないと思われます。文系、理系ともにそれなりに難しい大学のみが載っており、こういった状況だと川崎重工業の就職では学歴フィルターがないとは言い切れません。ただ、あるとも言えませんが。倍率が200倍となると、何らかの足きりはあるのではないか?と思いますが、それが学歴フィルターである可能性もあるということです。

 

だから、川崎重工業の就職の採用実績校を見ると、学歴フィルターがある可能性はありますけど、学歴フィルター以外で足きりをしている可能性もあるので、川崎重工業の就職の採用実績校では、学歴フィルターがあると断言はできないものの、ないということも断言できないのです。理系に関しては学歴や大学名で選ぶという傾向は考えづらい気もしますが、文系は分からないです。川崎重工業の採用試験の難易度に関係しますから、しっかりと把握しておいてほしいですけど、川崎重工業の就職では学歴フィルターの可能性は一応あるということです。どっちにしろ、川崎重工業の就職では学歴や大学名を見るとは思います。学歴フィルターという形ではないとしても、川崎重工業の就職では学歴や大学名はチェックすると思うので、合否に関係するということは想定しておきましょう。そして、川崎重工業の就職の評判も把握しておいてほしいです。川崎重工業の社員の口コミを見ると、結構いろいろな情報が分かります。川崎重工業に就職したい人は入社後の働き方について知っておいてほしいと思うのです。川崎重工業の仕事は忙しいか?激務か?という部分や給料面などに関して詳しく知っておいてから、受けてほしいと思います。

 

川崎重工業の就職の評判はどうなっている?

川崎重工業の就職における難易度を確認したら、あとは評判についても知っておきましょう。川崎重工業の社員の口コミから紹介していきますが、まずは川崎重工業の平均年収についてです。平均年収は700~800万円くらいとなっているので、世間の平均と比べたら高いです。そういったところは川崎重工業の就職の評判としても大きいと思います。あとは働き方についての口コミになりますが、川崎重工業の仕事は激務なのか?というのは気になるでしょう。労働時間はそんなに長くないという印象です。残業時間に関しては少ないという口コミもありますから。そして、週に1回はノー残業デーがあって、その日には基本的には残業できないようになっています。また、職場の雰囲気として残業しづらい感じなので、激務にはなりづらいようです。部署にもよりますけど、会社全体として忙しい空気ではないのかもしれないです。ただ、残業代に関しては全部出るという口コミと一部しか出ないという口コミがあるので、川崎重工業の就職の評判としてそこは気になるでしょう。

 

そして、有給休暇に関しては割と取りやすいという口コミが多いですが、それぞれの上司によっては取りづらい可能性もあるようで、部署によりけりということも言えるかもしれません。ただ、そういったところは一部だと思いますけどね。したがって、川崎重工業では有給休暇は比較的取りやすい方だと思うのです。川崎重工業の仕事は激務になるケースは少ないとは思いますけど、結局は部署によって体感が異なることはよくあるので、川崎重工業の就職の評判に関しても満足できる働き方をしている人ばかりではないでしょう。間違いなく川崎重工業の仕事が忙しい人たちもいるはずなので、全体的には良い口コミも多いと思いますけど、激務に感じる部署もあるという想定でいた方が良いとは思います。川崎重工業の就職の倍率は非常に高いですし、難しいと言える会社なので、こういった口コミをしっかりとチェックして、会社の実態を少しでも理解していくと良いでしょう。川崎重工業の就職の評判を少しでも理解しておくと、そこから企業研究につながる可能性もありますし、面接対策として志望動機や自己PRを考えるときに役立つ可能性もあります。川崎重工業に就職したい人はいろいろな角度から情報を集めて受験をしていきましょう。

 

川崎重工業の就活ハンドブック 2019年度版 (JOB HUNTING BOOK 会社別就活ハンドブックシリ)

川崎重工業の就活ハンドブック 2019年度版 (JOB HUNTING BOOK 会社別就活ハンドブックシリ)

 

 

あわせて読みたい記事