特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

旭化成の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

旭化成と言えば、最近はそこまで見ないかもしれませんが、今から10年、20年くらい前まではテレビCMでよく見ていた記憶があります。旭化成のCMはなんとなく印象に残っていますが、残っていますが、当時は旭化成という社名のみが印象に残っており、何をしている会社なのか?という情報はよく分かっていない人もいたのではないか?と思います。旭化成知名度も高いですし、大手企業と言えると思いますけど、旭化成の就職の難易度はどれくらいでしょうか?旭化成に就職したい人はまずは難易度を知っておきましょう。旭化成の就職の倍率が公開されているので、それを見ていくと良いと思います。旭化成の就職の倍率は70倍程度となっているので、結構高いです。この数字はやはり大企業ならではという数字と言えると思います。旭化成の就職の倍率をチェックすると、難易度はある程度見えてくると思います。旭化成の就職の難易度はまずは倍率を確認して、チェックをしてほしいのですが、旭化成の就職では学歴フィルターがあるのか?という点が重要になります。学歴フィルターはかなり気になっている人が多いと思います。

 

旭化成の就職で学歴フィルターはあるのか?

旭化成の就職では倍率がそれなりにあるので、学歴フィルターがあるのかもしれませんが、旭化成の就職では学歴フィルターの有無に関してはかなり重要です。旭化成の就職のページに載っている情報では、採用実績校の欄は国内外の国公立、私立大学、大学院となっているので、これといった大学名は書いていません。これを文字通り受け取るならば、旭化成の就職では学歴フィルターはないと言えるでしょう。これを文字通り受け取って良いのか?というのは分かりませんが。旭化成の就職の採用実績校を見て、有名大学以外からの採用があれば、学歴フィルターはないと言って良いかもしれませんが、採用実績校の情報がないので、断言はげきないものの、旭化成の就職では学歴フィルターはない可能性が考えられます。旭化成の就職での学歴フィルターの存在は推測でしかできませんが、採用実績校の欄に書いてあることをそのまま受け取れば、学歴フィルターはないということになります。ただ、旭化成の就職では学歴や大学名は少なからず考慮はされると思います。就活では学生のいろいろな面を総合的に判断して、合否を決めるので、その中に学歴や大学名も入ってくるのです。

 

だから、旭化成の就職でも学歴や大学名というのは関係はすると思います。でも、学歴フィルターのような形ではないということなのです。旭化成の就職の難易度にも関係するので、こういった部分は頭に入れておいてほしいです。旭化成の就職の難易度に関してはいろいろな面を考慮しないといけませんから。学歴フィルターはないかもしれないけど、旭化成の就職では学歴や大学名は関係すると思っておきましょう。では、旭化成の就職の評判に関してもチェックしてほしいと思います。旭化成の就職においては社員の口コミから、旭化成の就職の評判が調べられます。そういった情報を見ると、旭化成での仕事が忙しいのか?とか、そういったことも分かりやすいと思いますから。旭化成の就職の倍率とか、難易度はどれくらいか?という情報よりは入社後のことの方が大切だと思うので、旭化成を受ける人はそういったところもチェックしておきましょう。

 

旭化成の就職の評判はどうなっている?

旭化成の就職の評判に関しては、まずは平均年収からみていきましょう。旭化成の平均年収は900万円程度となっているので、相当高い数字です。今の時代に900万円程度が支給される会社は少ないでしょう。したがって、旭化成の平均年収はかなり高いです。大企業なので、これくらいは出るのかもしれませんけど、旭化成の社員の口コミではかなり満足しているようで、退職金の金額も結構満足度が高いようです。あとは働き方に関する評判です。旭化成では水曜日がノー残業デーとなっており、定時で帰ることができるようになっています。全体的に旭化成では仕事が忙しい雰囲気はあまりありません。早く帰ることができる人が多いという口コミもありますし、残業時間も月に10~20時間くらいという声があるので、部署には夜と思いますけど、旭化成では激務な感じはしないのです。激務な会社は本当に忙しいですから。そういったところと比べると、旭化成の仕事は忙しいとはあまり言えないかもしれません。ちなみに残業代はちゃんと全額出るようなので、そういったところも安心です。

 

旭化成での仕事が激務な雰囲気がないというだけでもかなり恵まれている気はします。実際に働いてみないと分かりませんが、忙しいときがあったとしても、他の会社のMAXレベルと比べたら、激務の度合いはかなり弱いと思います。旭化成でも忙しいときがあるとは思いますが、激務レベルにまではならないということなのでしょう。旭化成の評判を見ていると、そんな感じがします。会社の体質として労働時間が長くならないようにしているのではないか?と思います。こういった働き方の部分は就活生にとってかなり重要なので、事前に旭化成の社員の口コミを見ておいてほしいと思います。旭化成に就職すると激務な仕事はあまりない感じがしますし、残業代はちゃんと出ると思いますし、平均年収も高いということで、ある程度満足して働いている人が多いように思います。旭化成の口コミはインターネットで調べると出てくるので、各自で調べておくと良いと思います。こういった情報は企業研究などに生きる面もあると思いますし。旭化成の就職の難易度は高いと思います。倍率がすでに高いので。だからこそ、そういった難易度の高い企業に受かるには企業研究をしっかりやることが重要で、そのためにはいろいろな角度から会社に関する情報を集めることが必要になります。面接対策などで志望動機を考えることも重要ですけど、そのためには必要となる情報を集めないといけないですし、旭化成の就職に関する情報を会社説明会やインターネットの口コミなどから調べていってほしいと思います。

 

旭化成グループの就活ハンドブック 2019年度版 (JOB HUNTING BOOK 会社別就活ハンドブックシリ)

旭化成グループの就活ハンドブック 2019年度版 (JOB HUNTING BOOK 会社別就活ハンドブックシリ)

 

 

あわせて読みたい記事