特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

京セラの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

電子機器や情報機器の分野では特に知名度が高いのが京セラという会社になると思います。この京セラは京都に本社がありますが、十分に全国的に知っている人がいて、大阪ドームネーミングライツを取得しているために、野球好きの人にとってはよく聞くケースが多いでしょう。そんな京セラの就職の難易度はどれくらいでしょうか?京セラの就職の倍率が重要ではありますけど、倍率に関しては詳細は載っていないのです。京セラの就職の倍率に関しては非公開となっているようです。したがって、京セラの就職難易度に関してはそういった感じになっているのです。京セラに就職したい人は多くいると思いますけど、まずはそういった難易度について知っておかないといけないのですが、学歴フィルターに関して調べていきましょう。

 

・京セラの就職では学歴フィルターはあるのか?

京セラに就職したい人は学歴フィルターに関しては気になるかもしれません。大企業なので、京セラの就職の難易度に関係する部分で、学歴フィルターがあるのか?は気になるでしょう。京セラの採用実績校をチェックするとそういった点が分かるのではないか?と思います。京セラの就職の倍率はかなり高いと思います。人気企業だと思うので、倍率は非公開ですけど、間違いなく京セラの就職の倍率は高いはずです。だから、足きりとして学歴フィルターがあっても不思議ではないと思うのです。京セラの就職で学歴フィルターがあるか?に関しては、採用実績校をチェックすると良いのですが、過去に採用実績校としてどういったところがあるか?というと、大学のランクはかなり幅広いです。私立大学で言えば、上は早慶上智ですが、下は大東亜帝国のレベルまで採用があります。したがって、京セラの採用実績校を見る感じでは、学歴フィルターがあるとまでは言えないと思いますし、結構いろいろな全国の大学からの採用があるので、京セラの就職では学歴フィルターがある可能性はかなり低いと思います。

 

京セラの就職の倍率は間違いなく高いでしょうけど、別の方法で足きりをしているのではないか?と思うのです。京セラの就職ではエントリーシートWEBテストもあるようなので、京セラの就職では学歴フィルターではなく、そういったもので足きりをしている可能性もあります。しかし、京セラの就職では学歴や大学名が関係はあるでしょう。学歴フィルターがなくても、こういったものが就活で全く関係ないということはないので、京セラの就職では学歴や大学名は関係はあると思います。どの程度関係あるか?は分かりません。ただ、京セラの就職で学歴や大学名が関係あるとしても、学歴や大学名外でも選考に関係するものは多くあるので、結局は京セラの就職では学歴や大学名だけを気にしてもしょうがないのです。京セラの就職の難易度は高いはずなので、いろいろな面で評価されるように頑張らないといけないと思います。では、京セラの就職の評判についても見ておきましょう。京セラの仕事は忙しのか?激務なのか?といった面に関しても知っておいてほしいので。

 

・京セラの就職の評判はどうなっている?

京セラの就職の評判をチェックしておくと、会社での働き方などが見えてきます。まずは京セラの平均年収ですけど、京セラの平均年収に関しては600~700万円くらいなので、それなりに高い方でしょう。ただ、この数字でも社員の口コミでは、満足している人は少ないのかもしれませんね。というのも、労働時間の割にはあまり多くないと感じている人が結構いるのです。京セラの平均年収はそれだ自体は高いものの、労働時間がかなり長いようなので、意外と満足していない、それだけ日ごろの京セラの仕事が激務ということなのかもしれないです。仕事が忙しいという会社は多くありますけど、京セラの口コミを見るとそんな感じです。部署にもよるとは思いますけど、京セラの仕事は忙しいというか、長時間労働のような雰囲気はあります。そういった仕事が忙しい部分を含めると、平均年収は満足いくほどではないのかもしれないです。京セラの就職の評判としてはそういったところがありますけど、結局は仕事量が多いみたいです。「残業をしないとこなせないほど」という口コミもあるので、残業ありきで仕事をしているような感じかもしれないです。

 

残業は結構常態化しているのかもしれませんが、技術職は80時間程度という口コミもあります。営業とかだも残業というか、労働時間は長そうです。そういった感じで、京セラの仕事は激務に感じられる可能性もあります。あとはサービス残業もあるような感じです。儲かっていない部署はほとんど残業がないという口コミもあるので、仕事量はそれぞれでかなり違うのでしょう。京セラでは仕事が忙しいところもあれば、そうじゃないところもあるので、どういう働き方をするか?で激務の度合いがかなり変わるということになります。だから、絶対に激務になるというわけではないものの、京セラの仕事は激務なケースもあるし、割と楽に仕事ができるケースもあるので、部署ごとに異なるということなのでしょう。京セラの就職の評判としては、ネットに載っているのはこういった感じです。自分でも調べてみても良いと思いますし、会社説明会に出たときに聞いてみても良いかもしれません。京セラの就職の評判はかなり重要ですから、細かいところまでチェックしておきましょう。京セラの就職の難易度は高いですけど、大企業という点が大きいと思います。人気の企業ではあると思いますが、受ける前には京セラの社員の口コミなどを調べて、そこでの仕事の実態について把握しておいた方が良いと思います。

 

京セラの就活ハンドブック〈2019年度版〉 (会社別就活ハンドブックシリーズ)

京セラの就活ハンドブック〈2019年度版〉 (会社別就活ハンドブックシリーズ)

 

 

あわせて読みたい記事