特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

テレビ朝日に就職したい人の難易度や倍率は?評判は激務で忙しい?学歴や大学名は関係するのか?

テレビ朝日と言えば、民法のキー局の中でも人気は高いです。アナウンサーとしての就職も難しいですけど、それ以外の職種としての就職もかなり大変です。テレビ朝日の就職の難易度というのは誰もが分かることだと思うのですが、倍率を見るとより実感しやすいかもしれません。テレビ朝日の就職の倍率はおよそ500倍となっています。100倍とかでもかなり高いのに、500倍と言われたら無理ゲーすぎると思う人もいるのではないでしょうか?テレビ朝日の採用試験の難易度はとても高いということで知っておきましょう。テレビ朝日に就職したい人はこういった高い倍率を勝ち抜かないといけません。先が見えない戦いになると思うのですが、テレビ朝日の就職の難易度は高いとしても、これだけ倍率が高いと大学名や学歴が関係するのではないか?と思う人もいるのではないでしょうか?テレビ朝日の採用では学歴や大学名は影響するのか?に関しては推測しかできません。例えば、アナウンサーの学歴を見ると高学歴だけが採用されているわけではないのです。相対的に有名大学の人が多いですけど、それはアナウンサーを目指す人はそもそも有名大学に入ることを目指すので、有名大学にアナウンサー志望の人が多いため、結果として採用される人も有名大学の人が多いとなるのです。テレビ朝日のアナウンサーの中にはFランまではいかないかもしれないが、世間的には偏差値が高くないと評価できる大学出身の人も採用されているので、学歴フィルターがあるというのは想像しづらいかもしれません。

 

テレビ朝日の就職では学歴や大学名が関係するか?どうかは分かりませんが、何らかのフィルターで足きりをする可能性はあるでしょう。なんといっても倍率が500倍以上となれば、少なからずそれを絞る仕組みが必要になるからです。テレビ朝日に就職サイたい人は大学名や学歴にこだわらず、選考に応募してみることが必要と言えると思います。テレビ朝日では学歴や大学名は関係あるともないとも言えませんから、結局は人物重視というか、その人本来の魅力の部分で見られている割合は高いと思います。そうはいっても、倍率が尋常じゃないので、テレビ朝日に就職したい人にとっては難しいとは思いますが。テレビ朝日の就職の難易度はかなり高いので、その点に関してはまず知っておきましょう。そして、テレビ朝日の就職に関しては評判をチェックしておくことも重要です。テレビ朝日に就職した人の口コミなどを見ていくと、そういった部分が分かるのではないか?と思います。テレビ朝日に就職したい人は口コミなどをチェックして、会社の実態について調べていきましょう。テレビ朝日に入社した人の口コミはここでも紹介していきます。

 

テレビ朝日に就職した人はどんな口コミを残しているのか?というと、いろいろとあります。部署ごとに結構仕事が違うという声があります。テレビ朝日は部署も多く、働いている人も多いので、それぞれでかなり違うことをやっている可能性もあると思いますが、テレビ朝日に就職した人の口コミでは部署は違えど、給料は常に高いということが言われています。テレビ朝日の平均年収はどの情報を参考にするか?にもよりますが、800万円程度はあるようです。部署によって忙しいところと、そうじゃないところに分かれるみたいですけど、そういった違いにかかわらず、給料は常に高いと言っている人がいるので、ここはテレビ朝日の評判としても大きいと言えます。部署によってはテレビ朝日に就職した人は激務に感じている人もいるみたいっですが、そうじゃない場合もあるので、激務のときとそうじゃないときの差が結構あるみたいです。だから、どの部署で働くか?というのが非常に大きいと言えるのが、テレビ朝日に就職した人たちの口コミになります。残業手当に関しては無制限にちゃんとつくような部署もあれば、そうじゃない部署もあるらしいので、そこの差が不満に感じる人もいるということも言われています。ただ、テレビ朝日に就職すると平均年収は高いので、そこは評判としても大きいです。テレビ朝日に就職したい人は給料高い部分にも憧れている人は多いでしょうから。

 

テレビ朝日に就職した人はそれぞれで違う仕事をしており、部署が違うので、生活リズムとか、働く時間帯なども結構違うみたいですが、収入面は割と評価している声が多いです。働いた分はちゃんともらえるとか、残業手当が出るとか、平均年収が高いとか、そういった声はあります。働き方は部署によって違いますけど、長く働いていれば激務のところに配属されることもあると思うので、テレビ朝日では忙しい瞬間は絶対にあると思うので、そこは知っておいた方が良いです。テレビ局の忙しさは他の会社とはちょっと違う面もあると思いますから。他の会社も忙しいところは山ほどあると思いますけど、忙しさの種類が違うというか、テレビ朝日に就職したときの激務と他の会社に就職したときの激務は違うでしょう。生活リズムが不規則になりがちだと思いますし、働いている時間帯が一般的な会社とは違うケースもあると思うので、平均年収も高いですし、そこで釣り合いがとれていると思えるから頑張れると思うのでしょうけど、テレビ朝日に就職すると忙しい部分は絶対にあるので、そこは知っておかないといけないでしょう。激務なのはテレビ朝日に限りませんが、テレビ局の場合には忙しい程度が違うというか、忙しい部分の種類が違うということで大変だとは思いますけど、これも慣れだと思います。

 

テレビ朝日に就職したい人はやはり難しいです。倍率も高いですし。テレビ朝日の採用試験の難易度は言葉で説明するのは難しいですが、テレビ朝日の就職の倍率は500倍以上となっているので、それが1番分かりやすいかもしれません。テレビ朝日に就職したい人は相当いるわけで、やはりテレビ朝日に就職の倍率は相当高いわけです。採用試験もかなり長いというか、回数が多いでしょうし、内定が出るまでは大変だと思いますけど、そういう大変な企業に内定をもらったときの嬉しさというのは相当だと思うので、そういった瞬間のためにテレビ朝日に就職の難易度は高いですが、頑張ってほしいと思います。テレビ朝日に就職したい人はすでに載せたような口コミを自分でも調べてみてほしいです。そのうえでテレビ朝日に就職した人の評判を知って、それをモチベーションに就活を頑張ってほしいですし、こういったテレビ朝日に就職した人の評判の情報はそのまま企業研究につながる場合もあるので、テレビ朝日に就職したいと思っている人はこういったことを丁寧に少しずつ自分でもやってほしいと思います。

 

内定勝者 私たちはこう言った!  こう書いた!  合格実例集&セオリー2019 エントリーシート編

内定勝者 私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2019 エントリーシート編

 

 

あわせて読みたい記事