特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

三井物産の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名と激務の問題は?離職率や平均年収の評判は?

総合商社と言えば、多くの就活生に人気で、この業界に入りたい人も多くいるのではないでしょうか?その中でも三井物産は多くの就活生にとって人気の会社で、規模も大きいです。三井物産に就職したい人は難易度がどれくらいなのか?に関して知っておいてほしいと思います。三井物産は従業員数がかなり多いので、採用人数もそれなりに多いのではないか?と思われます。しかし、三井物産の就職の倍率は相当高いです。倍率が高いということはある程度は予想ができると思いますけど、三井物産の就職の倍率に関しては100倍以上は確実と言われています。相当な大企業なので、倍率が高いのはしょうがないでしょうけど、この倍率で受かるのはかなり難しいでしょう。三井物産に州少くしたい人は難易度が高いというのは分かるとは思いますが、三井物産と言えば採用に学歴や大学名が関係あるのではないか?と思う人もいるのではないか?と思います。大学名や学歴は大手企業ならば関係するのではないか?と思われる人も多いかもしれません。実際、三井物産ではこういった部分が合否に関係してくるのか?または学歴フィルターがあるのか?については正確な情報はありませんが、このレベルの企業になるとそういったものがあっても不思議ではないのです。三井物産に学歴フィルターがあるのか?は分かりませんが、学歴や大学名による差が合否に関係している可能性はあると思います。

 

三井物産の採用実績校を見てみると、有名大学が並んでいます。私立大学も国公立大学もかなり有名な大学が並んでいるのです。しかし、中には偏差値がそこまで高いとは言えない大学も含まれています。しかし、それは女子大なので、一般職での採用という可能性があります。三井物産は総合職と一般職での採用があるようなので、一般職という採用ということで言えば女子大の採用もありえますし、そこからは偏差値が高くはないところから採用されているとしても頷けると思います。したがって、一般職の場合には三井物産は大学名や学歴はそこまで関係ないのではないか?と思います。ただ、総合職の場合には話すは別である可能性があるので、三井物産の採用においては学歴や大学名が総合職の場合には関係ある可能性があります。一般職というのは女子学生の話だと思うのですが、そういったケースでは相対的に大学名や学歴は関係ないと言えるかもしれませんけど、総合職の応募では三井物産の採用では大学名や学歴が関係あるということになるのではないか?と思います。でも、それが学歴フィルターのレベルなのか?そうじゃないのか?は分かりません。三井物産のレベルだと応募者が大量にいるはずなので、学歴フィルターがあっても不思議ではないです。三井物産の採用では学歴フィルターがあるか?どうかは実際にそれ相応の大学のレベルの人が会社説明会などに申し込もうとしないと分からないでしょう。インターネットで情報を検索すれば、体験談なども見つかるかもしれませんが、三井物産の就職で学歴フィルターがあるのか?は想像しかできませんが、学歴や大学名が総合職の採用において関係するというのはあるでしょう。

 

三井物産の評判についてはどうなっているのか?というのも知っておいてほしいです。三井物産で働いている人の口コミなどを見れば、三井物産の評判が分かるので、やりがいとか、どこに満足しているのか?とか、三井物産の良いところなども把握できると思います。三井物産に就職したい人はそういったところも調べておきましょう。三井物産の就職の難易度が高い理由は、こういったところを調べると分かると思いますから。まず、三井物産離職率に関して言うと相当低いです。1%くらいなので、これはほぼ辞める人はいないと言えるくらいの数字です。辞める理由がないという部分があるのかもしれません。三井物産というと安定はしているでしょうし、将来性もあるでしょう。総合商社なので、いくつもの事業をやっているという意味では、安定感は大手企業の中でも群を抜いている気もします。三井物産の魅力はそういったところにあると思いますけど、三井物産離職率というのは1つ重要なポイントになると思うので覚えておきましょう。それ以外の三井物産の評判で言うと、平均年収も高いみたいで、給与水準にはかなり満足していて、手当も厚いために辞める理由がないと言っている人が実際にいます。したがって、かなり恵まれた環境で働けるということになるのではないでしょうか?年齢や部署などによって給料の額は違うと思いますけど、三井物産の平均年収は相当高いでしょう。正確な数字は分かりませんが、1000万円は超えていると思います。

 

平均年収の高さというのも三井物産の魅力ではありますけど、それ以外の社員の口コミはどうなっているでしょうか?残業に関しては三井物産では差がかなり顕著という口コミがあります。つまり、三井物産では激務なケースもあれば、そうじゃないケースもあるということになるのです。三井物産では部署ごとに激務になることもあれば、そうじゃないこともあるので、忙しい度合いは人それぞれ違っているということが言えますけど、三井物産で長く働けば激務になることもあるということなのです。総合商社の時点で、忙しい日常があるということはある程度分かっているとは思いますが、三井物産に就職したい人は激務になる前提でいないといけないでしょう。海外での勤務になれば、当然ながら三井物産の社員は忙しい日々を送る可能性もあります。日本においても激務という日はあると思いますけど。ただ、三井物産では上司に相談をすれば、残業時間が多かったりしたときには調整をしてくれるという口コミもあるので、そういったところは三井物産の評判として非常に評価できる部分ではないでしょうか?三井物産のっ採用試験の倍率は非常に高いですし、難しいと思いますが、こういった評判の情報を調べると、三井物産の魅力なども分かってくると思いますから、三井物産の就職の難易度の中で勝ち抜いていくためには、こういった情報をモチベーションにして頑張ってほしいですし、自分でもインターネットなどで検索できるので、調べてみてほしいと思います。

 

三井物産の会社研究 2018年度版 (会社別就職試験対策シリーズ 商社)

三井物産の会社研究 2018年度版 (会社別就職試験対策シリーズ 商社)

 

 

あわせて読みたい記事