特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

ライオンの就職の難易度や倍率は?大学名や学歴の関係と激務という評判は存在する?

私たちが日常的に使っているものの中にライオンの製品というのは非常に多いです。ライオン製品というのは私たちの生活にかなり馴染みの深いものであり、こういったものを作っているライオンという会社はかなり偉大な存在と言えます。そんなライオンに就職したい人も多くいると思います。ライオンの就職の難易度は一般的に言えばかなり高く、倍率も高いでしょう。ライオンの採用試験の倍率に関して言えば、100~150倍程度となっており、ある程度の倍率は公開されていますが、かなり高いです。この倍率だと、ライオンの採用試験の難易度は相当高いと言えると思います。ライオンは誰もが知っている大企業ですし、ここに就職したい人は大勢います。しかし、なかなか難しいのです。ライオンの就職に関してはまず気になるのが学歴フィルターの存在になりますが、ライオンでは学歴フィルターはあるのでしょうか?ライオンの採用実績校を見ると分かりやすいでしょう。リクナビなどに採用実績校が載っていますが、ライオンの出身大学の一覧を見ると、あまり多くは載っていませんが、いろいろなレベルの大学名があります。上は旧帝大とかになりますが、下は日東駒専産近甲龍です。これを見ると、ライオンでは学歴フィルターがあるか?というのは何とも微妙なのです。

 

学歴フィルターのちょうどボーダーライン付近にあるのが日東駒専産近甲龍なので、ライオンの就職の採用実績校を見るだけでは何とも言えない部分もありますが、ライオンでは採用試験で筆記試験を課すみたいなのです。過去の選考フローにはそう書かれているので、今後も筆記試験があるとは限らないものの、その可能性は高いならば、そこで足きりが行われている可能性もありますし、ライオンの就職では学歴フィルターはないのではないか?と思います。日東駒専産近甲龍が採用されているならば、そこまで高学歴重視という感じではないです。学歴フィルターは足きりの一環なので、学歴を重視しているからこそ使うとは言えないものの、ライオンの就職において学歴フィルターの存在が確実視される状況ではないですし、筆記試験を行うならばそういったものは存在しない可能性が高いと思います。学力を筆記試験で見るならば、尚更学歴フィルターの必要性は低いのです。でも、ライオンの採用試験で学歴や大学名が一切関係ないということではないです。ライオンの就職試験では学歴や大学名は考慮はされると思います。とはいっても、人物重視が基本で、どうしても優劣がつけられないようなときに考慮する程度じゃないか?とは思います。学歴や大学名が最優先ってことはないと思います。最優先ならばそもそも学歴フィルターを使っていることになりますけど。

 

だから、ライオンの就職の難易度は間違いなく高いですが、結局は人物重視になると思います。学歴や大学名よりはこの先の成長力を踏まえて、どういった潜在能力を持っているのか?という部分が見られると思います。ライオンは採用試験の倍率も高くて難しいので、内定はなかなか取れないでしょうけど、ライオンに就職したい人はとにかく頑張るしかないでしょう。面接などの人物試験が多いと思うので、志望動機や自己PRなどを通じて面接でアピールをしていくのが重要になります。ライオンの志望動機や自己PRを含めた面接対策が特に重要ですから、そういったところの準備をしていきましょう。そして、ライオンに就職するための難易度も重要ですけど、それとは別に会社の評判もチェックしてほしいです。ライオンで働いている人の口コミから、ライオンでの仕事内容は忙しいのか?激務なのか?といったことに関して調べていきましょう。ライオンの平均年収に関してはおよそ700万円となっていて、この数字に関して満足している人はあまり多くないものの、長く働きやすい会社と評価している人がいるので、平均年収よりは会社の体質が気に入っている人はちゃんといます。ライオンの評判として、女性が結婚したり、子供を産んでも働き続けられる環境という口コミがあります。そして、働き方に関してですけど、労働時間はそんなに長くないようで、ライオンの社員はそんなに激務な感じではないようです。平均しても18時半から19時くらいには帰ることができるようですから、ライオンの勤務は激務という雰囲気はそんなにないと思います。

 

 ただ、企画などで働く人はもっと遅くなることもあるようで、結局は部署によりけりということもあるようです。ライオンの社員の口コミを見る感じでは忙しい感じはそんなにはないが、部署によっては遅くまで残っている人もいて忙しい毎日を送っている人もいるのです。だから、人によってはライオンに就職すると激務な感じになる可能性がありますけど、全体的にはそんなに激務ではないと思うのです。世の中には激務な企業はかなり多くあります。ライオンの社員の評判を見る感じでは忙しい部分ではありますけど、多くの企業と比べたらライオンの激務の度合いはマシなんじゃないか?と思います。平均年収に関して割と高いですけど、それでいて激務過ぎると困る人もいると思いますけど、どのレベルではないのではないか?と思います。そして、ライオンの社員は消費者の健康増進、開発途上国の生活向上に貢献している実感が持てて、やりがいを感じているという口コミもあり、楽しい面もあると言えるのでしょう。ライオンの社員の評判は主にインターネットで見つかりますから、各自でライオンの評判を調べておくと、それが企業研究にもなると思います。ライオンは就職の難易度がとても高いので、入るのは難しいですけど、かなり魅力的な面もあると思います。ライオンの採用試験の倍率を突破して内定を取るのは難しいですけど、面接対策をしっかりとやって、ライオンの志望動機や自己PRをしっかりと練っていくと、熱意が伝わるのではないか?と思います。ライオンに就職したい人はそういったところをとにかく突き詰めて、対策をしていってほしいと思います。

 

内定勝者 私たちはこう言った!  こう書いた!  合格実例集&セオリー2019 エントリーシート編

内定勝者 私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2019 エントリーシート編

 

 

あわせて読みたい記事