特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

網走市の公務員試験の難易度は?筆記と面接の倍率とボーダーラインはどうか?

北海道の網走市の公務員試験はどういう状況か?というと、毎年大卒程度の事務職は募集がされているようです。ただ、採用人数は多くなくて、10人弱くらいなのかな?と思います。最終合格者数というのは、ここ数年5~10人くらいとなっています。したがって、網走市の公務員試験においては採用人数は多くはありませんが、公務員試験の難易度の全体としてはあまり高くはないと思います。網走市の公務員試験の難易度に関しては、過去の結果から見ると、あまり高くないです。例えば、平成28年度の試験結果は48人が受験して9人が合格しています。全体の倍率としては5倍くらいでしょうか?全体の倍率は高くはないので、難易度もそれほど高くはないと思うのです。網走市の大卒程度の事務職の公務員試験の倍率は毎年同じような感じなのかな?という感じです。網走市の公務員試験の難易度に関して詳しく説明していきますけど、平成28年度の試験結果で見ると、一次試験は48人受けて12人が合格しています。筆記試験の倍率は4倍です。この数字はちょっと高いかもしれません。網走市の公務員試験の筆記の倍率は4倍ということですが、過去の傾向を見ると3~4倍くらいとなっているので、だいたいこのくらいの筆記の倍率を想定しておくと良いと思います。

 

網走市の公務員試験の筆記試験の倍率に関しては年度によって変わると思います。したがって、受験者数がそこまで多くないということを踏まえると、この倍率は変動する可能性がかなりあります。そういった部分は知っておかないといけないのです。そして、面接試験の倍率はどうなっているのでしょうか?網走市の公務員試験の面接の倍率はこの年は11人が受けて9人が合格しているので、ほぼ1倍という感じです。ほぼ全員が受かっているという状況ですけど、受験者が少ないので、倍率を出すというレベルではないかもしれません。ただ、この年は11人中9人が受かっていますが、その前の年は17人中9人が受かるということになっています。したがって、網走市の公務員試験の面接の倍率はその年によって違うということです。高くて2倍くらいで、低いと1倍くらいということで差があるので、網走市の公務員試験の大卒程度の事務職の場合には、こうやって倍率が特別高いわけではないが、年度によって幅があるということなのです。だから、こういった部分は網走市の公務員試験を受ける人は知っておきましょう。網走市の公務員試験の倍率に関しては筆記試験の方が高くなる可能性が高いと思いますけど、筆記試験も面接試験も変動があると思うので知っておきましょう。

 

網走市の公務員試験の倍率に関しては調べておいてほしいですけど、筆記試験のボーダーラインはどうでしょうか?網走市の公務員試験の大卒程度の事務職については受験案内の過去のものが見つからないので、筆記試験の内容が分かりませんから、確実なことは言えないものの、恐らく教養試験のみではないか?と思います。別途、論文試験などもあるかもしれませんが、択一試験は教養のみの可能性が高いと思います。網走市の公務員試験の過去の一次試験の実施日を見ると、6月、7月、8月、9月など、年度によって少し違うのですが、恐らく市役所B日程やC日程かな?と思うのです。したがって、教養のみだと思いますが、最新の受験案内を見られれば、それで確認をしてほしいと思います。教養のみだとすると、網走市の公務員試験の筆記試験の倍率を考慮すると、50%あれば望みはあると思います。問題のレベルはそこまで高くないと思いますから、50%あれば網走市の公務員試験筆記のボーダーラインを超えている可能性があると思います。60%あればかなり一次試験の合格する可能性は高まるでしょう。ボーダーラインは正確には予想できませんが、そういった点数を目標にしていくと良いと思います。網走市の公務員試験の受験案内は最新のものは時期が近付けば載ると思いますから、受験する予定の人はそういったものを各自でチェックしておいてほしいと思います。

 

網走市の公務員試験の難易度は全体としては高くはないと思います。筆記の倍率は普通くらいだと思いますし、面接の倍率はそれほど高くないので、全体としても網走市の公務員試験の難易度は普通くらいか、そんなに高くはないと思います。だから、筆記対策をきちんとすれば筆記試験に受かる可能性は十分あると思います。だから、あとは面接試験の対策をどれだけきちんとできるか?でしょう。志望動機なども考えていかないといけないので、面接対策は大変だと思いますけど、網走市の公務員試験に受かりたいならば志望動機や自己PRを含めて、面接対策をしっかりやれば受かる可能性はそれなりにあるでしょう。例年面接の倍率ば高くないので。網走市の公務員試験の筆記対策も面接対策も両方とも頑張って、網走市の公務員試験に受かるように対策をしていってください。網走市の公務員試験の難易度については理解をしてから、網走市の公務員試験のための筆記対策と面接対策をしていくと良いと思います。筆記試験も重要ですけど、志望動機や自己PRなどの部分も筆記対策をしながら、少しずつ考えていけると良いと思います。

 

網走市の公務員試験の筆記対策については、過去問をやるのが良いと思いますが、以下のものが参考になるでしょうか?網走市の公務員試験では日程からいって、市役所B日程かC日程になると思うので、市役所試験の過去問が良いと思います。独自日程という可能性もありますけど、問題のレベルは市役所試験に近い気がするので、以下のような過去問が網走市の公務員試験の筆記対策には特に合っている気がします。こういった過去問を解くと、網走市の公務員試験の筆記試験のレベルに近い問題を解いて、問題に慣れることもできますし、自分がどれくらい解けるか?というのも分かります。そして、過去問を解いてできてなかったところ、苦手な分野に特化して勉強をしていくと、本番までに少しでも点数が上がるので、筆記試験に受かる可能性も高くなります。そういった作業が必要になりますから、過去問は本番の筆記試験の前に余裕を持って始めてほしいと思います。過去問を解くことが公務員試験の筆記対策では重要で、これこそが本番での点数を上げるために重要なので、しっかりと準備をしておいてほしいと思います。

 

市役所上・中級 教養・専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ9)

市役所上・中級 教養・専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ9)

 

 

あわせて読みたい記事