特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

Z会の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

Z会に就職したいという人も多くいると思います。Z会は大手の教育業界の会社で、大学生あたりの年齢の人たちにとってはかなり馴染みがあるでしょう。過去に利用していたという人もいると思いますし。Z会に就職したい人はその難易度を知っておく必要があります。Z会の就職の難易度になりますが、倍率が公開されていないので、確実にその難易度を知るのは難しいですが、そこまで高いとは思いません。人気がある業界とは言い難いので、Z会の就職の倍率はそこまで高くはないと思います。採用人数は例年15人前後って感じですから、そこそこあります。多い年で20人くらいです。Z会の採用試験の難易度については、採用人数などから推測すると、そこまで高いとは思いませんけど、Z会の就職の倍率が低いとは思えないので、それなりに難しいでしょう。Z会に就職するにはまずは学歴フィルターの部分が重要になります。Z会の採用試験の難易度について、まずは学歴フィルターの有無に関して知っておきましょう。

 

Z会の就職では学歴フィルターはあるのか?

Z会と言えば大学受験に関する事業も行っており、通信教育や出版を通じてそういった受験生、高校生のサポートをしています。なんとなく学歴や大学名にこだわりがあるのではないか?という想像もあるかもしれませんけど、実際どうなんでしょうかね?Z会の就職では学歴フィルターはあるのか?というと、なんとなくですけど、ないと思います。Z会の採用実績校の一覧をチェックすると、美大からの採用があります。したがって、Z会の採用実績校を見ると、有名大学のみがほぼ載っており、私大で言えばMARCHや関関同立あたりが最低ラインにも見えてきますが、美大も載っているので、美大からの採用があるということは学歴フィルターの可能性は低くなったと思います。Z会の就職の倍率が分からないので、学歴フィルターの有無に関して、正確な判断はできませんけど、採用実績校から察すると学歴フィルターはない気がします。Z会の就職における難易度を掴むときには学歴フィルターがあるか?どうかは重要ですが、そういった感じです。多分、学歴フィルターはないのではないか?と思います。できれば、Z会の採用試験の倍率を知りたいところですが、倍率を公開している会社はかなり少ないですから。ただ、学歴や大学名に関して合否に関係はするんじゃないか?と思います。

 

Z会の就職においては学歴や大学名はチェックされないわけではなくて、一応見ているとは思います。しかし、学歴フィルターのようにそれだけで合否を決めるということはないのです。Z会の就職では学歴や大学名を見るとしても、そこまで重要視するか?は分かりません。結局は人物重視の面もあると思うので、Z会の就職では面接の結果が重要ということでしょう。高学歴、有名大学であることに越したことはありませんが、重要視すべきなのはそういったところになります。Z会の就職では学歴や大学名に自信を持っていても、別の部分を磨いていきましょう。Z会の就職における難易度はそれなりに高いと思いますから。Z会の採用試験の倍率は分かりませんけど、難しいということは言えると思います。Z会の就職の難易度に関してはこういった感じですけど、Z会の就職の評判に関しても知っておきましょう。仕事が激務なのか?とか、そういったことは入社する前に知っておかないといけません。Z会の社員の口コミからそういったところを知っておきましょう。

 

Z会の就職の評判はどうなっている?

Z会の就職の評判においてまず知っておくべきことは平均年収です。Z会の平均年収はどれくらいなのか?というと、およそ600~700万円程度となっています。この数字は世間の平均からすると高いでしょう。Z会の平均年収についてはそういった数字になっているのです。Z会の就職の働き方に関する評判を知っておいてほしいのですが、Z会の仕事に関してはある程度は忙しい面はあるものの、激務という雰囲気はなさそうです。原則として20時には仕事を終えて帰らないといけないようになっているので、20時以降の残業はほとんどありません。絶対にないというわけではないものの、20時以降も仕事をしないといけないケースは限定的です。あとはフレックスタイム制となっているので、就業時間帯は個人によって異なっており、柔軟な働き方がしやすいので、そういったところは評判になっています。有給休暇の使用もしやすい環境となっていますが、Z会では祝日も出勤となっているので、社員は祝日に有給休暇を使う日も多いみたいなので、あまりお得な感じはしないという口コミもあります。でも、社内全体での有給休暇の取得率はかなり高く、そこに関してはZ会の就職でも評判は高くなっています。激務な雰囲気はあまりないものの、部署によってはちょっと忙しい面もあるようです。

 

特に教材を作っているようなところでは、社内でも特に激務になりやすいというか、忙しい面が露呈しているようです。慢性的に人材が足りていないとされていて、少ない人数での業務になっているので、残業が特に多い部署のようです。部署によって忙しい程度が違うというのは、どの会社でもあり得る話ではありますが、Z会では教材を作るところに関しては激務になりやすいと、一部ではありますが、そういう部署もあるということなのです。しかし、全体的に言えば、Z会の仕事が激務という雰囲気は口コミを見ている感じではあまりないです。Z会の仕事では忙しい部分はどの部署でもあるとは思いますけど、その程度は部署によって差があるということなのです。Z会の就職の評判を見る感じでは激務という雰囲気はあまりないので、働きやすさも感じられる職場なのではないか?と思います。良い口コミもありますから、評価はして良いと思います。Z会に就職したい人はこういった評判も把握してから、受験していきましょう。Z会の就職における難易度はそれなりに高そうです。倍率はちょっとわからないものの、難しいと思います。したがって、しっかりと会社については調べたうえで受けてほしいので、こういった情報も把握しておくと良いと思います。

 

内定勝者 私たちはこう言った!  こう書いた!  合格実例集&セオリー2020 エントリーシート編

内定勝者 私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2020 エントリーシート編

 

 

あわせて読みたい記事