特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

成田市の公務員試験の難易度や倍率は?筆記のボーダーラインは何割か?

千葉県の成田市は日本においても中心となるエリアで、ここで働く公務員も多くいます。成田市の公務員試験の難易度はどうなっているのか?というのは知っておくと良いと思います。成田市の公務員試験を受ける人は難易度について詳しく理解しておくと良いと思うのです。成田市の公務員試験では募集人数はそれなりにいます。大卒程度の一般行政職に関しては、過去の実施結果を見ると専門試験がある場合とそうじゃない場合があるようです。成田市の場合には大卒程度の一般行政職という面においてはそういった部分もあります。募集人数もそれぞれで違うようです。専門試験がある方は15人くらい、専門試験がない方は5人くらいでしょうか?したがって、募集人数は専門試験がある方が多いのです。倍率はどっちが高いのか?ということになりますから、そこも見ておかないといけないと思います。成田市の公務員試験の倍率に関しては過去の試験結果を見ていくと良いのですが、平成29年度の試験結果を見ると、専門試験ありの方は297人が受けて15人が合格しています。だから、倍率としては20倍くらいですか?一方で、専門試験がない方は85人が受けて5人くらいなので、15倍強くらいでしょうかね?どっちも高いです。でも、専門試験なしの方が倍率は低いのです。ここが成田市の公務員試験の難易度にもかかわってきます。

 

全体の倍率については簡単に話しましたけど、筆記試験と面接試験の別に倍率の詳細を書いていきたいと思います。年度によって変わる部分もありますが、同じく平成29年度の成田市の公務員試験の筆記試験の倍率は専門試験ありの方は297人が受けて203人が合格していますから、かなり低いです。2倍未満ということになります。そして、専門試験なしの方は85人受けて49人が合格しており、こちらも2倍未満です。どちらも成田市の公務員試験の筆記試験の倍率は低いのです。どちらのケースにおいても、一次試験の倍率は低いです。ただ、その分面接試験の倍率が高いということになります。成田市の公務員試験は面接重視と言えると思うのです。面接重視ということは筆記試験よりも面接で多くの人を見極めたいということなのでしょう。成田市の公務員試験の二次試験の倍率はどうなっているのか?というと、成田市の公務員試験では二次試験で終わりではなく、それ以降も選考は続くみたいですが、二次試験以降の受験者が分からないものの、一次試験の合格者と最終合格者の人数で判断するしかないのですが、専門試験ありの方は203人の15人なので、10倍以上あります。専門試験なしの方は49人の5人なのでこちらも10倍くらいあります。恐らく二次試験以降は人物試験になるので、面接試験が中心になると思います。成田市の公務員試験の二次試験の倍率はどちらも10倍くらいあるということで、かなり成田市の公務員試験の難易度は高いのです。二次試験の倍率がここまで高いケースはなかなかないでしょう。

 

したがって、こういった感じで成田市の公務員試験の難易度を捉えてほしいと思いますけど、人物重視の感がかなり出ているので、成田市の公務員試験の難易度は高いです。筆記試験が簡単に受かるか?というと、そうは思えませんが、成田市の公務員試験は明らかに人物重視なので、面接試験の対策をしっかりとやっていかないといけないのです。成田市の公務員試験に受かるにはやはり面接試験の対策が重要と言うことになりますから、そこは知っておきましょう。成田市の公務員試験は面接重視ということですが、筆記試験を通過しないといけないので、もちろん筆記対策もしっかりやっていく必要はあります。成田市の公務員試験の試験内容については受験案内などを見れば良いと思うのです。受験案内を見ると、成田市の公務員試験についてよく分かるはずですから。成田市の公務員試験の受験案内を見ると、一次試験は教養試験と専門試験(30問の選択制)となっています。ちなみに専門試験なしの方は教養試験のみのようです。二次試験は口述試験と作文試験となっており、三次試験以降に関しては記述がないので、三次試験以降はないという可能性も高いです。つまり、すでに話した成田市の公務員試験の面接の倍率は二次試験の倍率として考えても良いということなのです。成田市の公務員試験に受かりたい人はこういった感じで対策をしていくと良いと思います。ちなみに成田市の公務員試験の筆記試験のボーダーラインはどうなっているのか?というと、予測しかできませんが、問題のレベルや倍率を考慮すると5割超えられれば通過する可能性は十分ありそうな気がします。成田市の筆記のボーダーラインについてはそれくらいじゃないか?と思うのです。成田市の筆記試験のボーダーラインは何割か?というのは難しいですけど、成田市の公務員試験の筆記のボーダーラインについては高いとは思えないので、そのくらいの数字ではないでしょうか?

 

ただ、受験案内の内容は変わる可能性があるので、自分が受ける年の最新の受験案内を必ず確認しておいてほしいです。成田市の公務員試験に受かるにはやはり筆記対策が重要になるので、過去問で対策をしておいてほしいです。使うべき過去問は以下の市役所試験のものになると思います。成田市の公務員試験の日程は毎年7月みたいですから、市役所B日程になるでしょう。成田市の公務員試験の大卒程度の一般行政職は問題のレベルはそこまで高くはないと思います。市役所試験の問題のレベルになると思うので、以下の問題集などをしっかりとやって対策をしていけば、成田市の公務員試験の筆記試験の倍率は低いですし、十分通過ができるのではないか?と思います。成田市の公務員試験の筆記対策としてこういった過去問を使って、本番の問題のレベルを確認しながら、さらにはできなかったところを重点的に対策をすると、本番での点数が上がりやすくなり、筆記試験に受かりやすくなると思うのです。したがって、ちょっと早い段階から過去問を解いて対策をしていくと良いと思います。

 

あわせて読みたい記事