特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

佐賀市の公務員試験の難易度や倍率は高いのか?筆記のボーダーラインはどれくらい?

佐賀市の公務員試験を受ける人はどのくらいの難易度があるのか?というのは気になると思います。佐賀市の公務員試験に関しては、大卒程度の事務職に関して話をしていきますが、佐賀市の場合には公務員試験の情報があまりありません。したがって、ちょっと倍率などが分からないという事情があるのです。佐賀市の公務員試験は9月に一次試験があるようなので、市役所C日程になるでしょうか?県庁所在地ではあるものの、地方上級や市役所上級の日程ではないというところが特徴になります。佐賀市の公務員試験では筆記試験の倍率が分からないので、筆記のボーダーラインなども予想がしづらいですけど、一次試験では教養試験と作文試験が行われているようです。最新の自分が受ける年度の受験案内は確認しておいてほしいですけど、過去の受験案内では教養のみと作文試験になっているので、専門試験は内容です。これは大卒程度の事務職に関してですが。佐賀市の公務員試験の難易度は倍率が分からないので、何とも言えない部分はありますけど、全体的にはそれなりに高いとは思います。募集人数があまり多くないですから。毎年10~20人くらいだと思うので、どれくらい受験者がいるのか?は分かりませんけど、佐賀市の公務員試験の倍率はそれなりに高いと思います。

 

佐賀市の公務員試験の筆記試験のボーダーラインは何割か?ということについて書いていきますが、正直予想するのが難しすぎます。佐賀市の公務員試験の筆記の倍率が全く分からないので、ボーダーラインの数字というのもかなり適当というか、信憑性がないようなものになってしまうと思います。佐賀市の公務員試験の筆記試験は教養のみなのですが、作文試験が一次試験でも実施されるということを踏まえると、そこが難しいところです。倍率が仮に平均程度だとすると、3倍前後くらいになると思うのですが、そうなれば佐賀市の筆記のボーダーラインは5割あれば通過するような気もします。佐賀市の公務員試験は三次試験まであるので、面接の倍率はそれなりにありそうですけど、筆記試験ではそこまで絞らないのではないか?と思うので、筆記の倍率はそこまで高くはないと思います。それを含めて、佐賀市の筆記試験のボーダーラインを予想すると、5割あれば通過する可能性はあると思います。ただ、作文が一次試験で実施されるとすると、そちらの方も加味されるので、5割を超えていても受からないケースも出てくるでしょう。ボーダーラインなので、5割を超えていても受からない人がいる可能性はありますし、これは予想なので正確な数字ではありませんが、少なくとも6割取れれば受かるんじゃないですかね?それで落ちるようなケースがあるとすれば、佐賀市の公務員試験の筆記試験の倍率が高すぎるケースなどが考えられますが、佐賀市の公務員試験の筆記試験の倍率はそんなに高くはないと思います。

 

佐賀市の公務員試験は筆記試験が教養のみなので、数的処理などで点数がとりづらいため、多くの受験生は点数が伸びないと思います。専門試験まであると、そっちで稼げる受験生はいますが、教養のみだと点数がなかなか伸びない人が多いので、それだけ平均点も下がります。だから、佐賀市の公務員試験の筆記のボーダーラインはそんな感じだと思うのです。佐賀市の面接の倍率に関してはさらに予想ができません。三次試験まであるので、高いとは思います。5倍以上あるかもしれないですし、低くても3倍くらいかな?二次と三次あわせてそのくらいかな?と思います。佐賀市の公務員試験の面接は聞かれることは多くあるでしょう。そういった面接で聞かれる質問に対応することが重要なので、面接対策の時間もしっかりととっていかないといけません。佐賀市の公務員試験の面接で聞かれることは多くあると思うので、そういう部分に関しても想像を膨らまして考えていきましょう。ちなみに佐賀市の公務員試験の試験では面接は二次試験と三次試験で実施されますが、二次試験では他に適性検査、三次試験では集団討論もやるみたいです。受験案内で確認をしてもらって、変わっていなければそうなっていると思います。したがって、佐賀市の公務員試験の面接対策だけではなくて、適性検査や集団討論の対策もいるということになるのです。

 

佐賀市の公務員試験の面接の倍率は分かりませんが、恐らく配点は高いでしょう。佐賀市の公務員試験では面接の配点の方が高いと思うので、面接対策も重要なのです。佐賀市の公務員試験では筆記対策も重要ですが、面接対策も時間をかけないとレベルが上がらないと思いますから、両方をとにかく頑張ってほしいです。佐賀市の公務員試験の難易度に関してはざっくりこんな感じですが、佐賀市の公務員試験を受ける人は以下の本が参考になるかもしれません。こちらは佐賀市を含めた特定の自治体に特化した対策本で、佐賀市などを受ける人のためだけに情報をまとめてくれています。したがって、佐賀市の公務員試験の筆記試験の傾向や対策の方法、面接の試験内容や聞かれることの傾向などについて詳しく書かれているのではないか?と思います。この本にしか載っていない情報もあるかもしれませんから、多くの受験生はこの本の存在を知らないと思うので、その中でここにしか書かれていない情報をもとに対策をすると、佐賀市の公務員試験に受かる確率も上がる可能性があるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

 

佐賀市・唐津市・鳥栖市・武雄市の大卒程度 2019年度版 (佐賀県の公務員試験対策シリーズ)

佐賀市・唐津市・鳥栖市・武雄市の大卒程度 2019年度版 (佐賀県の公務員試験対策シリーズ)

 

 

あわせて読みたい記事