特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

大塚商会の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

大塚商会グループと言えば、IT業界で特に名のある会社です。主に通販事業を通じて名を上げており、CMなどでお馴染みの会社と言えます。大塚商会に就職するにはかなり難易度があると思います。大手の会社ですし、多くの就活生が応募してくるのではないか?と思います。大塚商会の就職の難易度については、大手企業ということもあって間違いなく高いとは思いますけど、就職の倍率がそこまで高いとは限りません。就職の倍率に関しては、意外と高くない可能性があります。グループ会社なので、それなりに採用人数が多いということも言えます。大塚商会の就職の倍率に関しては正確な数字は公開されていないと思うので、分からない面もあります。ただ、採用人数は毎年200人以上となっているので、全体としての大塚商会の就職の倍率はそこまで高くはない可能性があります。大塚商会の就職の難易度に関してはさらに踏み込んだところまで詳しく知っておきましょう。

 

大塚商会の就職では学歴フィルターはあるのか?

大塚商会の就職の倍率は正確には分かりませんし、採用人数が多いので、倍率がそこまで高いとは限らないものの、倍率が低いとも言えないと思いますから、大塚商会の就職では学歴フィルターがあるのではないか?と考える人もいるでしょう。大塚商会の就職では学歴フィルターはあるのか?と言えば、可能性としては低いと思います。大塚商会の就職の就職では採用実績校が公開されているので、そこを見ておくと、いろいろな大学名が載っています。大塚商会の就職の倍率から言えば、学歴フィルターがありそうな気はします。倍率は結構高そうですし。大塚商会に就職するには学歴や大学名は重要なのか?と思うかもしれませんけど、恐らくそこまで重要視はしていないのではないか?と思います。大塚商会の就職の採用実績校を見ると、大学のランクに関してはかなり幅広いです。大東亜帝国と同等か、それ未満と思われる大学名も載っているので、そういったところを見ると、大塚商会の就職で学歴フィルターがある可能性は低い気がします。

 

大塚商会の就職の難易度に関係するので学歴フィルターがあるか?どうかというのはかなり気になると思いますけど、採用実績校を見ると学歴フィルターがないと断言できるものではありませんが、可能性は低いと思います。大塚商会の就職では学歴や大学名を全く見ないとは言わないが、そんなに気にしている感じではないので、大塚商会の就職の倍率が高いとしても、別の方法で足きりをしているのでしょう。学歴や大学名は合否に関係あるといっても、関係する割合は低いと思います。学歴や大学名にこだわりがあるような感じではないので、そこまで重要とは考えていない可能性があるのです。大塚商会の就職では学歴や大学名が良いに越したことはないでしょうけど、結局は人物重視なので、そういったところを踏まえて対策をしないといけないのです。大塚商会に就職するには面接などにおける対策が重要になります。大塚商会の就職の難易度は高いでしょうから、しっかりと準備をしてほしいと思います。大塚商会の就職の評判に関しても少し紹介をしていきます。大塚商会での仕事は忙しいか?といったことも想像しやすいですから、大塚商会の口コミからそういった部分について知っておいてほしいと思うのです。

 

大塚商会の就職の評判はどうなっている?

大塚商会の就職の評判を調べるときにはまずは平均年収からチェックしていきましょう。大塚商会の平均年収についてはやはり高い数字になっていて、800万円ほどあります。この数字は一般的な水準からすると高いです。大塚商会の就職の評判としてこういった点もまずは知っておくと良いと思います。大塚商会の評判に関して、働き方はどうなっているのか?というのも把握しておきましょう。大塚商会での仕事は激務なのか?忙しいのか?といった点は気になると思いますけど、大塚商会の口コミを見る感じでは、人によって結構言っていることが異なりますから。働き方に関しては人によって違うということが言えると思います。労働時間については10時間以内にほぼ収まるということを言う人もいれば、13~15時間くらいという人もいます。部署によって激務の度合いが変わるということなのかもしれないです。あとは残業代に関してもちゃんと出るという口コミもあれば、一部しか出ないという口コミもあります。あとは大塚商会では残業時間の上限が成績によって決まるという制度があるようで、成績の良い人ほど残業時間の上限が大きくなり、成績が悪い人は残業ができないようになっているようです。ただ、残業時間が多い人というのはボーナス査定のときに影響があるようで、どういうことなのか?と思うかもしれませんが、残業をできるだけしないように成績を上げることを社員に暗に示唆しているのではないか?と思われます。

 

だから、社内全体としては残業を良しとはしていない雰囲気のようです。あと休日出勤に関しても同じような状況で、全くないと答えている人もいれば、顧客の対応のために土日でも出勤しないといけないときがあるという口コミあるので、部署によりけりということなのでしょう。全体的に人によって言っていることが真逆ということがあるので、大塚商会の仕事は激務とも言い難いですが、激務に感じる人もいるということでしょう。大塚商会の評判を調べると、そういった特徴があるわけです。人によって言っていることが違うというのは特徴的でしょう。だから、実際に働いて見ないと何とも言えない部分はあるものの、大塚商会での仕事は忙しい瞬間はちゃんとあると、激務になるかもしれないというのは想定しておくべきでしょう。大塚商会の働き方の実態を知るには口コミが有効だと思いますが、そういったものから大塚商会の就職の評判を調べておくと良いでしょう。大塚商会の就職の難易度は高くて、倍率も高い可能性がありますが、会社についてきちんと理解をしたうえで受けていきましょう。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をする際に使うナビサイトについてはいろいろなものがありますけど、多くの学生は有名どころを使っていると思います。しかし、知名度がないものの中にもおすすめのところがあるので知っておきましょう。例えば、「キミスカ 」はというナビサイトはメリットが特に大きいのです。このキミスカは学生が自分で企業を検索して気に入ったところにエントリーを送るという従来の形ではなく、企業側がキミスカに登録している学生の中から気に入った人材にスカウトを送るという形なのです。こういった形で人材を採用するナビサイトというのは非常に珍しいですけど、このキミスカの特徴が大きなメリットを生むことになります。通常のケースでは学生は自分が気に入った企業にエントリーし、そこを受けていきますが、企業側が自分を気に入るか?は分かりません。通常は多くの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、必要と思ってもらえなかった企業をたくさん受けてしまったことになるのです。

 

でも、キミスカは企業からのスカウトがスタートになるので、スカウトが着たということは自分のことを少なからず必要だと、関心の高い人材だと思ってくれたということになり、その企業を受けることで内定が少しでも取りやすい企業を受けることができます。そこがキミスカのメリットということになります。また、キミスカではスカウトがきた企業を受けることで一次選考や二次選考をパスして受験できるということがありますから、そういったケースでは内定により近い状態で選考に挑めるので、相当なメリットと評価できます。こういったところがキミスカを利用するメリットになりますけど、キミスカは今まで使っていたナビサイトがあればそれも使いながら利用することができるので、併用が可能というのはかなりの魅力です。そして、多くの就活生はこのキミスカを知りませんから、他のライバルに差をつけたい人にとってはかなり重要な存在になるのです。キミスカはスカウトが絶対に来るとは言えないものの、プロフィールページを充実させるなどすることで、その確率を上げることはできます。無料の会員登録をすれば利用できますから、良かったら参考にしてみてください。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

内定勝者 私たちはこう言った!  こう書いた!  合格実例集&セオリー2019 エントリーシート編

内定勝者 私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2019 エントリーシート編

 

 

あわせて読みたい記事