特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

茨城県庁の公務員試験の難易度や筆記と面接の倍率は?ボーダーラインは何割?

茨城県庁の公務員試験の難易度はどうなっているのでしょうか?茨城県庁の公務員試験を受ける人は、その難易度がどれくらいか?というのは知っておいてほしいです。茨城県庁の公務員試験の難易度に関しては過去の実施結果を見ると分かりやすいと言えるでしょう。茨城県庁の公務員試験の倍率を見ると、大卒程度の事務職に関しては7倍前後くらいだと思われます。この数字は普通って感じでしょうか?公務員試験の大卒程度の事務職の中では普通くらいだと思うので、茨城県庁を受ける人は知っておいてほしいと思います。茨城県庁の公務員試験の難易度はそういった感じで、大卒程度の事務職に関しては、そこまで高いわけではないのですが、筆記対策からきちんとやっていかないといけないと言えるでしょう。茨城県庁の公務員試験の対策をするときにはまずは筆記試験です。初めて公務員試験を受ける人にとっては分からないかもしれませんが、茨城県庁のような都道府県庁の試験は地方上級という日程に分類されます。この地方上級は筆記試験の問題がとても難しいので、それを知ったうえで受験をしていってほしいと思います。茨城県庁の筆記試験も問題のレベルは高いので、そこは頭の中に入れておきましょう。

 

茨城県庁の公務員試験の倍率について解説をしていきたいと思います。茨城県庁の大卒程度の事務職は募集人数は結構多いです。募集人数は50人以上は毎年あるようなので、茨城県庁に受かる可能性は結構ありそうです。問題は茨城県庁の筆記試験の倍率ですが、例年は3~4倍くらいとなっており、そこまで高くはないのです。普通くらいの筆記試験の倍率と言えると思います。茨城県庁の公務員試験の筆記の倍率はこういった感じなので、問題は筆記試験のボーダーラインがどれくらいか?ということになるでしょう。茨城県庁の公務員試験の筆記のボーダーラインに関しては、倍率などを考慮しないといけませんけど、茨城県庁の公務員試験の問題のレベルや筆記試験の倍率を踏まえて考えると6割弱くらいかな?と思います。6割を超えれば地方上級はまず受かるのではないか?と思いますけど、これは倍率が平均的な場合の話なのです。茨城県庁の公務員試験の筆記の倍率はどうか?というと、平均的な倍率だと思いますから、6割を超えれば受かる可能性は割と高いです。したがって、茨城県庁の公務員試験の筆記のボーダーラインは6割を下回るのではないか?と思います。ちょっと高めに予想をしても6割弱くらいとなりそうです。ただ、これは予想なので正確な数字ではないですから、保証はできませんが。それに問題のレベルが年によって変わることもあるので、それによっても茨城県庁の公務員試験の筆記のボーダーラインは変化します。そこも知っておいてほしいです。

 

ちなみに茨城県庁の公務員試験の面接の倍率はどうなっているのでしょうか?茨城県庁の公務員試験の面接の倍率はどうなっているのか?というと、2倍弱くらいのようです。2倍弱という面接の倍率はどうなのか?というと、これは普通くらいです。したがって、茨城県庁の公務員試験の難易度は全体としても普通くらいでしょうか?筆記試験の問題が難しいので、きちんと勉強をしないと一次試験に受からないということになりますから、そこはちゃんとやらないといけませんが、きちんと勉強をすれば茨城県庁の公務員試験は最終合格できる可能性があります。茨城県庁の公務員試験の面接の倍率は低いですけど、恐らく配点は面接の方が高いです。したがって、茨城県庁の公務員試験の面接の倍率は低いかもしれませんが、人物重視である可能性もあります。茨城県庁の公務員試験では面接の配点が高い可能性があり、筆記試験よりも面接試験の方が配点が高いならば、茨城県庁の公務員試験は人物重視ということも言える可能性があるのです。茨城県庁の公務員試験の配点は筆記と面接はどうなのか?というのを調べておけると良いかもしれないです。

 

茨城県庁の公務員試験の難易度は全体的にはそこまで難しいわけではないが、やはり筆記試験をいかに通過するか?ということが重要です。筆記試験を突破しても、配点が高いと思われる面接試験があるので、そこをなんとかしてクリアしないといけませんが。ちなみに茨城県庁では二次試験は個別面接が2回、適性検査と集団討論があるようなので、かなりボリュームのある試験となっています。茨城県庁の公務員試験の配点では筆記よりも面接の方が高くて、人物試験がこれだけあるとなると、そちらの対策もしっかりとしていかないといけないでしょう。茨城県庁の公務員試験では一次試験は筆記試験で教養試験と専門試験があると思われますが、一次試験から二次試験までの試験内容に関しては、最新の受験案内を各自でチェックしておいてほしいです。その年によって試験内容が変わることがあるので、最新の受験案内をちゃんと見ておきましょう。茨城県庁の公務員試験の難易度に関してはそういった部分からもチェックしておいてほしいのです。茨城県庁の公務員試験の筆記対策としてはやはり過去問をやるのが重要なので、地方上級の過去問を買ってどれだけできるか?を確認しておくと良いでしょう。

 

茨城県庁の公務員試験の過去問は地方上級のモノが良いと思うのですが、それは以下のモノになります。こういった過去問は地方上級の教養試験と専門試験の過去問のレベルを知ることができますし、自分がどれだけ解けるか?を知ることもできますし、自分ができなかったところ、弱点を知ることもできますから、こういったところから茨城県庁の公務員試験の問題のレベルを把握し、弱点を残りの時間で重点的に克服していくということをしていきましょう。過去問やるということが筆記対策としては重要なので、早めに取り組んでほしいと思います。茨城県庁の公務員試験に受かりたい人は難しい試験になりますが、筆記試験から面接試験までしっかりと対策をしていけば受かる可能性はそれなりにあると思いますから、頑張って対策をしていきましょう。

 

 

地方上級 教養試験 過去問500 2019年度 [大卒用] (公務員試験 合格の500シリーズ6)

地方上級 教養試験 過去問500 2019年度 [大卒用] (公務員試験 合格の500シリーズ6)

 
地方上級 専門試験 過去問500 2019年度 (公務員試験 合格の500シリーズ7)

地方上級 専門試験 過去問500 2019年度 (公務員試験 合格の500シリーズ7)

 

 

あわせて読みたい記事