特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

水戸市の公務員試験の難易度や筆記と面接の倍率は?ボーダーラインは何割くらい?

水戸市茨城県内でもかなり大きな自治体で、募集人数も多いとは思いますけど、水戸市の公務員試験の難易度はどうなっているのでしょうか?水戸市の公務員試験の難易度は高そうですけど、実際はどうなっているのか?というのは知っておきましょう。水戸市の公務員試験の難易度はそれなりに高いですけど、実際の倍率を見てみると分かると思います。では、水戸市の公務員試験の倍率を見ていきましょう。水戸市の公務員試験の募集人数は20人前後くらいなので、あまり多くないです。水戸市の公務員試験の採用予定者数はそこまで多くはないのですが、倍率はそこまで高くはないものの、採用予定者数はそこまで多いとは言えないので、難易度はそこそこあるでしょう。水戸市の公務員試験の倍率はどうなっているのか?というと、大卒程度の事務職における過去の傾向を見ると6倍くらいです。したがって、そこまで高いわけではないのですが、低いわけでもないのです。水戸市の公務員試験の筆記試験の倍率はどうなっているのか?というと、3倍強くらいです。この倍率自体は普通という感じです。水戸市の公務員試験の難易度についてはこの筆記試験の倍率がまず重要です。水戸市の公務員試験の筆記の倍率は3倍くらいなので、普通という感じです。

 

したがって、筆記試験の倍率は普通なので、ここは難易度では言えば高くはない、気にする必要はないと言えるのではないか?と思います。水戸市の公務員試験の筆記の倍率を見る感じで、水戸市の公務員試験の筆記のボーダーラインはどうなっているのでしょうか?水戸市の公務員試験に受かるには一次試験に通過しないといけませんが、水戸市の公務員試験の筆記のボーダーラインがどうなっているのか?というと、そこまで高そうな感じではないです。筆記試験の倍率は3倍前後なので、恐らく水戸市の公務員試験の筆記のボーダーラインは6割なくても受かるでしょう。地方上級の筆記試験は6割が1つの目安となると思うのですが、6割を切っていても恐らく受かる可能性があると思います。したがって、5割台でも可能性は十分にあると言えると思うのです。予想としては6割弱くらいじゃないですか?5割台後半でも十分に受かる可能性があると言えます。したがって、水戸市の公務員試験の筆記のボーダーラインについては、そういった感じではないでしょうか?水戸市の公務員試験の配点がどうなっているか?分からないので、筆記重視なのか?面接重視なのか?は分かりませんけど、恐らく水戸市の公務員試験では配点は面接の方が高いんじゃないですかね?だいたい地方公務員はそうです。二次試験の配点が高いので、水戸市の公務員試験でも二次試験の配点が高い気がします。

 

水戸市の公務員試験の筆記試験のレベルに関してはこういった感じですけど、水戸市の公務員試験の面接試験の倍率はどうなっているのでしょうか?水戸市の公務員試験の面接の倍率については、2倍くらいです。したがって、こちらも標準的な倍率と言えます。水戸市の公務員試験は全体の倍率も普通で、筆記の倍率と面接の倍率も普通なので、特に特徴もないという感じですが、水戸市の公務員試験は地方上級のレベルなので、簡単には受かりません。水戸市の公務員試験の配点は面接の方が高いとしても、筆記試験の問題はかなり難しいと思うので、水戸市の公務員試験の筆記のボーダーラインを超えるために、筆記対策はしっかりとやっていきましょう。水戸市の公務員試験の筆記対策に関しては、地方上級のレベルに慣れないといけません。水戸市の公務員試験では教養試験と専門試験が出ると思いますが、受験案内を見て最新の情報をちゃんと調べておいてほしいです。教養と専門試験の対策でも時間はかかりますけど、さらに論文などがある可能性もあります。論文対策もそれなりに時間はかかりますけど、やはり教養と専門はさらに時間がかかりますし、時間をかけて対策してもどこまで解けるか?分かりません。早く始めるに越したことはないので、水戸市の公務員試験を受ける人は筆記対策に特に力を入れておきましょう。

 

水戸市の公務員試験の難易度は難しいと思うので、その中で受かるには筆記試験も面接試験も頑張っていかないといけません。どちらも大変だと思うのですが、筆記対策をするときには過去問を中心にやっていかないといけないので、そこは知っておきましょう。水戸市の公務員試験の難易度にちょうど良いのは地方上級の過去問になると思います。本番の問題のレベルも把握できますし、以下で紹介している地方上級の過去問をやっていきましょう。地方上級の過去問をやって、どれだけとれるか?6割くらいとれるか?どうかを確認するという意味もありますが、重要なのは地方上級の過去問において自分ができないところがはっきりわかるので、そこを残りの時間で対策をして、本番までにできないところを補強し、少しでも点数を上げていくということなのです。過去問をやる意味は、自分の実力を把握するためよりも、本番までにできるだけの点数を上げていくことなのです。そういったことをするためにはある程度時間が必要なので、筆記試験のギリギリのときにやるのではなく、ある程度時間的な余裕があるときにやっておいてほしいと思います。水戸市の公務員試験の難易度はそれなりにあるので、筆記対策は時間をかけて丁寧にやっていきましょう。水戸市の公務員試験に受かりたい人はしっかりとまずは筆記対策をしておいてほしいと思います。

 

 

地方上級 教養試験 過去問500 2019年度 [大卒用] (公務員試験 合格の500シリーズ6)

地方上級 教養試験 過去問500 2019年度 [大卒用] (公務員試験 合格の500シリーズ6)

 
地方上級 専門試験 過去問500 2019年度 (公務員試験 合格の500シリーズ7)

地方上級 専門試験 過去問500 2019年度 (公務員試験 合格の500シリーズ7)

 

 

あわせて読みたい記事