特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

大東建託の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

大東建託グループに就職したい人は、まずは会社の就職の難易度に関して知っておきましょう。大東建託の就職の難易度を知ることが重要ですから、そこから始めてほしいと思いますが、大東建託の就職の倍率が恐らく公開されていないため、正確な難易度を測るのは難しいと言えると思います。大手企業なので、それなりに大東建託の採用試験の倍率は高いと思います。したがって、基本的に大東建託の採用試験の難易度は高いでしょう。採用人数が多ければ、大東建託の就職における倍率も上がりにくいですけど、正確な数字が分からないので、そういった感じだというのはまず知っておきましょう。しかし、大東建託に就職したいならば、他にも知っておかないといけないことがあるのです。それが学歴フィルターの存在です。学歴フィルターがあるのか?という部分は多くが気になるでしょうし、知っておいてほしいと思います。

 

大東建託の就職では学歴フィルターはあるのか?

大東建託の就職における難易度として重要です。大東建託の就職の倍率が分かれば、その辺は判断しやすいのですが、現実的に倍率が分からないということで、別の情報を使って、学歴フィルターの有無を判断しないといけないとなります。大東建託の就職の採用実績校のデータを見ると良いと思うので、そういったところをチェックしていきましょう。大東建託の就職の採用実績校に関しては、どういった大学名が並んでいるのか?というと、大学のランクは幅広いです。全体的に見ると、一般的に知名度があまりない大学名も多くあるので、そういった意味ではFランク大学と思われるところからも採用があると言えます。そうなると、大東建託の就職では学歴フィルターはないんじゃないか?という推測になります。もともと建設業界で学歴フィルターがあるというイメージはあまりわきませんけど、大東建託の就職の難易度に関係しますから、こういった部分はしっかりと調べておかないといけないのです。大東建託の就職における倍率が分かればいいのですが、そういった情報がありませんから、採用実績校から判断するしかないと思います。

 

大東建託の就職では学歴フィルターはないと思いますけど、難しいとは思います。学歴フィルターがないということは、結局多くの学生が選考に残るので、それだけ最初の大東建託の採用試験の倍率が高い状態からのスタートになりやすいですから。大東建託の採用試験の難易度として、こういったところは重要ですが、大東建託の就職では学歴や大学名はチェックする可能性はあります。学歴フィルターとしては利用しないが、選考の中で学歴や大学名をチェックして、それを合否の基準に一部使用する可能性はあるかもしれないので、その想定でいた方が良いと思います。学歴や大学名を一切見ないという会社は少ないと思いますし。大東建託の就職の難易度において、そこも関係してきます。大東建託に就職したい人はそういった情報も考慮してほしいですけど、さらには大東建託の就職の評判も知っておくと良いです。大東建託の仕事は激務なのか?といったことも気になるでしょうし、職場の雰囲気などを理解したうえで受験をしていきましょう。大東建託の社員の口コミを参考にしていくと良いと思うのです。こういった情報も重要なので、チェックをしておいてほしいです。

 

大東建託の就職の評判はどうなっている?

大東建託の就職の評判を知っておきましょう。大東建託の就職における難易度とは別にこういったところも把握してから受験してほしいのです。まずは大東建託の平均年収になりますけど、大東建託の平均年収はおよそ900万円となっています。かなり高いです。この平均年収はかなり評判が良いです。しかし、問題は働き方です。大東建託の社員の口コミからそういったところをチェックしていきましょう。大東建託の仕事は激務か?といったところも知っておいてほしいです。こういった部分は社員の口コミを見ると分かりやすいですけど、大東建託での仕事は全体的に忙しい感じですね。現場での仕事それ以外ではまた違いもあるでしょうけど、割と残業が多い職場のようです。毎日平均して2時間程度はあって、さらに土日のどちらかも出勤しないといけないとか。毎週1回のノー残業デーがあるが、事実上形骸化しているという口コミもあります。こういった評判を見ると、大東建託の仕事はかなり忙しいのか?と、激務なのか?と思うかもしれないですけど、別の口コミだと残業時間に対する規制がちゃんと働いていたり、管理が徹底されているという声があるので、人によって評価が異なります。激務に感じる人もいれば、そうじゃない人もいるのです。全体的に言うと、忙しい感じの口コミが多いですが、ある程度満足しているという感じの口コミもあります。現場とか、営業職は忙しい感じです。結局職種によって異なる面があるので、人によって満足度が違うのはしょうがないと思います。

 

ただ、全体的に以前と比べて、少しずつ改善の兆しが見えるという口コミもあるので、少しずつ会社が変わろうとしている雰囲気を感じ取っている人が多いのです。残業時間が多いと答えている人も、最近はマシになったとか、以前より減ったとか、そういったことを答えている人もいますから。だから、大東建託の仕事は激務な面はまだあるかもしれませんが、会社は改善の努力をしているという評価もできるのかもしれないです。あと、事務職は最も楽みたいです。土日は確実に休めるし、労働時間も社内では少なめだということです。平均年収が高いので、大東建託の就職の評判に関してはある程度のものはあるでしょう。それに徐々に改善してきている面があるので、そういった意味でも期待の面もあると思います。事務職以外では、大東建託の仕事は忙しいときは絶対にあるし、激務に感じるときもあるとは思いますが、今はどの会社も激務な面はあるはずですから、大東建託が特別ってわけじゃないと思います。忙しいのが当たり前の状況では、そんなに珍しいことではないと思うのです。大東建託に就職したい人はこういった評判も含めて判断をしてから、受験していきましょう。大東建託の採用試験の倍率はある程度は高いと思います。したがって、大東建託の就職の難易度もそれなりにあるので、しっかりと事前に会社のことについて調べて、企業研究をしたうえで受けていきましょう。そのときにはこういった会社の実態に関しても知っておくと良いと思います。

 

 

内定勝者 私たちはこう言った!  こう書いた!  合格実例集&セオリー2020 エントリーシート編

内定勝者 私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2020 エントリーシート編

 

 

あわせて読みたい記事