特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

東レの就職の難易度や倍率は?大学名や学歴の関係と激務という評判はあるのか?

東レという会社に対してどういうイメージがあるでしょうか?合成繊維、合成樹脂などの化学メーカーということになりますが、個人的にはバレーボールのイメージが強いです。そういった感じで、スポーツチームを持っているので、社名の知名度は高いです。しかし、そういった会社ということは東レの就職の難易度は高いということが言えると思います。東レに就職したい人はその高い難易度の中でいかに内定を取れるか?ということを考えていかないといけないのです。東レの就職の難易度はどれくらいでしょうか?東レは理系の会社というイメージもありますが、文系の募集もありますから知っておきましょう。事務などの職種では文系学部の学生が募集されています。東レの就職の倍率については200倍程度となっているので、相当難しいのが分かると思います。東レに就職するには高い倍率を乗り越えていかないけませんが、東レの就職の難易度で気になるのはやはり学歴フィルターの存在でしょうか?学歴フィルターがありそうな高い倍率に感じるかもしれませんが、多分学歴フィルターはないと思います。学歴フィルターについては、東レの採用ページを見てもらうと分かりますが、採用実績校の欄に具体的な大学名は書かれていないのです。全ての国公立、私立、海外の大学のような書き方をしているので、どの大学の学生でもOKということなのではないか?と思います。

 

あとは東レの参考フローを見ると、書類選考や筆記試験があるので、それらが足きりになるのではないか?と思いますし、学歴フィルターを実施する必要性があまりないとも言えるかもしれません。東レの就職の難易度にかかわってくる学歴フィルターですけど、存在しない可能性が高い気がします。学歴フィルターが東レにはないかもしれませんが、大学名や学歴については無関係とは言えない可能性があります。東レの採用試験では学歴や大学名という部分が関係しないとは言えないと思います。さらに言えば、学部学科などの専攻も関係する可能性があるのです。だから、東レに就職するには有名大学の方が良いとは思いますけど、理系に関しては結局は専攻内容が重要であり、職種と学部学科などのいマッチ具合の方が重要でしょう。文系については、どちらかというと学部学科よりは大学名の方が重要になりそうです。東レの採用試験では大学名や学歴は無関係ではないが、それで決まるわけではないというところに注意が必要なのです。

 

東レの就職の難易度については高いということは理解できたと思います。東レの就職の倍率はかなりのレベルなので、この倍率を突破するのは難しいです。東レ就職の倍率の中で内定を取るには、企業研究が重要ですが、そういったときに東レの会社の評判について知っておくと良いでしょう。結局、働き方の部分に関しては会社選びの基準にもなりますし、この会社で良いのか?という部分にもなり、志望動機などを考えるときにも使える材料になるかもしれないのです。東レの社員の口コミがネットなどに載っていますが、平均年収はだいたい700万円くらいとなっています。業界では高い方みたいで、ある程度満足している口コミが多いです。年齢や職種などによって給料は変わるみたいですから、人によって満足度は変わるとは思いますが。東レの平均年収は世間一般で言えば高い方です。

 

東レの評判において重要なのは、働き方の部分です。働き方における東レの評判については、何とも評価が難しい側面が存在しています。というのも、残業している社員はちょいちょいいるみたいなのですが、それは自主的に残ってたくさん給料をもらうために残業しているみたいな状況らしいのです。結果的に残業している人はそこそこいるが、残業しないといけない雰囲気ではないみたいなので、悪い状況ではないのでしょう。東レの評判としては残業代はちゃんと出るみたいですし、あまり激務みたいな雰囲気はないです。とはいっても東レは全国に支社がありますし、それぞれの職場で事情は違うとは思いますけど。多くの職場でフレックス制が導入されており、働きやすい雰囲気はあるようなので、東レの社員の口コミを見る感じでは、結構働きやすそうです。忙しいときが全くないとは言えませんし、結局は部署などにもよるのでしょう。東レの仕事は激務な雰囲気はあまり感じませんが、そういった状況が一切ないというわけではないと思うので、そこは知っておいてほしいです。どの会社も激務な面は少なからずありますし、東レはその激務な面が少ない方なのかもしれないというだけです。東レでも仕事は忙しいときは絶対にあるはずです。実際に働いてみないと分かりづらいとは思いますが。

 

残業をしなくても良い雰囲気やフレックス制度などが特徴的で、東レの社員の評判は良いようなので、そういったところを見ると魅力的な企業に見えてきます。東レの社員の口コミはネットで見つかりますし、企業研究などを積極的にやり、ここから得られる情報をもとに志望動機や自己PRなどの面接対策をしておくと、内定がもらえる可能性が高まると思います。東レの就職の倍率は非常に高く、内定を取るのは難しいので、面接対策での志望動機や自己PRに関する情報を集める意味でも、こういった東レの社員の口コミはチェックしておきましょう。会社が忙しいのか?といった情報のみではなく、良いところなども探っていけると、良い会社選びができるのではないか?と思います。東レでは仕事が激務ではないかもしれませんけど、仕事は結構大変だと思うので、そういった気持ちを持って採用試験を受けていってほしいと思います。東レに就職したい人は多くいますから、彼らに負けないように頑張ってほしいと思いますし、そのために情報収集をすることも重要です。就活は情報戦でもあるので、東レに就職するにはそういったこともやっておきましょう。ネットの口コミを見た方が、社員の本音が聞けるので貴重だと思います。誰の目も気にしないで良いので、思っていることをそのまま書けますから。東レの実態を知りたいのであれば、ネットから社員の評判を調べて、そういったものを参考にしてほしいと思います。

 

東レの会社研究 2017年度版―JOB HUNTING BOOK (会社別就職試験対策シリーズ)

東レの会社研究 2017年度版―JOB HUNTING BOOK (会社別就職試験対策シリーズ)

 

 

あわせて読みたい記事