特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

タカラトミーの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

タカラトミーグループと言えば、日本が誇る玩具の会社になりますが、このタカラトミーグループの就職の難易度はどうでしょうか?知名度は高く、会社の規模も多いので、タカラトミーグループの就職の難易度は普通に考えたら高そうです。タカラトミーグループの難易度については、倍率などを調べると良いと思うのですが、タカラトミーグループの就職の倍率については恐らく公開されていないものと思われます。情報が見つからないのです。したがって、タカラトミーグループの就職の難易度については、倍率が分からないので何とも言えない部分もありますけど、タカラトミーグループに就職したい人も多くいると思うので、こういった面については知っておきましょう。タカラトミーグループの評判に関しても最後にちょっとお知らせしておきたいと思います。

 

タカラトミーグループでは学歴フィルターはあるのか?

タカラトミーグループの就職の難易度で重要なのは学歴フィルターの存在です。学歴フィルターの有無によって、就職の難易度は変わりますから。タカラトミーグループの採用実績校をネットで調べるとなんとなくわかるかもしれません。実際、タカラトミーグループの採用実績校を調べてみると、いろいろな大学名が載っている中で、有名大学ではない大学もあるのです。Fランク大学であると思われる名前もあるので、タカラトミーグループの就職の採用実績校を見ると、学歴フィルターはないのではないか?と思います。タカラトミーグループでは学歴フィルターは実施せず、別の方法で足きりを行っている可能性があるということなのです。採用実績校を見ると、あまり名前が知られていないと思われる小規模な大学名も載っているので、タカラトミーグループの就職では学歴フィルターはないと思っていいと思います。ただ、タカラトミーグループの就職の倍率はそれなりに高いでしょうから、別の方法で足きりをしているのではないでしょうか?

 

タカラトミーグループの就職では学歴フィルターはないのではないか?と思いますけど、学歴や大学名が無関係ということではないので注意しておきましょう。タカラトミーグループの就職では学歴や大学名も一応関係はあると思います。足きりにはならないというだけで、タカラトミーグループの就職では学歴や大学名が関係する可能性はあり、総合的に合否が決まるということを知っておきましょう。タカラトミーグループの就職の難易度に関係する要素としては、学歴フィルターがありますが、これは恐らく存在しないと思います。しかし、学歴や大学名は数多くある就職試験の合否にかかわる材料の中の1つになるので、こういった部分は頭に入れておきましょう。しかし、タカラトミーグループの就職では合否にかかわるものはもっと多くあって、結局学歴や大学名を気にしてもしょうがないというか、他にも気にしないといけない面は多くあるということで知っておきましょう。特に重要なのは面接でどれだけ話せるか?ですから。タカラトミーグループの就職の倍率が分からないので、難易度は詳細までは分からないものの、タカラトミーグループに就職したい人はかなり入念に対策をしていきましょう。

 

タカラトミーグループの評判はどうなっているのか?

タカラトミーグループの就職の難易度に関してはこういった感じですけど、タカラトミーグループの評判を最後に紹介していきます。仕事が忙しいのか?などに関しては気になる人も多いと思うので、タカラトミーグループの社員の口コミから、そういったところについて紹介をしていきます。タカラトミーグループの評判として、まずは平均年収について見ていきますが、タカラトミーグループの平均年収については700万円強くらいとなっているようです。大企業なので、このくらいの給料はあって不思議じゃないのかもしれないですけど、社員の口コミを見ると意外と満足していない声も多いです。タカラトミーグループの平均年収についてはこういった感じですけど、タカラトミーグループの仕事は忙しいのか?についても見ていきましょう。タカラトミーグループでは激務みたいな状況はあるのか?というと、激務になるか?どうかは部署によるみたいです。残業時間というのが部署によってバラバラで、少ないと10時間程度で、多いと80時間以上となっているようです。月に10時間程度の残業ならば大した時間ではない気がします。しかし、80時間以上になるとちょっとタカラトミーグループでも激務っぽい雰囲気が出てくるでしょう。

 

タカラトミーグループの残業時間に関しては部署によって違うので、場合によってはタカラトミーグループでは激務と感じる場合もあるでしょう。残業代は出ることは出るが、全額出ているわけではないので、そこも不満が生まれる原因だと思います。部署によって仕事が忙しいか?という度合いがまず変わりますけど、さらにそこから残業代の支給度合いも変わるというのがタカラトミーグループの働き方の評判としては言われています。残業時間を減らそうという取り組みがあまり行われていないといったことも言われており、全体的に言えば不満が発生しやすいような状況になっているのかな?と思います。タカラトミーグループでは激務の可能性がありますが、それは部署によるということです。ただ、タカラトミーグループでは仕事が忙しいときはあるようですし、残業時間に関してはある程度は存在するので、その前提で働いた方が良いのです。不満はあるかもしれませんけど、平均年収がそれなりに高いので、まだマシでしょう。タカラトミーグループの評判としてはこういった事実があるので、就活生は知っておいてほしいです。タカラトミーグループの評判については、事前に社員の口コミをチェックしておくと、より実態を把握できて良いのではないか?と思います。ネットで検索をすれば見つかるので、自分でも探しておいてほしいと思います。

 

タカラトミーの会社研究 2015年度版―JOB HUNTING BOOK (会社別就職試験対策シリーズ)

タカラトミーの会社研究 2015年度版―JOB HUNTING BOOK (会社別就職試験対策シリーズ)

 

 

あわせて読みたい記事