特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

NTT東日本の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係は?激務という評判はある?

NTT東日本は就職の難易度はどれくらいなのか?気になっている人も多いと思います。昔は国営だったのですが、30年くらい前に民営化されて、それがNTT東日本として今でも残っているわけです。正確に言えば、NTT東日本はNTTの子会社なので、民営化されたのはNTTになりますが。このNTT東日本の就職の難易度については想像しているほど高いわけではないと思います。誰もが知っている超有名企業ではありますけど、就職の倍率はそこまで高くはありません。NTT東日本の就職の倍率に関しては30~50倍くらいではないか?と思われます。NTT東日本の就職の倍率に関しては思ったほど高くはないと感じている人もいるかもしれません。この数字は十分高いと言えますけど、世の中には100倍を超える企業も多くありますから。そういったところと比べると、NTT東日本の就職の難易度はやや低く見えるかもしれませんが、これでも難しい方なのは間違いないでしょう。NTT東日本の就職の倍率は重要な数字なので、しっかりと覚えておいてほしいと思います。

 

そして、NTT東日本の就職の難易度に関しては学歴フィルターの問題が気になるでしょう。NTT東日本の就職では学歴フィルターはあるのか?というと、これは微妙なところだと思います。NTT東日本の就職の倍率はそこまで高いわけではないので、NTT東日本の就職において学歴フィルターを実施しないといけない必要性は乏しいと言えると思います。NTT東日本の就職では結構採用人数が多いのです。だから、NTT東日本の就職の倍率が上がりづらいということになるのですが。NTT東日本では採用人数は200~300人くらいで毎年推移しているので、かなり多くの人たちが採用されています。NTT東日本の就職の倍率はそういったところも影響していますが、捌かないといけない人数は多くないので、学歴フィルターを実施する必要性がそこまでないということなのです。NTT東日本の就職の採用実績校を見ると、国内外の大学、大学院と書かれているので、特定の大学を多く採っているとか、そういう感じではないのかもしれません。NTT東日本の就職では多くの採用人数があるので、倍率はそこまで高くはなっていませんし、事前に足きりをしないといけない必要性が低いので、NTT東日本の就職では学歴フィルターは実施していない可能性があると言えると思います。

 

これは予測ですが、NTT東日本の就職では学歴フィルターがある可能性は低いと思うのです。NTT東日本の就職の難易度としてはこういった面も考えておくと良いと思います。しかし、NTT東日本の就職では学歴や大学名が関係するということは言えると思います。NTT東日本の就職ではいろいろな要素が合否にかかわってくるので、その中には学歴とか大学名といったものも入ってくると思うのです。NTT東日本の就職ではいろいろな基準で選考が行われると思うので、そういった想定をしておきましょう。NTT東日本の就職の難易度に関する情報としては、学歴フィルターがありますが、恐らく関係ないのではないか?と思います。NTT東日本の就職では学歴や大学名は考慮されると思いますが、総合的に決まるものですから、そういったものを含めて、自分の魅力を高められるように対策をしてほしいと思います。学歴や大学名は変えられないので、それ以外の部分で魅力的な人材に見えるように頑張っていきましょう。

 

NTT東日本の就職の難易度に関する情報はこういった感じですが、NTT東日本の就職の評判はどうでしょうか?NTT東日本の評判に関しては知っておいた方が良いと思います。NTT東日本の働いている人による口コミを見ておくと、NTT東日本の就職の評判がチェックできますから。まずはNTT東日本の平均年収について知っておきましょう。NTT東日本の平均年収は800万円以上となっており、やはり大企業になるので高いです。NTT東日本の平均年収はかなり高い数字になっていますから、その点に関しては評判が良いです。あとはNTT東日本の仕事が忙しいのか?という点ですが、勤務時間は定時に帰ることができる場合も多いみたいな口コミがありますが、部署による可能性もあります。ただ、全体的には正社員のみではなく、非正規社員もそれなりに働いており、そういった人たちに頼りすぎという声もあるのですが、相対的に正社員の労働時間は多くないと言えるのかもしれません。NTT東日本の仕事は激務という感じではないです。あと、休日に関してはしっかりしているようで、有給休暇もとりやすい感じです。だから、NTT東日本の社員は激務な感じは口コミからはあまり伝わってきません。

 

有給休暇については取得が進んでいない社員には勧告がくるみたいで、会社全体で有給休暇を取りやすい空気を作り出しているという感じがします。NTT東日本の仕事は忙しい瞬間がないわけじゃないと思いますけど、激務な瞬間はあまりないのではないか?と思います。ただ、土日の勤務もあるようなので、場合によっては忙しい状況もあるでしょう。しかし、そういった場合でも給料はちゃんと支払われるようなので、そういった点はちゃんとしているようです。NTT東日本の評判を見ると、全体的にはかなり魅力的な会社に見えてきます。NTT東日本では仕事が忙しいか?は部署によると思いますが、あまり激務みたいな口コミはないので、NTT東日本では仕事が激務レベルになることは少ないのではないか?と思います。NTT東日本の評判に関しては就活生も自らチェックしてほしいと思います。ネットで調べると出てきますから、そういった情報も参考にして、会社選びをしていってほしいと思います。NTT東日本の就職の難易度はそれなりに高いですし、企業研究も必要なので、こういった社員の口コミを調べることで、企業研究になる部分もあると思いますし。NTT東日本の就職試験を受けるときにはこういった部分についても調べたうえで、受けていってほしいと思います。

 

就活をするにあたって、ナビサイトはどんなところを選んでいるでしょうか?ナビサイトの選び方によって内定を取れるか?という確率も変わってきます。就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。ここは従来の学生が自ら会社を検索してエントリーする流れではなく、企業がキミスカに登録している学生を検索して、プロフィールを見て、気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を選んで受けるので、企業側が自分に関心を持つか?は分かりません。そして、現実的に多くの就活生は自分が受けた企業のほとんどから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが着た企業を受ければ自分に関心がある企業を受けられるので、少しでも確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと言えると思うのです。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それを受ける前に知ることができる、確認できるという点が特徴的ですし、魅力的です。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが着た企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

内定勝者 私たちはこう言った!  こう書いた!  合格実例集&セオリー2019 エントリーシート編

内定勝者 私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2019 エントリーシート編

 

 

あわせて読みたい記事