特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

無印良品で有名な良品計画の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

無印良品と言えば、結構利用している人も多いのではないでしょうか?かなり有名なお店ですが、この無印良品を運営している企業は良品計画という会社です。この良品計画という会社は、社名よりは無印良品の方が有名だと思うので、あまり聞いたことがない人もいるかもしれませんけど、会社自体は大きいです。この良品計画の就職の難易度はどうなのでしょうか?無印良品を運営する良品計画の就職の難易度については、倍率が重要です。倍率がどれくらいなのか?というのを確認してほしいと思います。無印良品というか、良品計画の就職の倍率は50倍強くらいとなっていますから、やはり高いですけど、100倍越えの企業とかと比べたらまだ全然マシでしょう。良品計画の就職の倍率に関しては高いですけど、無印良品の就職の難易度については、まず倍率を把握しておくことが重要です。

 

良品計画の就職では学歴フィルターはあるのか?

無印良品が有名な良品計画の就職では学歴フィルターはあるのか?というのは重要です。学歴フィルターがあると、それだけ良品計画の就職の難易度が上がりますから。無印良品という店名がかなり有名ですから、そういった企業は人気です。就活生も応募をたくさんしてきます。その結果が良品計画の就職の倍率が50倍以上ということなので、この倍率は高いですけど、学歴フィルターがあると断言できるわけではありません。良品計画の就職の難易度に関しては、こういった点は重要ですから、しっかりと調べていきますが、良品計画の就職の採用実績校を見ていくと良いです。無印良品を展開する良品計画の就職の倍率だけではなくて、そういったところも含めると予測しやすいです。良品計画の就職の採用実績校を見ると、採用大学の傾向が見えてきますが、関西の大学も多く採用されており、本社は東京ですけど、関関同立産近甲龍を含めていろいろな有名私立大学からの採用があります。もちろん、関東の有名大学も多く採用されていますが。ただ、その中で一般的に言えば、Fランク大学に該当するのではないか?と思われる大学名も一部あるのです。

 

つまり、こういった状況を見ると、良品計画の就職では学歴フィルターはない可能性が高まります。学歴や大学名のこだわりは感じづらいのです。良品計画の就職の倍率からすれば学歴フィルターがあっても不思議ではないものの、良品計画の採用試験では恐らく学歴フィルターはないと思うのです。無印良品の就職の難易度において重要な部分ですけど、足きりをしていないか?別の方法でやっているか?ということになります。良品計画の就職では学歴や大学名が一切無関係とは言えないかもしれませんが、そこを重視している感じには見えません。無印良品が有名な良品計画の就職の倍率からすると足きりを必ずしもやらないといけないとは言えない気もしますし、そういったところも含めて学歴フィルターはないと思うのです。良品計画の就職では学歴や大学名を見ないということではないものの、採用ページには人物重視と書かれているので、結局は別のところを重視していくのではないか?と思います。人物試験が中心になるので、そういった部分から見えてくるところを合否の基準にすると思われます。無印良品の就職の難易度に関してこういったところも知っておきましょう。あとは良品計画の就職の評判という点も重要ですから、社員の口コミからそういった点についても把握してほしいです。

 

良品計画の就職の評判はどうなっている?

普段、無印良品を利用したことがあるような人はなんとなく雰囲気が分かるかもしれませんが、実際に働いたときと同じとは限りませんから、良品計画の就職の評判をチェックしてほしいと思います。良品計画の平均年収に関しては500万円ほどで、割と高い数字となっています。すごい高いわけではないですけど、それなりの平均年収と言えると思います。それ以外の口コミでは、仕事に関してということになります。良品計画のでの仕事内容は本部勤務と店舗勤務に分かれます。多くの社員は新卒で入社したら店舗勤務をまずは任される可能性が高い気がしますが、本部勤務に関してはかなり評判が良いです。良品計画の就職では激務な雰囲気はないです。社員の口コミによると、基本的に定時退社となっているため、残業それ自体が好ましい雰囲気がないそうです。それに残業時間が最も多い部署は改善策を講じないといけない決まりになっているため、それぞれの部署ごとが意識して残業時間を削減するような圧力が社内にあります。したがって、良品計画の仕事は激務に感じづらいということが言えますが、これは本部勤務の話です。本部勤務では有給休暇以外でもいろいろな休暇がとりやすく、社員が疲弊しづらい仕組みになっており、働きやすいという評判があります。

 

では店舗勤務はどうなっているのか?というと、店舗によって営業時間が異なるので、場合によってはかなり忙しい可能性があります。良品計画の仕事は激務になる可能性もあるとおいうことです。無印良品のお店ごとに営業時間が異なるので、遅くまで営業しているところは仕事が忙しいと言えますが、その分給料は出やすくなっているようです。残業代は一応それなりに出るようなので、長く働かないといけない分、年収は多くなるということです。それでも長時間働かないといけないときは結構きついみたいですけどね。長時間残業をした翌日に早番ということもあるようで、そういったときが特に大変に感じるようです。無印良品のお店自体が、セールなどの繁盛期というのがあって、そういったときは特に残業が多くなるので、特に激務になりやすいということです。店舗勤務の場合には、無印良品の店舗ごとに忙しい程度は異なりますけど、良品計画の就職の評判では激務に近い形の勤務になることも想定しておいた方が良いかもしれないです。良品計画の就職の評判を理解したうえで応募して、受験してほしいと思います。無印良品で有名な良品計画の就職の難易度は高いですし、倍率もそれなりにあるのですが、会社の評判に関しても調べておいてほしいので、こういった社員の口コミは参考にしておきましょう。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をする際に使うナビサイトについてはいろいろなものがありますけど、多くの学生は有名どころを使っていると思います。しかし、知名度がないものの中にもおすすめのところがあるので知っておきましょう。例えば、「キミスカ 」はというナビサイトはメリットが特に大きいのです。このキミスカは学生が自分で起業を検索して気に入ったところにエントリーを送るという従来の形ではなく、企業側がキミスカに登録している学生の中から気に入った人材にスカウトを送るタイプになっているのです。こういったところにキミスカの特徴が表れています。通常では就活生は自分が気に入った企業にエントリーし、そこを受けていきますが、企業側が自分を気に入るか?は分かりません。通常は多くの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、必要と思ってもらえなかった企業をたくさん受けてしまったことになるのです。でも、キミスカは企業からのスカウトがスタートになるので、スカウトが着たということは自分のことを少なからず必要だと、関心の高い人材だと思ってくれたということになり、その企業を受けることで内定が少しでも取りやすい企業を受けることができます。

 

そこがキミスカのメリットということになります。また、キミスカではスカウトが着た企業を受けることで一次選考や二次選考をパスして受験できるということがあり、このときには非常に優位な状況を作ることができ、内定に近づくことができるのです。キミスカを利用するメリットが理解できたのではないか?と思いますけど、このキミスカは今まで使ってきたナビサイトがあってもそれと併用ができます。併用が可能というのはかなりの魅力です。タイプが全く違うサイトを組み合わせることができれば、リスクを分散させやすいですから。そして、多くの就活生はこのキミスカを知りませんから、他のライバルに差をつけたい人にとってはかなり重要な存在になるのです。キミスカはスカウトが絶対に来るとは言えないものの、プロフィールページを充実させるなどすることで、その確率を上げることはできます。無料の会員登録をすれば利用できますから、良かったら参考にしてみてください。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

内定勝者 私たちはこう言った!  こう書いた!  合格実例集&セオリー2019 エントリーシート編

内定勝者 私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2019 エントリーシート編

 

 

あわせて読みたい記事