特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

群馬県庁の公務員試験の難易度や倍率は高い?筆記のボーダーラインはどれくらい?

群馬県庁の公務員試験を受ける人はどういった難易度なのか?というのを知っておきましょう。群馬県庁の公務員試験に関しては難易度はそれなりに高いと言えます。大卒程度の行政事務職に関しては、倍率は結構高いですから。群馬県庁の公務員試験の難易度については倍率を紹介するので、それでチェックをしておいてほしいと思います。群馬県庁の大卒程度の行政事務職の倍率については、過去の実施結果を見ると、10倍前後という感じです。したがって、結構高いと思うのです。群馬県庁の公務員試験では三次試験くらいまであるようなので、選考はそこそこ長いと言える可能性があります。群馬県庁の倍率の詳細について見ていきますけど、群馬県庁の公務員試験の一次試験の倍率は4~5倍くらいです。筆記試験の倍率としては結構高い方です。群馬県庁の筆記試験の倍率は最大で5倍くらいある年もあるので、そういったときには非常に高いと言えます。群馬県庁の筆記試験の倍率からすると、一次試験のボーダーラインについても結構高い可能性があるのです。

 

群馬県庁の一次試験のボーダーラインは何割なのか?というのは、筆記試験の倍率にも左右されます。群馬県庁では筆記試験の倍率がそこそこ高いため、それだけボーダーラインも上がるという予想ができるのですが、地方上級の日程で採用試験が行われるため、問題のレベルは結構高いので、ボーダーラインがそこまで上がるか?というと微妙だと思います。群馬県庁の筆記試験のボーダーラインについては予想ではありますが、6割届くか?どうかくらいじゃないか?と思います。キリが良いところで言うと6割という表現にしても良いと思いますけど、それくらいに難しいと思います。地方上級は問題も難しいですけど、受験者もかなり勉強してきているはずですし、地方上級を受ける人たちは基本的には学力はかなり高いはずです。だから、群馬県庁の筆記試験のボーダーラインは結構高いと思うので、このボーダーラインを超えるのはかなり勉強しないといけないと言えます。群馬県庁の公務員試験の難易度は高いので、筆記対策をそれだけしっかりとやっておいてほしいと思うのです。群馬県庁の公務員試験の筆記試験に受からないと二次試験以降に進めないので、まずは筆記対策を頑張っていきましょう。

 

そして、二次試験の倍率ですけど、倍率は1.5倍くらいでしょうか?受験者数が分からないので、だいたいの数字になりますが、群馬県庁の公務員試験の面接の倍率に関してはそこまでは高くはありません。1.5倍くらいだと思うのです。でも、三次試験でも面接はありますから。ちなみに三次試験の倍率は1.5倍すらもない感じです。1倍台の前半です。したがって、二次試験と三次試験の倍率を合わせた数字としては、2倍くらいかな?という感じです。つまり、群馬県庁の面接の倍率はそんなに高くはないです。そういったことは知っておいてほしいです。恐らく配点は面接の方が高いでしょう。人物重視とは言えるか?どうかは微妙ですが、群馬県庁の公務員試験の配点は面接の方が高いと思うのです。筆記試験の配点はそこまで高くはないと思いますが、筆記対策は相当やらないといけないです。群馬県庁の公務員試験の試験内容に関しては一次試験が教養と専門となっています。二次試験は論文試験と適性検査、面接試験で、三次試験が面接試験となっているのです。筆記対策では論文試験もありますし、適性検査も対策をしておかないといけないので知っておきましょう。

 

こういったところが群馬県庁の公務員試験の難易度になります。筆記試験の倍率が高いのが特徴てきですけど、配点は面接の方が高い気がします。それでも群馬県庁の公務員試験の一次試験の倍率が高いので、群馬県庁の公務員試験に受かるためには筆記対策は相当やっていかないといけません。地方上級のレベルなので、問題は難しいですから。6割を目標にしてもらいたいですが、6割という数字は現実的には難しいです。したがって、群馬県庁の公務員試験の難易度は高いということで、対策をしっかりとやっていきましょう。群馬県庁の公務員試験は募集人数は結構多いです。行政事務職を例に挙げると、年度によってちょっと違いますけど、50~60人くらいは採用しているみたいです。募集人数が多いので、チャンスはそれなりにあると言えると思います。しかし、群馬県庁の公務員試験の倍率は結構高いので、難易度が簡単というわけではないのは知っておきましょう。

 

群馬県庁の公務員試験を受ける人は以下の本を参考にすると良いかもしれません。こちらは群馬県庁の公務員試験の大卒程度の上級職に特化した本で、群馬県庁の公務員試験に関する情報のみが詰まっています。やはり注目すべきポイントは群馬県庁の公務員試験のみに特化しているというところで、群馬県庁の公務員試験を受ける人にとって、筆記試験や面接試験などで非常に重要な情報が載っている可能性があります。筆記対策や面接対策をするときに、筆記試験や面接試験の傾向や対策の仕方の情報があれば、それだけ他の受験生と比べても優位に立てる可能性があると思います。ここでしか得られない情報が載っている可能性もありますし、こういった本は群馬県庁の公務員試験を受ける受験生でも知らない人が多いと思うので、自分が読んでおくと他のライバルに差をつけられる可能性もあります。情報において有利になるという意味もありますし、本気で群馬県庁の公務員試験に受かりたい人は読んでおくと使える情報が多くあるのかもしれないです。良かったら参考にしてほしいと思います。

 

群馬県の1類(大学卒業程度) 2019年度版 (群馬県の公務員試験対策シリーズ)

群馬県の1類(大学卒業程度) 2019年度版 (群馬県の公務員試験対策シリーズ)

 

 

あわせて読みたい記事