特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

松戸市の公務員の難易度や筆記と面接の倍率は?一次試験のボーダーラインはどうか?

千葉県の松戸市の公務員試験の難易度はどれくらいでしょうか?千葉県の松戸市の公務員試験は毎年6月に事務職の採用試験が行われているようです。松戸市の公務員試験の事務職の難易度はどうなっているのか?というと、過去の実施結果を見れば、ある程度の難易度は分かりますが、松戸市の場合には実施結果に関して詳細が分からないのです。募集人数と応募者がどれくらいいたか?は載っているのですが、それ以外が見つからないのです。ちなみに平成29年度のものでいうと、松戸市の公務員試験の事務職の募集人数は50人となっており、応募者は329人です。この時点で倍率は6割強くらいです。ただ、最高でも倍率は6割ということになります。実際はこの329人のうち受けない人もいるので、250~300人くらいになるのかな?と思います。そうなると、松戸市の公務員試験の倍率は5倍強くらいになるのではないか?という予想です。これは松戸市の公務員試験の全体の倍率であって、筆記試験や面接試験の個別の倍率まではちょっと分かりません。しかし、全体の倍率が仮に5倍くらいだとすると、筆記も面接も2倍くらいじゃないか?と思います。一次試験に受かった人の中で、二次試験を受けない人もいるので、それを踏まえると、面接試験の倍率はちょっと低い可能性もありますから。募集人数の50人以上は合格するという前提ならば、松戸市の公務員試験はそれくらいの倍率かな?と思います。

 

ただ、松戸市の過去の倍率を見ると平成28年度以前の倍率はもっと高いのです。30~40倍くらいあって、そのときの倍率と平成29年度の倍率は全く違うような状況になっているので、松戸市の公務員試験の難易度というのは、そういった部分を見ると、年度によってかなり違います。平成29年度は5倍くらいとなっていますが、その倍率とは比べ物にならないくらいに高い年もあったので、今後の松戸市の公務員試験の倍率は本当に注目です。松戸市の公務員試験の難易度は難しい年は本当に難しいですから、そこは知っておいてほしいです。松戸市の公務員試験の難易度に関してはこういった部分も重要になります。松戸市の公務員試験では筆記試験の倍率も分からないので、ボーダーラインは予想が難しいです。松戸市の公務員試験の筆記のボーダーラインは予想ができませんが、地方上級の日程で行われるので、問題が難しいということを考えると、松戸市の公務員試験の筆記のボーダーラインはそんなに高くはない気がします。松戸市の公務員試験の筆記試験のボーダーラインというのは、その年の松戸市の公務員試験の倍率にも関係するのですが、筆記試験の倍率が分からないのが問題なのです。松戸市の公務員試験の筆記の倍率によって、ボーダーラインは変わってくると思うのですが、その筆記試験が分からないことと年度によって松戸市の公務員試験の倍率が全然違うということがあるので、松戸市の公務員試験の筆記のボーダーラインは何とも言えません。一般的に言えば6割とれれば受かるケースが多いですけどね。

 

ただ、倍率が30倍以上になっているようなケースもありそうなので、そのときには松戸市の筆記試験のボーダーラインはかなり上がる可能性があります。松戸市の公務員試験の筆記のボーダーラインは低いときで5割台の中盤から後半、高いと6割台の中盤くらいかな?と思います。地方上級は問題が難しいですから、松戸市の公務員試験の筆記のボーダーラインはそこまで極端に高くなるとは思いませんが、松戸市の公務員試験の筆記試験の倍率が分からないので、何とも言えません。ちなみに松戸市の公務員試験の面接の倍率も分かりませんから、面接もどれだけ難しいのか?人物重視なのか?も分からないと言えます。松戸市の公務員試験はある程度は人物重視だと思います。地方公務員は基本的に人物重視なので、松戸市の公務員試験でも面接試験の配点は高いでしょう。二次試験以降が人物試験になるので、面接などの配点は筆記試験よりも高いと思います。そうなると、もちろん面接対策もしていかないといけないとなるのです。松戸市の公務員試験の筆記対策も重要ですけど、面接対策も重要ということになります。松戸市の公務員試験の配点は調べれば出てくるかもしれませんが、筆記試験よりは面接試験などの人物試験の方が配点は高いと思います。そして、松戸市の公務員試験の試験内容について知っておきましょう。

 

松戸市の公務員試験では一次試験は筆記試験で、教養試験と専門試験が行われます。二次試験は適性検査と集団面接、三次試験は個別面接となるようです。これは前年度の受験案内に載っている試験内容なので、変更があるかもしれませんから、各自で松戸市の公務員試験の最新の受験案内を見ておいてほしいと思います。ちなみにこれは大卒程度の事務職の試験内容になっています。三次試験まであるので、やはり松戸市の公務員試験は人物重視という雰囲気があります。筆記試験も難しいと思いますけど、人物試験も対策は大変なので、松戸市の公務員試験の配点は面接が高いでしょうし、対策をしっかりとやっていきましょう。松戸市の公務員試験を受ける人は過去問もちゃんとやっておいてほしいと思います。地方上級という可能性もありますが、市役所上級という可能性もあります。政令指定都市ではないので、市役所上級ならば、市役所試験の過去問をやっていくと良いと思います。松戸市の公務員試験の筆記対策では、以下のような過去問が売っているので、それで本番の試験のレベルを確認し、できない問題を中心に対策をして、本番でとれるようにしていけば、点数が1点でも上がる可能性があるので、そういったことを心がけていきましょう。

 

市役所上・中級 教養・専門試験 過去問500 2019年度 (公務員試験 合格の500シリーズ9)

市役所上・中級 教養・専門試験 過去問500 2019年度 (公務員試験 合格の500シリーズ9)

 

 

あわせて読みたい記事