特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

京王電鉄の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

京王電鉄は大手の鉄道会社として、日ごろから利用している人も多いのではないか?と思いますが、京王電鉄の就職の難易度はどれくらいでしょうか?京王電鉄に就職したい人はその難易度を理解しないといけないのですが、京王電鉄の採用試験の難易度に関して知っておくときには倍率が重要です。京王電鉄の就職の倍率に関しては非常に重要ではありますけど、その数字は公表されていないようです。したがって、京王電鉄の就職の倍率に関しては想像でしか分からないのですが、大手の鉄道会社ということもあって、倍率は結構あると思います。採用人数も多いと思うので、意外と京王電鉄の就職の倍率は上がらないかもしれませんけど。でも、京王電鉄に就職したい人は難易度は高いということは想定しておいてほしいです。

 

京王電鉄の就職では学歴フィルターはあるのか?

京王電鉄の採用試験は京王グループとしての全体での採用ページがあるのですが、グループ内の各会社ごとの個別に採用されるのではないか?と思われます。そして、京王電鉄の就職における難易度として重要なのは学歴フィルターです。京王電鉄に就職するには学歴フィルターの有無が重要になります。京王電鉄の採用試験の難易度で重要なのは学歴フィルターですけど、京王電鉄の採用試験の倍率が不明なため、正確な予想ができません。倍率が高い会社ほど学歴フィルターの可能性が高まりますが、そういったデータがないので。そうなると、京王電鉄の採用実績校を参考にするのが良いと思います。京王電鉄の就職の採用実績校に関しては、文系も理系もFランク大学と思われる大学からの採用があるので、基本的には学歴フィルターはないのではないか?と思います。京王電鉄の採用試験の難易度において非常に重要な部分ですけど、学歴フィルターがあるのか?というのは非常に重要ですけど、恐らくないのではないか?と思います。これは予測ですけどね。京王電鉄の就職における倍率が分からないので、予想という形にさせてもらいます。

 

京王電鉄の就職では学歴や大学名を見ないというわけではないでしょうけど、こういった会社では学歴や大学名よりも別のところを重視するということだと思います。基本的に現業職を担うことになるので、京王電鉄の就職では学歴や大学名よりも、適性のようなところを見ていくのではないでしょうか?京王電鉄の採用試験の難易度で重要な学歴フィルターに関しては恐らくないと思いますけど、適性のような部分は見られていると思うので、主に人物試験などではそういったところを意識しておきましょう。結局は面接が重要ですから、学歴や大学名が良いに越したことはないかもしれませんけど、京王電鉄の就職では人間性とか、潜在能力といった面が重要ということなのです。あとは京王電鉄の就職の評判も重要です。京王電鉄の就職における倍率は高いと思うので、試験の対策も重要ですけど、入社してからどういう働き方をするのか?に関してはちゃんとチェックしておいた方が良いですから。京王電鉄の社員の口コミからそういったところをチェックしていきましょう。

 

京王電鉄の就職の評判はどうなっている?

京王電鉄の就職の評判をチェックするには、社員の口コミが特に重要です。まずは京王電鉄の平均年収について見ていきますが、こちらはデータがあります。京王電鉄の平均年収は700万円程度なので、かなり高いです。京王電鉄に就職したい人が多くいると思いますが、平均年収は魅力的でしょう。京王電鉄の仕事は激務なのか?ということについては、口コミを見ると分かりやすいです。鉄道会社はどの会社もある程度働き方は共通している部分が多いです。勤務形態が不規則になりやすいのと泊まり込み勤務などがあるので、京王電鉄の仕事はある程度は忙しいです。不規則かつ長時間労働になりやすいので、激務か?どうかはともかくとしても、ある程度は忙しい毎日になります。ただ、京王電鉄の場合には36協定の範囲内での仕事になるようにしっかりと管理されているため、残業時間は多くても月に45時間程度になっているということで、それなりに残業はありますが、むちゃくちゃ多いわけではないのです。長時間労働になりすぎないように配慮がされているので、そこを評価する声は多くあります。だから、京王電鉄の仕事が激務に感じるか?は人によって違うと思いますが、激務までは行かない可能性があります。

 

ただ、鉄道会社の仕事は一般の企業とは異なる部分が多く、生活リズムに慣れるまでは結構忙しいという感覚になりやすいと思います。そういった部分はあるものの、全体的には激務の程度は越えないんじゃないか?ということです。あと、有給休暇に関しては取りやすいが、ある程度前もって申請をしておくことが求められるとされています。要するにギリギリではなく、日程に余裕を持たせたうえで申請をするとほぼ許可されて取りやすいということみたいなのです。そして、有給休暇とは別に特別休暇という制度があり、3か月に1度、社員に1人あたり4,5日の休暇をとれるようになっています。これはありがたいですよね。そして、この特別休暇は1日分が1万円程度で換金もでき、かなり恵まれた制度になっているので社員の口コミでもかなり評価されているのです。京王電鉄の仕事は忙しい時はあると思いますが、それでも京王電鉄の仕事が激務となるようなことはあまりなく、労働時間に関してはちゃんと考えられているので、心配ないでしょう。それ以外でも社員に人気の制度があったりと、京王電鉄の就職の評判はかなり高いです。そういった評判に関しても把握すると、京王電鉄に就職したいというモチベーションが上がるでしょう。京王電鉄の就職における難易度は高いと思いますけど、入社後の情報もしっかりと調べたうえで受験をしていきましょう。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をする際に使うナビサイトについてはいろいろなものがありますけど、多くの学生は有名どころを使っていると思います。しかし、知名度がないものの中にもおすすめのところがあるので知っておきましょう。例えば、「キミスカ 」はというナビサイトはメリットが特に大きいのです。このキミスカは学生が自分で企業を検索して気に入ったところにエントリーを送るという従来の形ではなく、キミスカを通じて採用活動をしている企業側が、キミスカに登録している学生の中から気に入った人材にスカウトを送るという形なのです。この特殊な形態のキミスカはある大きなメリットを生むことになります。普通ならば学生は自分が気に入った企業にエントリーし、そこを受けていきますが、企業側が自分を気に入るか?は分かりません。通常は多くの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、必要と思ってもらえなかった企業をたくさん受けてしまったことになるのです。でも、キミスカは企業からのスカウトがスタートになるということで、仮にスカウトが実際に届いたときには、その企業は自分に関心を持っていることが確定します。少なからず関心がなければスカウトは送ってきませんから。

 

すると、その企業を受けるということをすると、内定が少しでも取りやすい企業を受けることができます。だって、その企業は自分にすでに関心を一定程度持っているわけですから。そこがキミスカのメリットということになります。また、キミスカではスカウトが着た企業を受けることで一次選考や二次選考をパスして受験できるということがあり、このときには非常に優位な状況を作ることができ、内定に近づくことができるのです。こういったところがキミスカを利用するメリットになりますけど、キミスカは今まで使っていたナビサイトがあればそれも使いながら利用することができるので、併用が可能というのはかなりの魅力です。そして、多くの就活生はこのキミスカを知りませんから、他のライバルに差をつけたい人にとってはかなり重要な存在になるのです。キミスカはスカウトが絶対に来るとは言えないものの、プロフィールページを充実させるなどすることで、その確率を上げることはできます。無料の会員登録をすれば利用できますから、良かったら参考にしてみてください。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

内定勝者 私たちはこう言った!  こう書いた!  合格実例集&セオリー2020 エントリーシート編

内定勝者 私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2020 エントリーシート編

 

 

あわせて読みたい記事