特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

ファミリーマートの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

コンビニ業界では非常に有名なファミリーマートに就職したいと考えている人もいるはずです。ファミリーマートの就職の難易度がどうなっているのか?という点は気になるでしょう。大手の会社なので、それなりの難易度はありそうですが、小売業界といった点が就活生にとって必ずしも人気ではないので、ファミリーマートの就職の倍率に影響する可能性はあります。ファミリーマートに就職したい人はまず倍率を知っておく必要がありますが、ファミリーマートの就職の倍率はデータがないので、公開されていないということになると思います。ファミリーマートの就職の難易度に関して重要な情報ではあるものの、倍率が分からない会社は数多くあるので、そんなに珍しいことではありません。ただ、ファミリーマートの就職の難易度を把握しづらいということが言えます。小売業界であるということと大手の会社であるということを踏まえると、数十倍はあるとは思いますが、具体的な倍率は予想しづらい状況にあります。しかし、ある程度難易度が高いのは間違いないでしょう。

 

ファミリーマートの就職では学歴フィルターはあるのか?

ファミリーマートの就職では学歴フィルターはあるのか?と言えば、恐らくないと思います。学歴フィルターはファミリーマートの採用試験の難易度に関連がある事柄なので、気になる部分でしょう。ファミリーマートの採用実績校をチェックすると、大学名が載っていますが、地方の私立大学が結構あるのです。大東亜帝国よりも偏差値が低いと思われる大学もありますし、海外の大学名もいくつかあります。海外の大学はレベルがよく分かりませんが、日本の私立大学をチェックすると、ファミリーマートの就職では恐らく学歴フィルターはないと思います。ファミリーマートの採用試験の倍率は結構あるはずですが、倍率が高いから必ずしも学歴フィルターがあるとは限りません。それにファミリーマートは採用人数も多めなので、意外と倍率が高くないという可能性もあります。ファミリーマートの採用試験の倍率は分からないために断言はできませんが、採用人数は300人くらいある年もありますから、思ったほど倍率が高くないという可能性も考えられるでしょう。また、学歴フィルター以外でも足きりの方法はあるので、そこは知っておくべきだと言えます。

 

ファミリーマートの就職で学歴フィルターがないとしても、採用試験の中で学歴や大学名を見る可能性はあると思います。ファミリーマートの就職では学歴や大学名を見ないということは恐らくないと思います。ただ、そんなに重要視もしないとは思います。だから、学歴や大学名が良いに越したことはないですが、別に自信がないとしても、ハンデにはほとんどならないと思うので、気にしないでいきましょう。ファミリーマートの採用試験の難易度は結構あるはずですから、結局は人物試験で評価されないと内定は取れません。そういったところもしっかりと認識しておきましょう。ファミリーマートの就職の難易度も重要な情報ですけど、ファミリーマートの就職の評判といったところも知っておく必要があります。ファミリーマートの就職の評判に関しては、社員の口コミからチェックをしておいてほしいです。ファミリーマートの仕事は激務か?とか、給料はどれくらいか?などに関して知っておくと、実態を知ることができるので知っておきましょう。

 

ファミリーマートの就職の評判はどうなっている?

ファミリーマートの平均年収に関しては600万円くらいとなっています。したがって、平均年収に関しては一般的な水準よりは上と言えます。給料に関してはある程度は満足かもしれませんけど、問題は働き方です。ファミリーマートでは就職すると、店舗研修といって、実際のコンビニ店舗での仕事を2年間ほどやるようです。その際には店長を兼ねるようです。ただ、ファミリーマートではフランチャイズ業務がメインなので、店舗での実習期間は他のコンビニよりは短いのではないか?と思います。ファミリーマートの使命としては、フランチャイズとして経営に参画してくれる人を増やして、本部の売り上げを増加させるということが重要なので、そのためには社員は店舗よりも本部での仕事が多くなるわけです。そして、ファミリーマートの社員の口コミを見ると、労働時間に関して削減のための取り組みがされているという感じがとれます。勤務時間とされている時間をオーバーして働く場合には理由を明示する必要があるという点がまず大きく、これによって必要以上の残業がしづらい雰囲気になっています。また、20時以降は残業は禁止になっていて、毎週水曜日は残業が一切禁止なので、全体的にファミリーマートの仕事では激務になりづらい環境が整っていると言えます。

 

あとは休日もとりやすく、カレンダー通りに休めて、休日出勤があったとしても代わりの休みはちゃんともらえると、かなりいい評判が多い気がします。店舗勤務だとまた違うと思いますけど、本部での勤務の場合には、ファミリーマートの仕事は激務という雰囲気はないです。忙しいときがないとは言いませんが、ファミリーマートの仕事は忙しいと感じても、激務のレベルにはならないということでしょう。かなり労働者に配慮した職場環境となっていると言えると思います。ファミリーマートでは店舗勤務は多くないですから、基本的に反本部でこういった労働環境の中で仕事ができると思います。ファミリーマートの就職の評判は良いですから、激務になりづらいという働きやすさとしてはかなり良い会社なのではないでしょうか?それでもファミリーマートの仕事は忙しいときはあると思いますから、楽な勤務ができるとは思わない方が良いでしょう。ファミリーマートの就職の評判としてはこういったところが特徴となっているので知っておくと良いと思います。ファミリーマートの就職の難易度は恐らく高いでしょう。採用人数が多いという意味では、ファミリーマートの就職の倍率はそこまで高くはない可能性もありますが、評判が良い会社ならば応募者も多くいるでしょうし、大手企業として間違いなく安定しているので、就活生が多く応募すると思うので、内定を取れるようにしっかりと企業研究をして、対策をしていきましょう。

 

 

あわせて読みたい記事