特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

松江市の公務員試験の難易度や倍率は高い?筆記のボーダーラインは何割か?

松江市の公務員試験の難易度について気になっている人が多いと思うので、ここでも紹介をしていきたいと思います。松江市の公務員試験の難易度はまあまあ高いと言えると思います。松江市の公務員試験の倍率に関しては、詳細がちょっと分かりませんが、全体の倍率だけ載っているので、そこから推測するしかありません。松江市の公務員試験の大卒程度の一般事務の倍率は174人が受けて22人が最終合格となっています。これは平成29年度の数字ですが、倍率で言えば8倍くらいなので、この倍率は普通くらいといった印象です。松江市の公務員試験の難易度については、この倍率をみる感じでは高そうには見えないでしょう。しかし、松江市は県庁所在地なので、採用試験が簡単ということはないです。筆記試験から面接試験に至るまで、それなりに難しいと思うので、そういった部分に関しては知っておかないといけないでしょう。全体の倍率は8倍くらいということは筆記試験が3倍で、面接試験が2倍くらいかな?という予想が立ちます。松江市の公務員試験の難易度に関しては、全体の倍率からするとそういった筆記試験、面接試験の難易度になっている可能性があります。

 

これは予測なので正確ではありませんが、全体の倍率しか載っていないので、予想しかできませんが、恐らくそういう感じじゃないか?とは思うのです。筆記試験と面接試験の倍率は高くはないと思いますけど、筆記試験の問題のレベルは高いと思いまから、きちんと松江市の筆記対策をしていかないと受からないと言えます。松江市の公務員試験における筆記試験のボーダーラインに関しては、これはまた予想が難しいです。というのも、やはり筆記試験の倍率が分からないので、どれくらいの数字なのか?というのは、何とも予想ができないのです。したがって、松江市の公務員試験の筆記のボーダーラインの得点率については、一応筆記試験の倍率が3倍程度と予想した前提になりますが、県庁所在地の公務員試験は地方上級になると思いますが、そういった状況だと問題のレベルは高いので、そんなに高い点数はとれないでしょう。したがって、筆記試験の倍率が3倍程度だとすると、筆記試験のボーダーラインは6割未満かな?という気がしてきます。筆記試験のボーダーラインの予想は難しいのですが、松江市の公務員試験の筆記のボーダーラインに関してはそういった感じかな?と思います。6割を超えられれば筆記試験に通過する望みはそこそこありそうな気がしますが、6割未満でも通過する可能性はあるでしょう。でも、できれば6割以上を目標にしていきましょう。

 

筆記対策もそうですが、面接対策もしっかりとやっていかないといけません。松江市の二次試験の対策に関しては、面接はもちろんですけど、それ以外の試験についての対策もしていかないといけません。松江市の公務員試験の対策では一次試験においても実は面接はあるようなのです。一次試験は教養試験、適性検査、面接試験となっており、二次試験が作文試験と面接試験となっています。受験案内はその年の最新のものを必ず見ておいてほしいのですが、松江市の公務員試験では一次試験で面接試験があるので、一次試験のボーダーラインも予想は難しいです。面接試験の結果も考慮されるので、ボーダーラインの予想もあまり意味を成さないかな?という気がしてきます。松江市の公務員試験の難易度は全体的に何とも言えませんが、一次試験から面接があるということで、そこが特殊なんですよね。だから、松江市の公務員試験は人物重視と言えるでしょう。配点に関してはちょっと分かりませんが、松江市の公務員試験では面接の配点が高いでしょうね。だから、配点が高い面接をどう攻略するか?が重要になります。したがって、人物重視の自治体であるという前提のもとでは、松江市の公務員試験の難易度は高いでしょう。一般的に言えば、面接が得意な人は少ないので、一次試験から面接があるとなると、筆記試験で良い点数をとっても、面接の出来によっては落ちる可能性もありますから。松江市の配点は筆記よりも面接の方が高いでしょうし、一次試験の勉強をしている時からすでに面接への対応を考えておかないと間に合わないのです。

 

松江市の公務員試験の難易度に関しては、倍率とかよりも別の部分で難しさがあります。松江市の公務員試験は筆記や面接の倍率が分からないのですが、変わった部分があるのでそこについてはあらかじめ知っておきましょう。松江市の公務員試験に受かるにはやはり筆記試験と人物試験の対策が必要ですが、受験する人は以下の本を読んでおくと参考になるかもしれません。以下の本は松江市出雲市の公務員試験に特化した内容となっており、筆記試験や面接試験などで必要な有益な情報が載っている可能性があります。数多くある自治体の中で松江市などに特化しているため、他にはない情報が載っている可能性もありますし、筆記試験の傾向や難易度、面接試験の志望動機や自己PR、その他聞かれる質問への対策に生きるような情報が載っているかもしれません。したがって、松江市の公務員試験を受ける人にとってはかなり重要な情報が書いてある可能性もあるのですが、多くの受験生はこの本は知らないと思うので、ライバルに差をつけたい人、最終合格する確率を少しでも上げるために情報を集めたい人にとってはおすすめと言える可能性があります。良かったら参考にしてほしいと思います。

 

松江市・出雲市の大卒程度 2019年度版 (島根県の公務員試験対策シリーズ)

松江市・出雲市の大卒程度 2019年度版 (島根県の公務員試験対策シリーズ)

 

 

あわせて読みたい記事