特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

群馬県庁の公務員試験の面接での志望動機や自己PRの考え方のポイント

群馬県庁の面接対策をするときには志望動機がやはり中心になります。群馬県庁の面接対策ではいろいろな聞かれることがあるので、対策は大変ですが、特に群馬県庁の面接での志望動機の考え方というのは多くが悩んでいるのではないでしょうか?群馬県庁の面接対策では聞かれることへの準備で志望動機をどうやって考えれば良いのか?と思っている人も多いと思いますが、考え方のポイントは決まっています。群馬県庁の面接対策での志望動機の考え方としては、群馬県での課題となっている分野に言及しましょう。群馬県庁ではどんな課題があるのか?というのをまず探るのが重要で、群馬県が課題として考えている部分に関しては、真剣に解決に向けて取り組んでいくはずで、その分野においては人が必要なのです。その分野で働いてくれる人が必要なので、人が必要な分野に関して志望動機で言及をすると、それは志望動機としても評価される可能性があります。逆に課題でもない、人が必要なわけじゃない分野に言及したら、じゃああなたを採用する必要はないよね。だって、その分野は人を必要としていないから。となってしまうので、採用確率は下がります。

 

例えば、「群馬県 - 地域を支え、経済・社会活動を支える人材づくり」のページには群馬県庁の志望動機に生かせる可能性がある課題がいくつか載っています。これから長期的に群馬県庁が解決していかないといけない分野に関して載っているので、こういったところを見ておくと、群馬県庁の考えていること、重要だと思っていることをよく理解しているなという評価になるかもしれません。こういった部分について群馬県庁の面接対策では言及していきましょう。おすすめの考え方としては、群馬県庁の面接での志望動機は、課題として挙げられている部分について、自分がその仕事に取り組みたいという流れになりますけど、そのときには何でその仕事なのか?という理由が必要です。ここで挙げたい理由は2つあって、1つは群馬県にとって解決しないといけない課題であるということ。そして、もう1つは自分がやることに意味があるから。ということです。その意味というのは、自己PRで説明しないといけない部分で、自己PRに関して自分の過去の経験や能力から、群馬県で課題になっている仕事に生きる部分を見つけて、そこをリンクさせてあげることが必要になります。自己PRで自分が挙げた群馬県での課題について生かせる能力や経験を話します。すると、群馬県が解決しないといけない問題について必要な能力や経験を持っている人材ということが言えます。

 

すると、その人材は群馬県庁にとって必要な人間となるのです。そういう構図になるわけです。したがって、その時点で群馬県庁を志望する理由になっているわけです。だって、群馬県でその人が働けば、群馬県に貢献できるわけです。自分の得意なフィールドで働くというのは自然な発想だと思うので、そういった流れで群馬県庁の面接での志望動機を考えていきましょう。群馬県庁の面接対策では聞かれる質問は多くありますが、やはり志望動機と自己PRが中心になります。群馬県庁の面接対策ではそういったところから考えておいてほしいですけど、他にもいろいろな質問が予想されるのです。群馬県庁にかかわる質問、公務員全般に関する質問など、いろいろな質問が予想されるので、群馬県庁の面接で聞かれる質問に関しては準備をしていくときには早めに行って、いろいろな幅広い質問を想定して対策をしてほしいと思います。群馬県庁の面接対策では志望動機に時間をかけるのは当然としても、自己PRやそれ以外の質問の答え方も合否にかかわるので、そういった質問に対してもしっかりと対策をしておいてほしいと思います。群馬県庁の面接の難易度は高いと思います。倍率はそこまでじゃないかもしれませんが。それに県庁レベルになると、人物試験はいろいろな試験がある可能性があります。集団討論や適性検査などがあるかもしれないので、群馬県庁の二次試験については受験案内で確認をしておきましょう。

 

群馬県庁の面接対策は早くから始めておいてほしいと思います。筆記試験の対策をしているときから始めていくと良いと思うので、志望動機と自己PRは中心になりますから、そこは筆記対策をしながら考えておいてほしいです。群馬県庁の面接対策をするときには以下の本はおすすめです。こちらは公務員試験の面接対策においてはどの試験種を受けるときにでも通用する一冊だと思います。本書の特徴は大卒程度の公務員試験の面接で聞かれることに関して内容が満載で、メジャーな質問からマイナーな質問までを揃えています。回答例と回答のポイントについて書いているのですが、通常の面接対策本はメジャーな質問のみを扱っており、マイナー質問、つまり多くの受験生が対策してこない質問に関しては載せていませんが、本書はそういったところまで載せており、他の受験生が対策しないような質問も対策できるので、そういった質問がされたときには他の受験生はその場で考えて答えないといけませんが、自分だけ万全の準備をして答えられる可能性もあります。実際、公務員試験の面接では予想が難しいマイナーな質問もいくつかくるので、本書で対策をしておくと、その中からいくつか出るかもしれないので、内定が欲しい人にとってはおすすめです。良かったら参考にしてほしいと思います。

 

大卒程度公務員 面接対策ハンドブック 2019年度

大卒程度公務員 面接対策ハンドブック 2019年度

 

 

あわせて読みたい記事